スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

転職市場予測2019下半期

IT・通信

SE・プログラマ、ITコンサルタント、社内情報システム、データベースエンジニア、ネットワークエンジニア…など

このエントリーをはてなブックマークに追加

ITエンジニアの求人ニーズは高いまま。中でもRPAコンサルや品質管理は要注目

dodaキャリアアドバイザー 遠藤 勇太

ITエンジニアの求人ニーズは引き続き高いまま変わらないでしょう。

コンサル会社、SIer、事業会社、それぞれにITエンジニアの求人ニーズがあります。中でもニーズが高まりそうなのはRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)領域のコンサルタントです。RPAは定型業務を自動化して工数削減・効率化を図ることです。コンサル会社だけでなく、SIerや事業会社が自社内にRPA部門を新設・拡大する動きがあります。

求人数が横ばいとはいえ、2030年に79万人の人材不足が予測されているIT・通信業界では、依然として未経験者採用が活発に行われています。営業職や販売・サービス職からITエンジニアに転職する例も珍しくありません。

未経験でITエンジニアに転職する場合、研修・教育体制の整ったSIerを選ぶと、その後のスキルをスムーズに身につけやすいでしょう。最短で独り立ちできるように、自社に研修センターがあって土日にも通えたり、自宅でe-learningで学べたりする環境が用意されていると安心です。

経験者から人気の高い社内SEは、社内のIT環境に対する課題抽出や改善プラン作成ができて、プロジェクトを進められるような人材が求められることが多いので、今までの経験と成果を棚卸しすることが必要です。

注目の職種

RPA導入のコンサルタント

将来的な労働力不足を背景に、RPAで定型業務をIT化する動きが進んでいます。RPAツールを各社向けにイチからツール開発するケースと、既存のパッケージ製品の組み合わせで導入するケースがあり、そのコンサルティングをする人材のニーズが目立っています。いずれのケースでも、社内業務のどの部分を自動化すれば効果が最大化するのか、既存製品のどれを組み合わせれば導入コストが抑えられるか、といったことを企画・提案するのです。

品質管理エンジニア(QAエンジニア)

ITの品質管理というと、システム納品前に行うテスト工程およびテスターと捉えられていましたが、もっと広範囲を担当するエンジニアのニーズが増えるでしょう。品質管理エンジニアは開発時に盛り込むべき仕様や検証すべきテストを企画・提案します。システム保守や機能追加など運用に膨大なコストをかけなくて済むシステムを作ろうという考え方が浸透しているためで、SIerだけでなく事業会社で品質管理に特化したチームを設ける企業が増えてきています。

AI、IoTなど最先端領域のエンジニア

AIやIoTはこの数年ずっと注目されているキーワードですが、実用化・汎用化が進んで、引き続き人材ニーズは衰えないでしょう。特に物流・流通の業界ではほかの業界に比べてIT化が遅れていましたが、今後の労働力不足に手を打つべくロボティクスによる効率化・業務改善の動きが進むでしょう。また、5G回線の実用化を控えて、通信インフラエンジニアの求人ニーズも増えそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

IT・通信の公開求人、今すぐチェック
IT・通信の求人を見る
dodaがおすすめ、IT・通信の求人特集
求人まとめページを見る
もっと詳しく転職市場の動向を知るならdodaの専門スタッフにご相談を
エージェントサービスに申し込む(無料)

15,000人調査!19業種、118職種掲載!仕事満足度ランキング2019