スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える DODA

ランキング・データ・調査

転職市場予測 2016下半期

IT・通信

SE・プログラマ、ITコンサルタント、社内情報システム、データベースエンジニア、ネットワークエンジニアなど

このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな企業もIT・Webを強化せずには生き残れない。ITエンジニアは超・売り手市場

DODAキャリアアドバイザー 齋藤 久敏

ITエンジニアの求人数は下半期も非常に豊富な状態が続く見込みです。
企業の成長にとってIT戦略は攻めと守りと両方の要です。仮にこの先の景況感によって事業戦略を見直すにしても、IT抜きにはビジネスの効率化も新ビジネスの創出も成り立たないため、IT人材の採用意欲は衰えないでしょう。

開発案件としてはWeb系のプロジェクトが目立ちますが、基幹システムも依然として大きなボリュームです。M&Aや海外展開には、各社間のインフラ整備として業務システムの統合・連動が必須となるからです。バックエンドを含めた大規模な設計開発ができるサーバサイドのエンジニア、LAMP環境での開発経験があるエンジニア、フロント側ではJavaScript、HTML5を書けるWebエンジニアのニーズが底堅くあります。

また、ITエンジニアの転職先の選択肢が拡大しています。IT業界以外の流通や金融の大手企業、広告代理店、コンサルティング会社などの企業、IT部門以外の事業企画、商品企画、マーケティングなどの領域でニーズが増えています。職務経歴を振り返ってみて、新規サービスを立ち上げた経験や、統合したての整備されてない組織の中で試行錯誤を繰り返した経験、それに類する経験があればプロジェクトの大小にかかわらず強みになるでしょう。また、アピールポイントとして見落としがちですが、「事業部門とリレーションを密にして開発を進めていたのでビジネスを理解している」ということも企業は高く評価します。

DODAで公開中の求人情報を見てみよう
IT・通信の求人一覧を見る
2016年下半期、求人増が予測される注目キーワードの求人特集
求人特集を見る

注目のキーワード

データマイニング、デジタルマーケティング

さまざまな業種・商材で、ビジネスの主戦場がWebになりつつあります。消費者の購入行動の起点がWebであることを想定して、Webサイトに類似検索やレコメンドなどプッシュ型の機能を実装すること、実装後も絶え間なく改善していくことが企業の重要な課題です。データマイニングやデジタルマーケティングによって膨大なデータを意味のあるものにして活用できるエンジニアの存在が不可欠であり、これらのスキルを持つエンジニアは絶対数が少ないので、これから身につけていけばキャリアの付加価値アップにつながります。

セキュリティ

企業が扱うデータの大容量化、複数企業間でのデータ共有化、データベースのクラウド化など、ビジネスのシーンや環境は年々変化してきています。それは同時に個人情報や機密情報の漏えいのリスク増でもあり、新しいデバイスやテクノロジーの進化はセキュリティの進化と表裏一体です。従ってセキュリティエンジニアの重要性が増しており、超売り手市場になっています。しかし、セキュリティに特化したITエンジニアはまだまだ少数なので、サーバやネットワーク構築の経験者に対しても求人ニーズが高まっています。

フィンテック

2016年になってメディアで取り上げられる機会が急激に増えましたが、今のところまだフィンテックの具体的な定義はありません。金融業界や金融商品、それ以外にも少しでも“お金”に関わればフィンテックと言っているような一種のブームの状態です。例えば、ブロックチェーン、ECサイト立ち上げ、カード決済、家計簿アプリ…規模もターゲットも違いますが、どれもがフィンテックを標榜できます。こうした混沌とした状況だからこそ、意外な企業で意外なキャリアが求められることが増え、ITエンジニアの活躍の場が広がるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
DODAで公開中の求人情報を見てみよう
IT・通信の求人一覧を見る
2016年下半期、求人増が予測される注目キーワードの求人特集
求人特集を見る
より詳しい業界動向、あなたに合った非公開求人、面接のアドバイスなどを知りたい方はこちら
エージェントサービスに申し込む(無料)

転職市場予測 11の分野をチェック

関連リンク