スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

転職市場予測2020上半期

2020年1月~6月、転職市場の動向は? 求人数は増えるのか、転職希望者にとってチャンスが広がるのかどうか、14の業界・職種で予測・解説します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

14の業界・職種で求人数の動向は?

2020年の上半期(1月~6月)は、求人数増加ペースが鈍化

doda編集長 大浦 征也

求人数の増減、14の分野で「増加」が5、「変わらない」が7、「減少」は2

業界・職種で14の分野に分けたうち、dodaキャリアアドバイザーによる求人数の増減の予想は次のようになりました。

【増加】5分野建築・土木 、 人事 、 法務 、 販売・サービス 、 事務・アシスタント

【変わらない】7分野IT・通信 、 電気・機械 、 金融 、 メディカル 、 営業 、 企画・マーケティング 、 クリエイティブ

【減少】2分野経理 、 化学・素材

この2~3年、「2020年の夏に向けての事業展開と、それに伴う人材ニーズの拡大」という状況が続いていました。
いよいよその2020年を迎え、2020年夏というゴールに向けて全速力で走ってきたのを、少しペースダウンして様子を見ようと考える企業が多くなりそうです。
求人が目に見えて激減するようなことにはならないと思われますが、少しでも転職を考えるなら、ご自身が重視する条件を整理しつつ情報収集をこまめにしておくとよいでしょう。

企業が景気動向や自社の業績から「次の手」を見据えると、今までどおりの製品やサービスだけでは成長の鈍化を免れない。そこで、新しい業界や海外にビジネスを広げようと考えます。その“広げ方”を知っている人材を求めるニーズは変わらないでしょう。例えば、マーケティング、IT、IPO(株式公開)、M&A、海外展開、法務などです。

「自分で考えて動く」というスタンスの人材は分野を問わずニーズが高い

ただ、これらの業務経験にあてはまらない分野だとしても、企業は人材採用の際に仕事への向き合い方や考え方を重視しています。
それは、自分から課題を見つけて取り組んだり、とくに指示がなくてもプラスアルファを加えて次への提案をしてみたり、といったスタンスです。

このようなスタンスの人に、変化に柔軟に対応し、ひいては新しいビジネスを推し進める原動力になってほしいという期待が企業の人材ニーズの根底にあります。今までの経験の中で「自分で考えて動いて結果を出した(成功・失敗ともに)」ものをリストアップしてみることから転職活動を始めてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

転職市場の動向を踏まえてdodaの専門スタッフが非公開求人をご紹介
エージェントサービスに申し込む(無料)

doda転職フェア(福岡)