転職・求人DODA(デューダ)トップ > 転職情報・成功ガイド > 履歴書 > プロカメラマンが教える!履歴書写真の撮り方

【履歴書ノウハウシリーズ】プロカメラマンが教える!履歴書写真の撮り方

履歴書は書く内容がある程度決まっている書類だけに、記入ミスがあると人事担当者の印象がマイナスになってしまいます。履歴書そのものの記入だけでなく、書く前、書いた後のポイントも確認しておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

履歴書写真の基礎知識

履歴書の写真は、3カ月以内に撮影したものを使用します。サイズは縦36〜40mm、横24〜30mm。スナップや携帯電話のカメラなどの写真はNGです。企業の採用担当者に、アピールするための大切なツールなので、可能であればスピード写真ではなく、写真館のスタジオ撮影をオススメします。

意外と気がつかないNG例

無表情&アゴを引きすぎ

よくあるパターンですが、真顔でアゴを引き過ぎると、どうしても暗い印象を相手に与えてしまいます。

ジャケット未着用

ビジネスに適した服装で撮影します。ジャケットの着用は基本。シャツも色味を抑えたものが無難です。

髪型の乱れ

写真は実物より髪のハネが目立ち、膨張して見えます。長い髪は縛る、または耳を出すと清潔感が出ます。

無表情&アゴを引きすぎ

アゴを引き過ぎるとにらんでいるように見えます。表情は歯を見せない程度に自然に笑うと、明るく見えます。

服装の乱れ

シャツの第一ボタンとネクタイはしっかり締めます。姿勢は猫背にならず、背筋を伸ばすことがポイントです。

TPOをわきまえていない

派手なネクタイなどは、協調性がないと判断される可能性も。ネクタイは無難な色を選び、髪はセットします。

「履歴書の準備はこれでいいの?」 履歴書の疑問もキャリアアドバイザーに相談できます

ここがチェックポイント

髪型

できる限り額を出して清潔感を出します。女性で髪が長い人の場合は、背中側にまっすぐ垂らすか、後ろで一つに縛るなど、シャツの襟に髪の毛が掛からないようにします。男性の場合は寝グセを直してセットすることも忘れずに。

服装

ジャケット(スーツ)、インナー(ワイシャツ)のヨレ・ズレがないように。シャツはボタンダウン不可。全体的に奇抜な色は避け、清潔感が出る寒色系や、明るい印象を与えるパステルカラーのシンプルなものを着用します。
※ボタンダウンとは:襟の先端にボタンがついているシャツ

メイク

健康的で清潔な印象を与えることがポイントです。目の下のクマなどが隠せるようファンデーションはいつもより厚めに。口紅は自然で落ち着いた色を用います。アイシャドウは薄くて明るめの色を選び、アイラインは細く、はっきりと入れます。

ポイントを踏まえたOK例

服装や表情、姿勢などの工夫ひとつで、健康的で清潔感のある印象を相手に与えることができます。あなたらしさを表現できる1枚で、転職活動に臨んでください。

「履歴書の準備はこれでいいの?」 履歴書の疑問もキャリアアドバイザーに相談できます

プロカメラマンからのワンポイントアドバイス

  • 撮影前はTゾーンを中心に、テカリはあぶら取り紙で拭き取る
  • 眼鏡を掛けている人は、しっかりと掛け直す
  • 男性の場合は、ジャケットの一番下のボタンを外す(座ったときに形が崩れません)
  • スピード写真で撮影する場合は、正面ガラスの汚れをティッシュで拭き取る
  • スピード写真で撮影する場合は、白い紙(ノートなど)を膝の上に乗せる(光を反射して明るく映ります)

「写真も含めて、履歴書の書き方のアドバイスが欲しい」

履歴書はあなたの代理となる大切な書類だから…DODAキャリアアドバイザーの書類対策を受けてみませんか?

エージェントサービスに申し込む(無料)

このエントリーをはてなブックマークに追加
DODAサービスのご紹介 DODAから応募できる求人、キャリアアドバイザーを通して応募できる「エージェントサービス」とサイトから直接応募できる「DODA求人情報サービス」の違いなど、DODAサービスの特徴をご紹介します。 DODAのサービスラインナップ はじめての方へ DODAサービスの特徴