入社するときの入り口が違うだけ、
職場で違いはありません。

Y.Y.さん 30代 発達障がい 精神(3級)

転職活動期間
2ヶ月
転職回数
2回
前職
事務職
現職
事務職(教材開発等)

ようやく自分の人生が始まった

今の職場では、自分の得意な仕事ができ、周りの方からの刺激も多く、本当に居心地が良いです。30代半ばを超えて、ようやく自分の人生が始まったと実感しています。
私は、典型的な発達障がいの特性を持つと思うのですが、13歳頃から診断を受けた33歳頃まで、自分の人生に対して、「何かが違う」と違和感がありました。ですので、発達障がいと診断されたとき、「やはり」という納得感がありました。そして、障がいをオープンにして採用された職場で、自分らしい働き方ができているという実感があります。

1回目は「グレー」、10年後に診断された発達障がい

実は、私は人生で2回、診断を受けています。1回目は大学卒業後、IT企業に入社した年の冬です。
発達障がいに関する新聞記事を読んだ母が、私の様子と重なると感じ、受診を勧めてくれました。
診断の結果は「グレー」でした。担当の臨床心理士からは「気にすることはない」とのことで、私もその言葉通り受け止めました。しかし、仕事の年数が経ち、30歳になる頃には、2人の後輩に昇進を抜かされていました。その時、その仕事における自分の限界を感じ、転職に踏み切りました。

最初の会社の実務経験や、初めての転職活動を通じて、自分は学生の頃から、人に関すること、特に教育に関心が深いことが分かってきました。そこで、IT業界ではなく、社会人教育を行う研修会社に転職しました。その会社で2年半程働いた頃、社長から、「君はアスペルガー症候群ではないか?」と指摘されました。社長はコーチングやカウンセリングの専門家で、発達障がいの基礎知識があったので、2年半程一緒に過ごした私の様子から、そう思ったようです。
その時すでに1回目の診断から10年が経過していましたが、もう一度検査を受けることにしました。その頃には発達障がいに対する世の中の理解も進んでおり、2回目の診断結果を元に、33歳で障害者手帳を取得しました。また、社長が高齢を理由に、近いうちに会社を清算するとのことだったので、私も1年半かけて自己分析やキャリアの棚卸しを行い、来るべき2回目の転職活動に備えました。

dodaチャレンジのきめ細やかな支援体制

自己分析の結果、やはり私は社会人教育の仕事が好きであること、そして幼い頃から作文等、読み書きに関連したことが得意で、結果を出せた仕事も物を書く仕事が多かったことから、教材を開発する仕事を希望しました。方向性を定め、障がい者専門のエージェントに4社登録し、転職活動を始めました。そのうちの1社がdodaチャレンジです。

求人票の質の高さ、支援のきめ細やかさなど、群を抜いてdodaチャレンジは良かったです。担当のアドバイザーの方は大変親身になって下さり、面接対策でも大変力になってくれました。
私が第一志望にした会社(現職)は、障がい者採用枠も一般採用枠も隔てなく、面接ではとにかく人物面の深堀りをするとアドバイザーの方から聞いていたので、念入りに準備をしました。

じっくり時間をかけて行った自己分析が功を奏し、5回の面接を経て、入社を許されました。現在、希望通り、研修の教材開発や、コンテンツ作成に関連した仕事をしています。

メッセージ

私のように、社会人になってから、仕事の経験を通じて自分を知り、加えて発達障がいの知識を学ぶことで、自己省察がつながり、自分の特性や人生に腑落ちする、という方も多いのではないでしょうか。
ただ、診断や就職にあたって、「障がい」という言葉のハードルが高いと感じる方もいらっしゃると思います。
しかし、私が障がい者採用枠で入社してもうすぐ1年になりますが、職場において、障がいのある社員と一般の社員とで違いを感じたことはありません。
入社するときの入り口が違うだけで、仕事においては、職場の一員として何ら変わりはありません。障がいをオープンにして転職して思うことは、「これでようやく自分の人生を始めることができた」ということです。