スマートフォン版で表示

転職活動するなら、業界・職種ごとの求人動向の情報収集から!
転職市場予測2018上半期

コラム・事例・インタビュー

2018年1~6月、転職市場の動向は?求人数は増えるのか、転職希望者にとってチャンスが広がるのかどうか、11の業種・職種で予測・解説します。

11の業界・職種で求人数の動向は?

  • 求人数は
    上昇
  • 求人数は
    緩やかに上昇
  • 求人数は
    ほぼ変わらない
  • 求人数は
    やや減少
  • 求人数は
    減少しそう

転職マーケットは2018年上半期(1~6月)も転職者に有利な状況   DODA編集長  大浦 征也

求人の数、種類が増え、3月までは特に熱い求人ニーズ

転職市場全体としては2018年上半期も求人数が豊富な状況が続き、転職希望者にとっては有利に転職活動を進められそうです。

11の分野では、

■増加:5(電気・機械、メディカル、営業、人事・経理・法務、企画・マーケティング)

■微増:3(建築・土木、販売・サービス、クリエイティブ)

■変わらない:2(IT・通信、化学・素材)

■減少:1(金融)

という予測です。

求人の数が多い分
「未経験歓迎、これから育てます」
「入社後は即戦力として活躍を期待します」
「今までなかった部門なので入社後に軌道に乗せてください」
など求められるレベルのバリエーションも豊富です。

特に、年明け1~3月は1年の中で企業の求人ニーズが最も強まる時期です。転職活動は2~3カ月かかるケースが多いので、4月入社に向けて転職活動のスタートを早めに切るには良いタイミングだと言えます。

仕事はボーダーレス化していて、“未経験”にもチャンスが

おもにIT化やライフスタイルの多様化の影響で、ビジネスの複雑化・ボーダーレス化が進んでいます。あらゆる企業がデジタルデータの蓄積・活用に注力したり、膨大なデータをもとにまったく新しい商材をリリースしたり、今まで縁のなかった会社同士が提携したり、といった変化がもたらされています。こうした企業活動をスピーディに展開するには、今の社内にいないタイプの人材を招き入れる必要があります。電機メーカーがITエンジニアを採用したり、ディレクター的な営業職が求められたりするのはその表れです。

いま世の中で言われている“売り手市場”という言葉は、ややもすると、「いつでも誰でもその気になればすぐに仕事が見つかる」というニュアンスに聞こえることがありますが、新しい領域への進出やビジネスのボーダーレス化が背景にあるので、企業側としてはそこまで採用のハードルを下げているわけではありません。組織の課題をより早く・より確実に解決できそうな人を採用したいからです。

ですが、それは裏を返せば未経験の業種や職種にチャレンジできるようになっているということです。業種や職種の経験がなくても、それに代わる経験や実績を活かして成果をあげられるかを企業は見ていますので、今までやってきた仕事の中で応募先企業が欲しがるスキルや経験は何かを洗い出せば、業種や職種の経験がなくても希望の仕事に就く可能性は高まっています。2018年上半期、私は転職成功のチャンスは広がっていると考えます。

気になる動向を知ったら、11の業種・職種ごとに求人情報を見てみよう
求人特集を見る
転職市場の動向を踏まえて転職のプロが非公開求人をご紹介
エージェントサービスに申し込む(無料)

転職市場予測 11の分野をチェック