スマートフォン版で表示

転職市場予測2019上半期

2019年1月~6月、転職市場の動向は?求人数は増えるのか、転職希望者にとってチャンスが広がるのかどうか、14の業界・職種で予測・解説します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

14の業界・職種で求人数の動向は?

2019年の上半期(1月~6月)は、引き続き求人が豊富です

doda編集長 大浦 征也

1月~3月は1年の中で最も中途採用が活発になる時期。チャンスを逃さないように!

2019年の上半期は、転職の求人数が豊富な状況が続くでしょう。求人数は右肩上がりで増え続けるわけではありませんが、求人ニーズは高いまま衰えずに推移しそうです。

全14分野のうち、「増加」が4、「微増」が5、「変わらない」が4、「やや減少」が1という内訳です。「微増」や「変わらない」の分野の中でも、IT・通信、販売・サービス、建築・土木は既に大量の求人がありますので、いろいろな選択肢から自分に合った仕事を選べます。

1年のうち1~3月は転職活動・採用活動が最も活発になる時期です。転職を考えているなら、チャンスが多いこの時期に情報収集や時間の確保に努めて、転職活動に集中することをおすすめします。

また4月以降も、採用活動が落ち着くとはいえ、求人が豊富な状態は続きます。新入社員の配属後に部署の戦力に応じてアシスタントを補充する求人や、2020年卒の新卒採用がスタートする前に中途採用を完了してしまおうという求人が出るでしょう。

転職市場全体としては求人が多い状況が続くとはいえ、ご自分の希望に合った求人は思いがけない時期に不意に現れるかもしれません。サイトやスカウトメールをこまめにチェックしておいたほうがいいですね。

専門性のある営業やデータ活用の専門職に注目

14の分野で注目すべき職種はそれぞれのページを見ていただきたいのですが、「専門性のある営業職」と「データ活用の専門職」のニーズが複数の分野で目に付きます。

「専門性のある営業職」は、電気・機械の分野で「サービスエンジニア(フィールドエンジニア)」が、メディカルで「メディカルセールス」が、金融で「金融業界経験を活かした異業界での営業職」が、そして化学・素材では「技術営業」が注目すべき職種として挙がっています。エンジニアとしての知識を活かした営業や、金融や医薬の業界経験を強みとして違う業界の営業で活躍するなどキャリアチェンジの選択肢が広がっています。

「データ活用の専門職」に関しては、IT・通信、電気・機械、企画・マーケティングの3つの分野で「データサイエンティスト」が注目されています。また、企画・マーケティングでは「Webマーケティング」も注目職種です。社内に蓄積される大量のデータを宝の山に変えられる人材が求められていると言えます。企業によって求める経験レベルはさまざまですが、未経験可の求人もあるので応募を検討してはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

転職市場の動向を踏まえてdodaの専門スタッフが非公開求人をご紹介
エージェントサービスに申し込む(無料)

doda転職フェア(名古屋)、doda転職フェア(大阪)

名古屋 大阪