スマートフォン版で表示

転職市場予測2019下半期

2019年7月~12月、転職市場の動向は? 求人数は増えるのか、転職希望者にとってチャンスが広がるのかどうか、14の業界・職種で予測・解説します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

14の業界・職種で求人数の動向は?

2019年の下半期(7月~12月)は、求人数増加ペースが鈍化

doda編集長 大浦 征也

求人数の増減、14の分野で「増加」「変わらない」「減少」がほぼ1/3ずつ

業界・職種で14の分野に分けたうち、dodaキャリアアドバイザーによる求人数の増減の予想は次のようになりました。

【増加】5分野……人事法務建築・土木金融メディカル

【変わらない】5分野……経理企画・マーケティングIT・通信クリエイティブメディカル

【減少】4分野……営業電気・機械化学・素材事務・アシスタント

ここ2年ほどでは「増加」の割合が過半数を占めていましたが、今回は「増加」「変わらない」「減少」がほぼ1/3ずつで拮抗する状況になり、求人数の増加トレンドが踊り場を迎えるようです。この背景には、年末に向けた例年の鈍化傾向と、米中貿易摩擦の影響を企業が様子見していることがあります。

しかし、すでに求人数が飽和状態だから「変わらない」と予想しているケースもあるので、転職マーケット全体では、求人数がいきなり減るようなことはありませんので安心してください。

事業会社かアウトソーサーか、自分がやりたいことができる環境を見極めて

2019年下半期の転職市場は、どこか特定の好調な業界が求人を牽引するのではなく、分野によって事業会社とアウトソーサーのそれぞれに求人ニーズがあるという構図になるようです。

従来、「定型化した業務はアウトソースし(外注)、専門的な業務は自社でまかなう(内製)」というイメージがあったと思いますが、そう単純ではなくなってきています。

「IT・通信」「法務」「企画・マーケティング」「クリエイティブ」では、制作会社や法律事務所や広告代理店に外注していた業務を内製化する動きがあります。企画から実行までのスピードアップを図るとともに、社内に業務の知見を蓄積する狙いもあります。

それに対して「営業」「人事」「経理」「事務・アシスタント」「メディカル」は、専門のアウトソーサーがコンサルティングまでを手掛けてサービス範囲を拡大する傾向があります。

会社の規模や知名度にこだわりすぎず、自分の経験がフィットするか、やりたいことができそうかという視点で、求人が豊富なうちに転職活動を進めましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

転職市場の動向を踏まえてdodaの専門スタッフが非公開求人をご紹介
エージェントサービスに申し込む(無料)

転職フェア(名古屋)