スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える DODA

転職市場予測 2017年上半期 建築・土木 設計、建築施工管理、土木施工管理、設計監理、設備保守、プラント関連…など転職市場予測 2017年上半期 建築・土木

転職活動の準備

設計、建築施工管理、土木施工管理、設計監理、設備保守、プラント関連…など

このエントリーをはてなブックマークに追加

ICTを活用した新しい工法・技術に携わるなら、求人が多い今がチャンス

DODAキャリアアドバイザー 新見 孝之

建築・土木技術者の求人数は高い水準で推移しています。2017年上半期はこれを維持しながら、さらに少しずつ増えていく見通しです。

従来からある大規模インフラの老朽化対応、既存物件のメンテナンス・リフォームなどの工事案件に加え、インバウンド需要の高まりから、観光施設をはじめとするさまざまな建物の内装工事案件が増えてきています。業界は慢性的な人材不足で、これまでに出てきた募集ポジションでも採用がままならない上に、新しい求人がさらに積み重なっている状況です。

こうした背景から、より少ない人員でも工事を進められるよう、モバイル端末を利用したICT技術の活用、重機のICT化などによる省力化が各社で進められています。これに伴って、ICT化の推進、現場への導入を担うポジションの求人も出てきていますが、新しい動きであるため、まだ経験者がいない状況です。そのため、建築・土木技術に関する知識があれば、ICTに関する知識が浅くても、2017年の今ならチャレンジできます。

また、人材不足解消のため、業界各社では特別休暇制度やフレックスタイム制導入など待遇・就労環境の改善も進めています。求人が数多く出ている売り手市場のため、転職を考えている人にとっては、希望する働き方を実現できる企業が見つかりやすい環境だと言えるでしょう。

DODAで公開中の求人情報
建築・土木の求人を見る
いろいろな条件で絞った建築・土木の求
求人特集を見る

注目のキーワード

情報化施工(BIMなど)

IT・通信技術の活用により、調査、設計、施工、検査の各プロセスから得られるデータを元に、より効率よく、精度の高い施工を実現する取り組みのことを、情報化施工(ICT施工)と呼びます。特に直近で話題になっているのが、BIM(Building Information Modeling=ビム)ですドローンで撮影した空撮写真をもとに作成したデータとBIMモデルを連携させて、工程管理に活用している例もあります。省力化の一環として、今後、施工管理の現場では情報化施工の知見が必須になってくるでしょう。

内装設計・空間デザイン

海外からの観光客が年々増えていることから、観光・宿泊施設や博物館、イベントスペースなどの内装の大規模リニューアル需要が高まっています。VRを取り込んだディスプレイや内装が増えており、広告・印刷業界の企業から電気系技術者の求人が出ることもあります。また、企業のオフィスの内装をリニューアルする案件も増えています。これまでオフィスのデザインは居住性・機能性重視でした。しかし近年では、会議室の壁や床をどのような素材・色使いにすると生産性が上がるか、といったワークプレイスデザインの考え方が広まりつつあり、内装デザイン・工事のニーズが増えてきています。

メンテナンス・リフォーム

ここ数年、既存物件のメンテナンスやリフォームのニーズが高まっています。また、不動産デベロッパーに限らず、メーカー、流通など、ほかの業種の事業会社でも自社物件や管理物件を運営しており、メンテナンスやリフォームが発生します。これまでは建設会社に発注していた案件を内製したり、自社グループ会社に工事の機能を持たせたりするケースが増えていて、建築・土木の技術者が活躍するフィールドが広がっていると言えます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
DODAで公開中の求人情報
建築・土木の求人を見る
いろいろな条件で絞った建築・土木の求人
求人特集を見る
もっと詳しく転職市場の動向を知りたい方はエージェントサービスをご利用ください
エージェントサービスに申し込む(無料)

転職市場予測 11の分野をチェック

関連リンク

DODA転職フェア 【名古屋】国際会議場白鳥ホール 6/30(金)・7/1(土) 【東京】水道橋プリズムホール 7/6(木)・7/7(金)・7/8(土) DODA転職フェア 【名古屋】国際会議場白鳥ホール 6/30(金)・7/1(土) DODA転職フェア【東京】水道橋プリズムホール 7/6(木)・7/7(金)・7/8(土)