スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える。DODA(デューダ)

転職活動するなら、業界・職種ごとの求人動向の情報収集から!
転職市場予測2017下半期

コラム・事例・インタビュー

2017年7月~12月、転職市場の動向は?求人数は増えるのか、転職希望者にとってチャンスが広がるのかどうか、11の業種・職種で予測・解説します。

11の業界・職種で求人数の動向は?

  • 求人数は
    上昇
  • 求人数は
    緩やかに上昇
  • 求人数は
    ほぼ変わらない
  • 求人数は
    やや減少
  • 求人数は
    減少しそう

転職の動向をDODA編集長が解説!   DODA編集長  大浦 征也

転職市場は求人増が続く。働き方改革は分野によって温度差
「課題を見つけて自ら動く」 のマインドが転職成功を引き寄せる

転職市場全体では2017年7月~12月の下半期も求人数が増加傾向にあり、転職希望者に有利な売り手市場が続くでしょう。全11分野のうち求人数が「増加」は7分野、「ほぼ変わらない」が4分野、「減少」する分野はなしと見込んでいます。「ほぼ変わらない」も、既に求人ニーズが飽和状態になっているためこれ以上増えようがないというニュアンスが近いでしょう。

■増加(7分野)
電気・機械  化学・素材  メディカル  人事・経理・法務  企画・マーケティング  販売・サービス  クリエイティブ

■ほぼ変わらない(4分野)
IT・通信  建築・土木  金融  営業

■減少(なし)

DODAキャリアアドバイザーが11分野ごとに注目のキーワードを挙げたところ、その中には[データ活用](IT・通信)[情報化施工・BIM](建築・土木)[フィンテック](金融)[データサイエンティスト](企画・マーケティング)[ECサイト](クリエイティブ)など、IT化を表すものがいくつもあります。

転職市場でIoTやAIを推進するための知識・技術を持つ人が引く手あまたなのはここ2~3年で変わりません。
この下半期で変化が感じられそうなのは、今までは上層部や研究部門など特定の人だけが関わっていたAIやシステム導入が実用段階に進んでいることから、現場の求人ニーズが増えていることです。IoTやビッグデータによって何をするのか、自動運転やAI導入を推進して何をするのか、そこを考えられる人が転職市場での市場価値が高まります。

また、いま、40代以上を中心としたミドル層の転職に管理職経験が必須でなくなってきています。これが何を表すかというと、「ミドル層は管理職で、若手はその指示に従う」という構図が絶対ではなくなってきているということです。管理職であろうと新人であろうと、自分や組織の仕事にどんな付加価値をつけられるのかを自ら考えて実行に移せる人が求められているのです。
このことは、[内製化](IT・通信)[変化に対応できる人材](電気・機械)[マネジメント、ディレクション](営業)[ビジネス感覚](人事・経理・法務)[アライアンス・新規事業計画](企画・マーケティング)[PDCA](クリエイティブ)などのキーワードが挙がっていることからも読み取れます。

転職活動では選考の中で大抵の場合「入社したらどんな仕事をしたいですか?」を尋ねられます。そのときに、企業や業界を取り巻く環境の変化をふまえて、こんな課題に対してこう貢献したい、という見解を話せると、「誰かの指示待ちではなく自ら動く意思がある」というアピールになります。結果として豊富な求人の中から、より希望に沿った転職転職成功の可能性が高まるのではないでしょうか。

働き方改革は進んでいるか

働き方改革が転職市場に与える影響は分野によって差があります。
働く環境の改善に本腰](販売・サービス)[働き方改革](人事・経理・法務)[女性・シニアの活躍](建築・土木)[ミドル層・女性・シニア・外国籍のエンジニア](電気・機械)などのキーワードが挙がっています。人材不足の危機感が強い分野で事業領域やリソース配分の見直し、労働環境改善のための本格的な投資に踏み切る企業が増えています。採用の際も本気で取り組んでいることをアピールして人材確保に努めています。改革の途中で仕組みや制度が完成していなくても、取り組みが進んでいる企業が多くなってきていますので、意中の企業があれば選考の中で尋ねてみるとよいでしょう。

気になる動向を知ったら、11の業種・職種ごとに求人情報を見てみよう
求人特集を見る
転職市場の動向を踏まえて転職のプロが非公開求人をご紹介
エージェントサービスに申し込む(無料)

転職市場予測 11の分野をチェック