スマートフォン版で表示

転職活動の進め方 完全ガイド

~スケジュール・キャリアの棚卸し~

転職活動を成功させるためには、転職活動全体の進め方や流れ、スケジュールを把握して、しっかりと準備することが大切です。このページでは転職活動を「事前準備」「情報収集」「書類作成・応募」「面接」「内定・退職・引き継ぎ」の5ステップに分けて、それぞれのポイントをナビゲート。さらには、自分の強みの見つけ方についても紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

1.転職活動の一般的なスケジュール

転職活動は、大きく「事前準備」「情報収集」「書類作成・応募」「面接」「内定・退職・引き継ぎ」という5つのステップに分けられます。転職活動にかかる期間は人によって異なりますが、平均で2~3カ月と考えるといいでしょう。転職活動を成功させるためには、この限られた時間を有効に利用する必要があります。まずは、転職活動全体の流れを把握し、このあとに待ち受ける書類作成や面接のために、何を準備すべきなのかをしっかりと理解しておきましょう。

平均2~3カ月
STEP1
事前準備
(1週間)
STEP2
情報収集
(1週間)
STEP3
書類作成・応募
(2週間)
STEP4
面接
(1カ月)
STEP5
内定・退職・引き継ぎ
(1カ月)

STEP1 事前準備(1週間)

転職活動の最初のステップは「事前準備」。転職する目的の整理、転職時に企業にアピールできるスキルや経験の棚卸し、そして転職活動全体のスケジュールを決める期間です。このタイミングでしっかりと転職目的を整理し、スキルや経験の棚卸しをしておくことで、応募企業の選定に明確な軸ができ、書類作成も非常にスムーズになります。

スケジュールを立てるのが重要なのは、転職活動はスピード勝負という側面があるからです。魅力的な求人にはすぐに応募が集まり、短期間で終了してしまう可能性があります。「なんとなく」という気持ちでいると、最初の一歩が遅くなってチャンスを逃してしまう可能性があるのです。しっかりと計画を立てて臨むことが、転職活動を成功させる秘訣です。

  • 転職目的の整理やスキル・経験の棚卸しをするときのポイントとは?
    転職する目的の整理やスキル・経験の棚卸しの具体的な方法とポイントをレクチャーします。自己流の方法で行うと、無駄に時間がかかってしまうばかりか、転職活動の失敗につながることもあります。転職目的の整理、スキル・経験の棚卸しの正しい方法をチェックしてください。

STEP2 情報収集(1週間)

次のステップは「情報収集」です。情報収集は転職活動において2つの大きな意味を持っています。ひとつめは自分のキャリアの可能性を広げるため。業界・業種、職種をむやみに絞ってしまうと、自分にぴったりの求人を見逃してしまう可能性があります。転職活動はスキルや経験を活かして、まだ見ぬ可能性を発見するチャンスと捉え、気になる求人情報があれば積極的にチェックしてみましょう。

もうひとつは自分の市場価値、要するに適正な年収を見極めるため。高望みをしすぎるといつまでたっても内定を勝ち取れないということになりかねませんし、あまりにハードルを下げすぎると転職後の後悔につながります。できるだけ多くの求人情報と自分のキャリアを照らし合わせて、自分が求人市場でどの程度の評価を得られるのかを把握することが大切です。自分ひとりでは市場価値の判断ができないという人は転職エージェントを利用するのがおすすめです。

  • 情報収集するときのポイントとは?
    本格的な転職活動のスタートともいえるのが情報収集。自分にぴったりの会社を見つけるための、求人情報の集め方、見方のコツを詳しく解説します。求人そのものだけでなく、業界の動向なども幅広くチェックするのがポイントです。

STEP3 書類作成・応募(2週間)

いよいよ履歴書や職務経歴書などの書類を作成して、応募をします。書類を作成するときに重要なのは、形式を整え、限られたスペースにアピールポイントを整理して記入すること。採用担当者はすべての応募書類を熟読できるわけではありません。短時間で自分を雇うことのメリットが伝わるように工夫する必要があります。

