スマートフォン版で表示

みんなが退職を考えたきっかけは?転職理由ランキング2018<年代別> みんなが退職を考えたきっかけは?転職理由ランキング2018<年代別>

公開日:2018/8/20

転職を考えたときに、今の自分の年齢がベストかは気になるところですが、実際に、『転職』と『年齢』には関係があるのでしょうか? 2007年7月~2018年6月の期間に転職をした16万人のデータや、ビジネスパーソン3,000人への意識調査から実態を探ってみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ザックリまとめると

  • 直近6カ月間に転職した人の平均年齢は31.6歳
  • 平均年齢が特に下がった職種は「技術系(建築/土木)」「専門職系」
  • 「転職に年齢は問わないと思う」人の割合は58.6%、過半数を占める

2018年上半期(1月~6月)に転職した人の平均年齢は31.6歳

2018年上半期の6カ月間に転職した人たちの平均年齢は31.6歳で、前回(2017年下半期)の32.1歳から0.5歳下がりました。男女別で見ると、男性の平均年齢は32.4歳で前回から0.3歳下がっていますが、女性は前回と変わらず29.7歳という結果になりました。

若手の転職者が増え、20代の割合は2.3ptアップ

年齢の内訳を見ると、最も割合が高いのは「25~29歳」の39.6%で、次いで「30~34歳」の23.3%、「40歳以上」の14.0%が続きます。前回と比べると、「24歳以下」と「25~29歳」がそれぞれ0.8pt、1.5ptずつ割合を上げました。

10職種別の平均年齢はすべて下降

10職種別の平均年齢はすべて下降していますが、「技術系(建築/土木)」と「専門職系」の2職種が前回比で−1.0歳と特に大きく下がりました。建築・土木業界では、既存物件の修繕・改修や社会インフラの老朽化対策に向けた求人ニーズが引き続き高く、経験者だけでなく、若手や未経験者採用も活発です。また、あらゆる業界でITやテクノロジー活用が進む中、採用ポジションが増加したビジネスコンサルタントや金融系バックオフィスを中心とした専門職でも若手の採用が増えています。

「転職に年齢は問わない」と考える人が過半数を占める

最後に、『転職』と『年齢』についての世の中の意識を見てみましょう。2018年6月にdodaが20~59歳のビジネスパーソン3,000人を対象に行ったインターネット調査では、「転職に年齢は問わないと思う」と回答した人の割合は58.6%で、過半数を占める結果になりました。

職種別に比較してみると、その傾向は「専門職系」や「技術系」といった職種でより強く表れています。これらは専門的な知識や資格、経験が求められることも多い仕事ですが、それだけに、培ってきた実績を活かせば年齢に左右されない転職ができる、と考えている人の割合が高いのかもしれません。

編集後記

さまざまなデータから『転職』と『年齢』の関係を探ってみましたが、みなさんのイメージとのギャップや気づきはありましたか? 転職を考えるうえで大切なのは、年齢そのものではなく、仕事の成果やスキル、知識といった、あなたがこれまで身につけてきたことと、経験年数とのバランスです。仕事や働き方の多様化が進み、企業や業界、職種によっても年齢をとりまく考え方や実態は異なりますが、今回の調査結果を一つの参考に、ぜひ自分に合った仕事探しを始めてみてください。

調査概要

【転職成功者の平均年齢】
2007年7月~2018年6月の間に、dodaエージェントサービスを利用して転職したビジネスパーソン約16万人のデータをもとに算出

【転職と年齢に関する意識】
ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査/有効回答数3,000人(20~59歳、正社員)
※記事中の割合データは、四捨五入の関係で合計値が100%にならない場合があります。

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

職種や業種など、こだわり条件で求人を探そう!
求人を検索する
経験やスキルを活かして希望の仕事を見つけよう!
社会人経験10年以上歓迎の求人
「あなたは何歳で転職する?」転職活動のスタートはここから
会員登録する(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職フェア札幌11/30開催