スマートフォン版で表示

みんなが退職を考えたきっかけは?転職理由ランキング2018<総合> みんなが退職を考えたきっかけは?転職理由ランキング2018<総合>

公開日:2018/5/24

ビジネスパーソンが会社を辞めて転職しようと考える理由は、景気動向や社会情勢によって変化するのでしょうか?2017年度(2017年4月~2018年3月)の1年間に転職活動を行った約8万人のデータを元に、退職するきっかけになった“転職理由”を、8の業種、10の職種、男女、年代ごとの傾向から分析します。

【お知らせ】今回の「転職理由ランキング2018」から、有効回答の定義を変更し、転職理由に「その他」を選んだ人を除いた回答を集計対象にしました。また半年ごとの集計を年度ごと(4~3月の1年間)に変更しました。「転職理由ランキング2018」の表およびグラフの数字は2008年にさかのぼり年度単位で算出したものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ザックリまとめると

  • 転職理由1位は、前年度に引き続き「ほかにやりたい仕事がある」
  • 前年度から最も割合が増えた転職理由は、「給与に不満がある」
  • 給与に次いで増加が目立ったのは会社の評価方法への不満となった

給与などの待遇や、働く時間・休暇に関する不満を転職理由に挙げる傾向強まる

転職理由ランキング(総合)【1位~10位】

順位 前年度 転職理由 割合 前年度比
1位1位ほかにやりたい仕事がある14.9%-0.7pt
2位2位会社の将来性が不安10.7%-0.8pt
3位3位給与に不満がある10.5%1.0pt
4位4位残業が多い/休日が少ない8.2%0.3pt
5位5位専門知識・技術を習得したい5.1%-0.5pt
6位7位幅広い経験・知識を積みたい3.8%0.0pt
7位6位U・Iターンしたい3.8%-0.3pt
8位10位土日祝日に休みたい3.3%0.3pt
9位8位市場価値を上げたい3.3%0.0pt
10位12位会社の評価方法に不満がある3.2%0.4pt
【グラフ】転職理由の経年変化(年別)

2017年度の1年間に転職活動を行った約8万人の転職理由トップ3は、1位「ほかにやりたい仕事がある」(14.9%)、2位「会社の将来性が不安」(10.7%)、3位「給与に不満がある」(10.5%)となり、1~5位までは前年度の2016年度と同じ結果でした。

前年度から最も割合が増えた転職理由は、3位「給与に不満がある」で、前年度比1.0pt増でした。2017年度は、日経平均株価の上昇が続くなど景気回復が鮮明になったものの、それが自身の給与へ反映されないことが不満という人や、同僚や友人が転職で年収が上がったという話を聞いて転職をすれば給与が上がるのではないかと考えた人が増え、この転職理由を挙げる人が顕著となりました。10位「会社の評価方法に不満がある」も前年度比0.4pt増となっており、待遇に関する転職理由を挙げる人が増えました。

次いで増加が目立ったのは、4位「残業が多い/休日が少ない」(前年度比0.3pt増)、8位「土日祝日に休みたい」(前年度比0.3pt増)などの働く時間や休暇に関する転職理由でした。「働き方改革」に注目が集まり残業時間や休日出勤の抑制傾向が強まるなか、自社ではそういった動きがない場合は、転職によって希望する就業環境に移ろうとする人が見られます。また、求人数が多い今のうちに土日祝日が休みの仕事への転職を希望する人も増えました。

転職市場に求人数が非常に多い状態が続いており、数多くの求人の中から希望の条件を選べるようになっているため、転職希望者は待遇や働く時間、休日など条件を優先して転職先を選ぶ傾向が強まっています。

面接での転職理由の伝え方も、アドバイスします
エージェントサービスに申し込む(無料)

転職理由ランキング(総合)【11位~40位】

順位 前年度 転職理由
11位9位雇用形態を変えたい
12位11位業界の先行きが不安
13位13位不規則な勤務が不満
14位18位人間関係がうまくいかない
15位16位転勤したくない
16位14位昇進が望めない
17位17位家庭環境の変化によるため
18位15位倒産/リストラ/契約期間の満了
19位19位ノルマが厳しい
20位20位顧客のためになる仕事がしたい
21位21位経営が閉鎖的
22位22位風通しが悪い(意見が言いにくい)
23位23位女性が働きにくい環境であることが不満
24位24位尊敬できる人がいない
25位26位肉体的につらい
26位27位社員を育てる環境がない
27位29位けがや病気
28位25位人と接する仕事がしたい
29位28位裁量権のある仕事に就きたい
30位30位ルーチンワークでつまらない
31位31位個人の成果を評価してほしい
32位32位和気あいあいとした雰囲気の会社で働きたい
33位34位年功序列なのが不満
34位35位離職率が高い
35位33位企業がコンプライアンス違反をしている
36位36位勤務スタイル(派遣常駐型)が不満
37位37位チームで仕事がしたい
38位38位成果主義の企業で働きたい
39位38位マネジメントスキルを身につけたい
40位40位スピード感についていけない

編集後記

今回は業種/職種/男女別/年代別とさまざまな切り口で転職理由を調査しましたが、属性ごとに特徴ある結果となりました。また「働き方改革」「売り手市場」の影響を受けて、転職希望者が待遇・休み・時間を優先して転職先を選ぶ傾向が強まっていると感じました。今回の調査結果を一つのきっかけに、ぜひ自分のこれからの働き方について考えてみてください。

面接での転職理由の伝え方も、アドバイスします
エージェントサービスに申し込む(無料)

調査概要

【データ出典】本コンテンツのデータはdodaサービスにご登録いただいている方のデータを元に集計

【データ抽出期間】2017年4月~2018年3月

【有効回答数】78,169件

※前年度比について:+0.5%以上・・・赤字、-0.5%以下・・・青字

※調査結果の「割合」は、小数点第二位を四捨五入して記載しています。そのため順位は異なっているものの割合が同じ箇所があります。

■過去の転職理由ランキング

注:「転職理由ランキング2018」から、有効回答の定義を変更し、転職理由に「その他」を選んだ人を除いた回答を集計対象としました。また半年ごとの集計を年度ごと(4~3月の1年間)に変更しました。「転職理由ランキング2018」の表およびグラフの数字は2008年にさかのぼり年度単位で算出したものです。そのため、「転職理由ランキング2018」の2017年以前の数値と2017年3月以前に発表した転職理由ランキングの数値は一致しておりません。あらかじめご了承ください。

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職タイプ診断