応募はスピードと数が勝負です。中途採用は、企業がその時に必要な人員を補充するためのもの。必要な人数が集まれば、自分の能力と関係なく採用活動は終了してしまいます。「どうしようかな」と迷っている時間の分、ライバルたちはどんどん内定を勝ち取っていくのです。たとえ落ちたとしても損をするわけではありません。少しでも気になる企業があったらすぐに応募してください。応募すること自体が新たな出会いに発展し、自分の可能性を広げるきっかけにもなります。

  • 書類作成・応募をするときのポイントとは?
    履歴書、職務経歴書を作成する際に押さえておくべきポイントと、実際に応募するときのコツを紹介します。採用担当者に自分のウリを効率的に伝えるために必要な心構えをチェックしていきましょう。

STEP4 面接(1カ月)

書類選考を通過したら、次のステップは転職活動のメインともいえる「面接」です。面接突破のカギは徹底した事前準備。面接にはほぼ例外なく行われるやり取りが存在します。それは「自己紹介・自己PR」「転職理由についての質問」「志望動機についての質問」「活かせる経験・実績・スキルについての質問」「逆質問(面接官への質問)」です。応募する企業に合わせて適切なコミュニケーションができるよう準備をしておきましょう。

また、面接自体の練習をすることも大切です。多くの人は自分のことを整理して伝えることに慣れていません。友人や知人に模擬面接官になってもらって練習をしてみてもいいですし、スマホで自分を撮影しながら練習をするのも有効です。声のトーン、話すスピード、表情をしっかりとチェックしてください。

  • 面接を受けるときのポイントとは?
    面接の基本的な流れや注意点についてナビゲートします。面接では短時間で自分のアピールポイントを採用担当者に伝えなければなりません。効率的なコミュニケーションのコツを押さえておきましょう。

STEP5 内定・退職・引き継ぎ(1カ月)

内定の獲得が転職活動の終わりではありません。まだ、入社意思の伝達と、現職での退職手続き・引き継ぎが残っています。入社意思の伝達は、通常、1週間程度が締め切りになります。複数の企業で選考が進んでいる場合は、志望度を整理し、上手に調整する必要があるでしょう。

また、退職手続きと引き継ぎがうまくいかないと、現在の職場での人間関係にトラブルを抱えてしまったり、有休の消化ができなかったり、最悪の場合、新しい職場への入社日を遅らせなければならなくなってしまうケースもあります。マナーを守り、最終出社日までしっかりと業務を遂行することが大切です。

  • 内定・退職・引き継ぎのポイントとは?
    転職活動の最後の難関ともいえるのが、内定・退職・引き継ぎに関する手続きや作業です。これをおろそかにするとスムーズに新天地で働き始めることができません。内定獲得から退職、入社までの過ごし方のコツを紹介します。

転職活動の進め方で迷ったときにはこちらをチェック

2.自分の強みの見つけ方(キャリアの棚卸し)

事前準備の段階で、キャリアや転職に対する考えをまとめ、自分なりの「軸」をしっかりと持っておくことが転職を成功させるための大きなポイントです。企業選びや書類作成、面接といった各ステップをスムーズに乗り切るためにも、「自分が何をしたいか」「どんな課題を解決したくて転職するのか」といった転職する目的の確認や、「これまでの経験からどんな仕事が向いているか」といったキャリアの棚卸しは少し時間をかけてでもしっかりしておきましょう。

あわせて読みたい!悩み別の「強み」の見つけ方

3.転職活動の進め方についてのQ&A

転職活動を始める前や転職活動の最中に抱えてしまいがちな疑問や悩みに、Q&A形式で回答しています。「こんなときどうしたらいいの?」と思ったら、すぐにチェックしてみてください。

  • 転職Q&A(転職検討・活動の準備)
    転職活動の進め方にまつわる疑問や、そもそも転職できるかどうかの不安など、転職活動にまつわる「これってどうなの?」に転職のプロがお答えします。

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

転職活動のスタートはまずはここから
会員登録する(無料)
これからの転職活動に向けてあなたが本来持つ強みを見つけよう
キャリアタイプ診断を受けてみる
転職活動の進め方やキャリアの棚卸しを転職のプロに相談してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなは何歳で転職している?~転職成功者の年齢調査(2019年上半期)~