> 転職:DODAトップへ

DODA(デューダ)グローバル

海外勤務・外資系企業の転職・求人情報

株式会社インテリジェンス
  • マイページ
  • グローバル転職ホーム
  • グローバル求人
  • 転職支援サービス
  • 転職成功ガイド
DODAグローバルトップ > 転職情報・成功ガイド > TOEICテストスコア別平均年収

グローバル転職成功ガイド

[データ・調査]

スコアが高いほど、年収は高い?!TOEIC®テスト スコア別平均年収TOEICスコアを持つ人の平均年収と未受験者の平均年収、実に100万円近くの差が!

掲載日:2013.12.09

DODAでは12月に「平均年収/生涯賃金データ2013」を発表し、「職種別」「業種別」「都道府県別」「年齢別」に平均年収を紹介しています。DODAグローバルでは、「TOEICスコア別」に平均年収を見てみたいと思います。

TOEIC®テストは、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテスト。日本でも広く浸透しており、求人募集の際の採用条件として必要なスコアの目安が提示されたり、企業内において昇進の条件として一定のスコアが求められることもあります。

2013年12月にDODAは「平均年収/生涯賃金データ2013」を発表しました。調査対象は2012年10月~2013年9月末までの間にDODA転職支援サービスに登録した、ホワイトカラー系職種で正社員として働く方で、約10万人のデータです。「平均年収/生涯賃金データ2013」では「職種別」「業種別」「都道府県別」「年齢別」に平均年収を紹介していますが、DODAグローバルでは、それと同じ調査データをもとに、TOEICのスコア別の平均年収を見てみます。

700点以上ではスコアの高さと年収の高さの相関が如実に

TOEIC®テストスコア別平均年収

(前提として、調査対象は「DODA転職支援サービスに登録された方」のデータであるため、400点未満のスコアは意図的に記入されていない可能性があります。そのため「スコアなし」は「未受験、もしくは受験したことはあるが未記入」の方ということになります)

400点~600点台では平均年収にほとんど差が見られないのに対して、700点台より上のスコア層になると、TOEICのスコアと年収の相関が明らかになっています。

スコア別の平均年齢を見てみると、400点台が34.0歳とほかよりやや高くなっていますが、全体的には33歳前後で一定していますので、「年齢が高いほどTOEICのスコアが高くそれが平均年収に反映している」というわけではなさそうです。

未受験者とTOEICスコアを持つ人の差は歴然

もう一つ注目すべき点は、全体の平均年収446万円と比較して、TOEICスコアなし(未受験)の人は平均より年収が低く、スコアを持っている人の平均年収は平均を大きく上回っているということでしょう。スコアを持っている人全体の平均年収522万円と未受験者の平均年収では100万円近くの差がついています。

このデータはあくまでも“結果論”であり、TOEICを受験し、高いスコアを取れば年収も上がるということではありません。しかしながら、TOEICスコアと年収の相関を見ると、自己研鑽の一環として英語を学び、TOEICのスコアとして残そうと考える人が、より高い年収を得ているということが言えそうです。TOEICをまだ受けたことがない方は、まず一度受験して英語力をスコアという形にしてみることをお勧めします。そしてTOEICのスコアを既にお持ちの方はさらに研鑽を重ね、その英語力を武器に転職を考えてみてはいかがでしょうか。

「海外勤務したい」「外資系で働きたい」「語学力を活かしたい」などの志向別に、グローバル転職の実現方法を解説!
志向別 グローバル転職成功ガイド
DODA転職支援サービス 専任のキャリアコンサルタントが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。はじめて退職する方のために3分でわかる転職支援サービスのメリットを紹介 無料転職支援サービスに登録する 3分でわかる転職支援サービスのメリット

ご登録後、すぐにご紹介できる求人がない場合は、インテリジェンス DODAカスタマーセンターよりその旨をご連絡の上、 求人発生時まで求人紹介・カウンセリングをお待ちいただいております。あらかじめご了承ください。