スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える DODA

転職活動するなら、業界・職種ごとの求人動向の情報収集から! 転職市場予測 2017上半期転職活動するなら、業界・職種ごとの求人動向の情報収集から! 転職市場予測 2017上半期

転職活動の準備

2017年1月~6月、転職市場の動向は?求人数は増えるのか、転職希望者にとってチャンスが広がるのかどうか、11の業種・職種で予測・解説します。

11の業界・職種で求人数の動向は?

  • 求人数は
    上昇
  • 求人数は
    緩やかに上昇
  • 求人数は
    ほぼ変わらない
  • 求人数は
    やや減少
  • 求人数は
    減少しそう

転職の動向をDODA編集長が解説!   DODA編集長  木下 学

転職市場は活況。ITによる省力化や新ビジネス創出の中で「次のステージ」を探そう

2017年上半期(1月〜6月)の転職市場における求人数の増減の見込みは、11分野のうち[増加]が3分野、[緩やかに増加]が5分野、[横ばい]が3分野。求人全体としては、2016年下半期の高い水準のまま、さらに緩やかに上昇を続けそうです。

これから3月の年度末をめどに転職をしようと考える人が増える時期ですが、企業もまた、年度の採用計画の達成に向けてもう一段ギアを入れ直すタイミングです。企業の人材不足感は引き続き高く、製造業の一部では、次年度の予算を繰り上げて前倒しで採用に注力する企業も出ています。

政府は「働き方改革」を掲げ、「長時間労働の是正」と「同一労働同一賃金」を柱とし、在宅勤務や副業など柔軟な働き方を目指すとしています。この動きによって、企業の勤務体系にもやがて変化が出てくることになるでしょう。しかしそれを待たずして、長く続く人材不足を解消しようと、待遇や就労環境を改善する企業も数多く見られます。

そうした背景から、もしすでに転職しようという気持ちが固まっているのであれば、早めに転職活動を始めてしっかりと情報を集めることで、より自分の希望条件に合った転職先を見つけられる可能性が高く、未経験者にもチャンスが広がっている市場環境だと言えます。

IT化・スマート化によって新たに生まれるニーズに注目

これから日本の人口が減少する局面に入り、生産性の向上や人材不足を解消する意味でも、人工知能やロボットの進化が止まることはないでしょう。人間の仕事・雇用が奪われる――そうした懸念が叫ばれていて、確かにそういった側面はあるものの、より正確に言うなら、「機械でできる仕事は機械に任せて、人は人にしかできない仕事をするようになる」ということです。今、あらゆる分野でテクノロジーによる省力化・生産性改善が図られており、その大きな潮流の中で、これまでになかった新たな仕事や役割へのニーズが生まれてもいます。

例えば、「電気・機械」の分野では、“工場のスマート化”が進むなか、生産プロセス全体を理解した上で工程管理システムの要件定義・設計ができるIT寄りの経験を持つエンジニアのニーズが高まっていますし、「建築・土木」の分野では重機のIT化に伴って、それらを現場へ導入するインストラクターのポジションが生まれています。「企画・マーケティング」の分野では、数値入力・データ集計・加工といった作業はできるだけ機械に任せて自動化し、人は分析から企画により注力することが求められています。

さまざまな企業がこれまで世の中になかった新しい事業を創り出そうとするなかで、業界内外の他社と業務提携したり、アイデアや技術、サービスなどを組み合わせたりして、革新的なビジネスモデルや製品・サービスを生み出そうとするオープンイノベーションの動きも活発になってきました。転職を考えている人は、そうした時代に、自分はどんなポジションでどのような役割を担うようになりたいのか、そこに必要なスキルや経験は何かをイメージしながら、それに近づくための第一歩となる「次のステージ」を探してみてください。

気になる動向を知ったら、11の業種・職種ごとに求人情報を見てみよう
求人特集を見る
転職市場の動向を踏まえて転職のプロが非公開求人をご紹介
エージェントサービスに申し込む(無料)

転職市場予測 11の分野をチェック

DODA転職フェア 【名古屋】国際会議場白鳥ホール 6/30(金)・7/1(土) 【東京】水道橋プリズムホール 7/6(木)・7/7(金)・7/8(土) DODA転職フェア 【名古屋】国際会議場白鳥ホール 6/30(金)・7/1(土) DODA転職フェア【東京】水道橋プリズムホール 7/6(木)・7/7(金)・7/8(土)