スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

みんなは何歳で転職している? 転職成功者の年齢調査(2019年上半期)

  • #年齢・年代
  • #調査・データ

公開日:2019/8/19

2007年7月~2019年6月の期間に、dodaエージェントサービスを利用して転職したビジネスパーソン20万人の“転職年齢”を、職種や男女別に調査しました。転職成功者の年齢は、どのように変化しているのでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなは何歳で転職している?転職成功者の年齢調査(2019年上半期) みんなは何歳で転職している?転職成功者の年齢調査(2019年上半期)

ザックリまとめると

  • 直近6カ月間で転職した人の平均年齢は31.7歳
  • 専門職系の転職年齢は34.4歳まで上がり、10職種中、2番目に高い
  • 営業系は20代以下での転職が6割を超える
 

2019年上半期(1月~6月)に転職した人の平均年齢は31.7歳

2019年上半期の6カ月間に転職した人たちの平均年齢は31.7歳で、前回(2018年下半期)から変わりませんでした。男女別で見ると、男性の平均年齢は32.6歳で前回から0.2歳アップしましたが、女性は前回と同じ29.8歳に。2007年には27.6歳だった女性の転職年齢は徐々に上がり続け、ここ3年ほど高止まりの傾向にあります。

 

20代以下の転職者の比率が前回より1.0pt増加

年齢の内訳を見ると、最も割合が高いのは「25~29歳」の39.6%で、次いで「30~34歳」の23.1%、「40歳以上」の14.4%が続きます。前回と比べると、「30~34歳」「35~39歳」の割合が下がっています。一方で割合が上がっている「24歳以下」「25~29歳」「40歳以上」は、転職者の数で比較しても増加していることが分かりました。

専門職系の転職年齢は34.4歳まで上がり、10職種中、2番目に高い

10の職種別で見てみると、「企画・管理系」(35.0歳)が前回に引き続き、最も転職年齢が高い結果に。また、2007年以降では「専門職系」(34.4歳)が「技術系(建築/土木)」(33.4歳)を初めて抜き、2番目に高い結果になりました。一方で、「技術系(建築/土木)」の転職年齢は2015年下半期の37.0歳をピークに下降傾向にあり、前回と比べても0.9歳下がる結果となっています。そのほかの職種については、大きな変化はありませんでした。

営業職の転職は圧倒的に20代以下が多い

職種別の年齢の内訳を見てみましょう。20代以下が半数を超えているのが「営業系」「販売/サービス系」の2つ。特に「営業系」については前回が59.6%で、今回は61.5%と、20代以下が多い傾向が続いています。また前回20代以下と30代で12.8ptの差があった「企画・管理系」は、今回も30代の割合のほうが高いものの、その差は1.7ptまで縮まっており、30代に次いで、20代以下の転職割合も大きく伸びました。

編集後記

転職を考えたときに、「今の年齢で転職できるかな」「まだ若すぎるかな」「もう難しいかな」など、自分の年齢を意識することもあるでしょう。今回ご紹介した転職成功者の平均年齢は、実際に転職をした人たちのデータですので、ぜひ一つの参考にしてみてください。そうはいっても、企業は年齢だけを見て採用を決めているわけではありません。年齢に見合った経験やスキル、仕事への向き合い方などを企業は総合的に判断していますので、年齢という数字だけに一喜一憂するのではなく、ご自身が積み重ねてきた実績や強みをしっかりと振り返り、ぜひ前向きに転職活動に臨んでいただければと思います。

調査概要

2007年7月~2019年6月の間に、dodaエージェントサービスを利用して転職したビジネスパーソン約20万人のデータをもとに算出

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

職種や業種など、こだわり条件で求人を探そう!
求人を検索する
経験やスキルを活かして希望の仕事を見つけよう!
社会人経験10年以上歓迎の求人
「あなたは何歳で転職する?」転職活動のスタートはここから
会員登録する(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職フェア名古屋