エグゼクティブ層のキャリア意識や転職動向をデータから分析する エグゼクティブDATA BOX

Vol.2 英語スキル向上がもたらすもの

図1: 年収層別「英語でできる」と回答した割合

年収層別の英語力を調べると…

グローバル化が進む現代のビジネスシーンでは、英語力は個人の能力を測るモノサシのひとつとなっており、企業の人材採用においても重要な評価項目となっている。そこでDODAエグゼクティブ編集部では、若手から中堅のビジネスパーソンが実際のビジネスにおいて発揮している英語力がどのようなレベルのものか、また英語と年収に関連はあるのかについて調査を行った。

具体的には、22歳から34歳のビジネスパーソンに対し、ビジネスシーンにおいて英語での「メールのやり取り」「会話(意思疎通)」「プレゼン・ディスカッション」ができるかどうかアンケートを行い、その回答を年収層別に比較した。(図1)

その結果、「メールのやり取り」「会話(意思疎通)」「プレゼン・ディスカッション」どのスキルにおいても、年収が高い層になるほど「できる」という回答が増えていく傾向があった。またどのスキルにおいても、年収600~700万円未満層と年収700万円以上層の間の差がもっとも開いていた。

グローバルで通用する=自分の価値をより高める

調査結果からは、年収が高い層ほど英語スキルが高くなるという傾向と、エグゼクティブ層と考えられる年収700万円以上の層で、それ以下の層よりいちだんと英語スキルが高まるという傾向が見いだせた。

この結果は、単に「英語力が高くなると年収が高くなる」ということではなく、ビジネスパーソンとしてのステージが上がるにつれ英語を使う仕事に携わる機会が増えた結果であるとも捉えられる。特にエグゼクティブ層ともなると、英語でのプレゼン・ディスカッションを任せられることも増えるだろう。そのようなグローバルな現場経験の差が、この結果につながっているのではないだろうか。

逆に言えば、そのような成長の場を自ら求め切り開くことがビジネスパーソンとしての価値を高めることにつながるということである。

経験は自らを育てより高みへと導いてくれる。この調査結果はそれを示唆しているのではないだろうか。

専任のキャリアアドバイザーが、エグゼクティブの皆さまに新たなステージをご提案します。
ご登録いただいた方に、スカウト関連など、最新の情報をご連絡します。

エージェントサービスに申し込む(無料)

コンテンツ一覧

エグゼクティブ成功ガイド

エグゼクティブの転職事例

一覧

  • 進化を続けるエグゼクティブの転職事例

1,000万円転職事例

一覧

  • 1,100万円への転職成功事例
  • 1,200万円への転職成功事例
  • 1,000万円+成功報酬への転職成功事例

エグゼクティブ転職マニュアル

一覧

  • エグゼクティブのさまざまな志向に応えるDODAのエージェントサービス
  • 年収2000万円でも転職できるエグゼクティブ 300万円でも転職できないエグゼクティブ
  • 転職に必要な3つの側面での「フィット」
  • ヘッドハンターとの出会い方・付き合い方
  • エグゼクティブ流"志"転職 4つのポイント

テーマ特集

一覧

  • 2013年、注目を集めたキャリア・ビジネス系バズブログ12選
  • 「社長への転職」という生き方
  • エグゼクティブが語る 私を育てたマネジメント術
  • エグゼクティブ必見! 今、見ておくべきキャリア論
  • 検証コラム エグゼクティブDATABOX
  • エグゼクティブ診断