スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

転職市場予測2021下半期
コロナの影響による動向をdoda編集長とキャリアアドバイザーが解説

2021年下半期(7月~12月)の転職市場で求人が増える分野はどこか、どんな人材が求められるのか、新型コロナの影響など、doda編集長と14人のキャリアアドバイザーが解説します。この時期に転職活動をするべきか、企業の目線がどう変化しているかなどアドバイスもお届けします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年、コロナ下の転職市場の動向と求められる人材とは

2021年下半期(7月~12月)の転職市場は、IT・Webを筆頭に、製造、金融、医療、化学・素材などの業界で求人数の増加が見込めます。職種としてはITエンジニア、Webクリエイティブ、モノづくりエンジニア、建築・土木エンジニア、化学エンジニア、医療や金融の専門職、営業、管理部門(人事、経理、法務)、企画・マーケティングなどです。

こうした求人増加の背景には企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進があります。新型コロナ感染拡大の以前から企業のDXへの関心は高かったのですが、コロナ以降、さらにデータとデジタルを活用したビジネス変革や、ビジネスの非対面化・オンライン化は急務になっています。これらの成否が業績を左右しかねないという切実さから、人材ニーズの回復につながっているのです。

コロナ下で即戦力のニーズが強いが、未経験向け求人の回復傾向も

IT化やDXによるビジネスの見直しが背景にあることから、即戦力として期待できる経験者採用の求人ニーズが大半となります。社内に知見のない課題を担ってくれる人材、スピード感をもって課題解決できる人材を必要としているケースが多いためです。
未経験向けではエンジニア系の職種や、金融・医療の業界で求人ニーズが見込まれます。コロナによって打撃を受けた販売・サービスや事務の仕事も欠員募集の可能性がありますので、情報収集を欠かさず、今までの経験の整理などの準備をしておくことをおすすめします。

転職成功のカギは、自分自身の棚卸しをして応募先との共通点を探ること

「即戦力採用のニーズ」と聞くと、転職に及び腰になってしまうかもしれませんが、弱気になる必要はありません。第三者から見れば十分に強みも経験もあるのに、「自分がやってきたのは誰でもできるようなこと。とても“経験者”とは言えない」と自己判断してしまう人も多いものです。
今までの職務経歴を振り返り、「業界は違うが、こんな共通点がある」「この仕事の経験は他社でも汎用性がありそう」と冷静に洗い出してみましょう。自分の経験を過小評価せずに、転職成功への一歩を踏み出してみてください。

転職求人倍率は、転職希望者1人に対して何件の求人があるかを示しています。1.00を超え、数値が大きくなるほど求人が豊富な状態といえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
自分に向いている仕事のヒントを診断
キャリアタイプ診断
転職市場とあわせて自分の適正年収を知っておこう
年収査定をする(無料)

関連動画

関連動画

Youtubeチャンネル「doda転職応援チャンネル」では、各職種の有識者とdoda編集長との対談動画をアップロードしており、職種ごとの「コロナ下の転職で求められるスキル」や「最新の転職市場への考察」を知ることができます。

  • 【須藤 憲司×doda編集長】
    コロナ下で営業職が求められていることとは?:営業職編

  • 【須藤 憲司×doda編集長】
    このまま営業職でいい?営業が専門スキルを身に付けるには…!?:営業職編

  • 【辻 愛沙子×doda編集長】
    コロナ下で求められるスキルとは?最新の転職市場を解説:企画・マーケティング職編

  • 【辻 愛沙子×doda編集長】
    今、転職すべきなのか?職を失わないためにはどうすれば良い!?:企画・マーケティング職編

  • 【ちょまど×doda編集長】
    ITエンジニアがコロナ下で求められるスキルとは?:IT・通信編

  • 【ちょまど×doda編集長】
    IIT業界で今後特に伸びる領域は?エンジニアスキル以外で学ぶことは?:IT・通信編

doda転職オンライン予備校