スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

転職市場予測2019下半期

クリエイティブ

Webプロデューサー、Webディレクター、Webデザイナー、Web編集・コンテンツ企画、その他インターネット関連職…など

このエントリーをはてなブックマークに追加

事業会社も内製化のためにクリエイティブ職を求め、そのニーズは細分化傾向に

dodaキャリアアドバイザー 寺尾 怜

クリエイティブ職の求人数は、上半期とほぼ変わらず推移する見込みです。主な理由として、クリエイティブ職種は欠員補充による求人ニーズが多いので、「年度末だから」「ボーナス時期だから」といった季節要因が少ないためです。

これまでクリエイティブ職の求人は制作会社や代理店といったBtoB企業がメインでしたが、事業会社でもWeb制作の内製化を目的とした求人が増えてくるでしょう。事業会社は自社のサイトを制作会社や代理店の提案をもとに運営していましたが、自社内にクリエイターを抱えようとしているのです。また、求人条件も単に「サイト運営」というだけでなく「オウンドメディアの立ち上げ」「既存サイトでのコンテンツマーケティング運用」などに細分化してきています。

VRやAR、5G対応コンテンツなどのトレンドキーワードに関する求人は、まだ収益を見込める段階ではないので具体的な求人はわずかです。ただし、ベンチャーと大手が連携する動きもあるのでアンテナは張っておきましょう。

クリエイティブ職で転職を考える方は応募先としてBtoC企業に目が行きがちです。身近な商材を扱っているので興味がわきやすいためでしょう。しかし、BtoB企業のほうが扱う案件のバリエーションが豊富ですし、難易度やプロジェクト規模もさまざまです。多種多様な案件を通じて、自分の強みや適性がハッキリするというメリットがあります。自分の付加価値を付けてからのほうが、面白いと思える仕事への近道になることもありそうです。

注目の職種

コミュニケーションスキルの高いWebデザイナー

Webデザイナーの選考を左右するのはデザインスキルだと思われがちですが、コミュニケーションスキルがとても重要になってきています。ユーザーがそのデザインを見てどんな印象を受け、どんな行動を取るかをディレクターや顧客に対してロジカルに説明することが求められるためです。仮説と検証を繰り返してより良いデザインへの改善点を言語化することでコミュニケーションスキルが磨かれます。

ビジネスマインドを備えたWebディレクター

Webディレクターには、デザインやコーディングに留まらずサイト全体の企画、運用、マーケティング、広告展開など、幅広い役割が求められるようになっています。見方を変えると、Webディレクターの経験がなくてもチャンスがあるということです。顧客との折衝やチームマネジメント、プロジェクト運営を得意とする人は未経験でも転職成功の可能性があります。

ソーシャルゲームのディレクター・プランナー

ソーシャルゲーム業界でも、ビジネスマインドを持つディレクターやプランナーのニーズが高まっています。ゲーム自体の面白さは当然のこととして、企画・開発・運用までをトータルに采配できる人材が求められます。ユーザー数なのか課金の金額なのか、何を指標にしてゲームを黒字ビジネスにするかKPI管理も任される点も醍醐味でしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

クリエイティブの公開求人、今すぐチェック
クリエイティブの求人を見る
dodaがおすすめ、クリエイティブの求人特集
求人まとめページを見る
もっと詳しく転職市場の動向を知るならdodaの専門スタッフに相談
エージェントサービスに申し込む(無料)

転職フェア(札幌)