スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える。DODA(デューダ)

転職市場予測 2017下半期
IT・通信

コラム・事例・インタビュー

SE・プログラマ、ITコンサルタント、社内情報システム、データベースエンジニア、ネットワークエンジニア…など

このエントリーをはてなブックマークに追加

積極的なIT投資を背景に、事業会社の求人ニーズも旺盛

DODAキャリアアドバイザー  湯本 夏美

ITエンジニアの求人数は非常に豊富な状況が続くでしょう。
あらゆる業界でITへの投資がますます盛んで、求人ニーズが途切れることはなさそうです。SIerやITコンサルティング会社はもちろん、事業会社でも業種や企業規模を問わずにIT人材のニーズは拡大傾向です。IT化の遅れは事業のブレーキになるという危機感が背景にあります。SIerやITコンサル会社に開発依頼するだけでなく、事業会社でも自らIT部門を強化・充実させようというトレンドがあります。

自動運転の実用化、工場のスマート化、AI搭載をうたう製品、さらにフィンテックをはじめとする「〇〇テック」が各業界で推進されているなど、ITの開発案件はあふれています。これらは、国内・海外の各拠点をつないでタイムラグをなくしたり、他社と業務提携したり、広域にデータ共有することが前提になります。こうしたシームレスな環境で大規模データを扱う必要性からデータサイエンティストやセキュリティエンジニアが各社で引く手あまたの状況ですし、基幹システムの改修ニーズにもつながっています。

そして、働き方改革にまつわる動きが2つあります。1つはワークスタイルです。ITエンジニアの仕事はフリーアドレスや柔軟な勤務体系を導入しやすいため、週休3日制や全社員リモートワークを取り入れる企業が出始めています。社員が最適な環境を選択して働けるというモデルケースになりそうです。もう1つの動きは、働き方改革実現のための開発案件の増加です。従業員の環境改善にはITシステムによる効率化が不可欠です。在宅勤務を推進するためのインフラ構築や、そもそもどこを改善すべきかのコンサルティングなど、本気の改革を目指す企業からの開発ニーズが増えてきています。

IT・通信の公開求人、今すぐチェック
IT・通信の求人を見る
DODAがおすすめ、IT・通信の求人特集
求人特集を見る

注目のキーワード

データ活用

ディープラーニング(機械学習)の技術でAIが進化・発展を遂げています。消費者からの問い合わせにAIを活用するなど、これまでに蓄積したデータがビジネスの現場に活かされるようになっています。製造業をはじめとする多くの事業会社、SIer、コンサルティングファームなどで、データサイエンティストなどデータ活用に関する人材の確保が急務とされています。数学や統計学のバックグラウンドを持つ人材の市場価値が高くなっています。

セキュリティ

企業活動のグローバル化、IT環境のクラウド化、企業間提携の増加などを背景に、システムやデータに対する脅威が増えています。ひとたびサイバー攻撃やデータ流出・改ざんなどの事故があれば事業は深刻なダメージを受けてしまいます。内部統制やデータ保護の観点からシステムのセキュリティを構築できるITエンジニアの求人ニーズが非常に高まっているのです。

内製化の推進

Webサービス系企業や事業会社では自社内のIT部門を強化して内製化を進めています。外注コストを抑えるという狙いもありますが、むしろ開発スピードを優先しているためです。課題の特定や仕様策定といった上流から、サーバなどの環境最適化、そしてコードを書いてUIの良しあしを判断でき、プロジェクト進捗を管理できる…といった“上から下まで”できるエンジニアが社内にいてほしいというのが企業の本音です。が、これらのすべての要素でなくても、いくつかを身につけていれば有利な転職ができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
IT・通信の公開求人、今すぐチェック
IT・通信の求人を見る
DODAがおすすめ、IT・通信の求人特集
求人特集を見る
もっと詳しく転職市場の動向を知りたい方はエージェントサービスをご利用ください
エージェントサービスに申し込む(無料)

転職市場予測 11の分野をチェック

関連リンク