スマートフォン版で表示

コラム・事例・インタビュー

転職市場予測2018下半期
クリエイティブ

Webプロデューサー、Webディレクター、Webデザイナー、Web編集・コンテンツ企画、その他インターネット関連職…など

このエントリーをはてなブックマークに追加

Web・スマホの求人ニーズはゲーム、動画、マーケティングなど多彩に

DODAキャリアアドバイザー 寺尾 怜

クリエイティブ系の求人数は上半期に引き続き、わずかに増加していくでしょう。

「紙媒体からWebへ」「マス広告からWeb広告へ」とニーズが移行している状況は変わりませんが、高いスキルを持った経験者向けの求人に加え、経験の浅いポテンシャル層までを含めて幅広く採用を行う企業が増えています。契約社員やアルバイトとしてクリエイティブな仕事をしていた方、あるいは仕事とは関係なくWebサイトの立ち上げやデザインを続けているという方も正社員として採用する流れが生まれており、求職者にとってはチャンスが広がっています。

ここ数年、多くの企業がECサイトや企業サイトの制作・運営の内製化を進めているので、非Web系の事業会社のクリエイター求人は引き続き増加傾向にあります。特に動画広告によるWebマーケティングを推進している企業が増えているため、「動画のマーケティング担当」と呼ばれるようなWebディレクターの求人が増加しています。

一方、Webサービス系会社や制作会社、代理店などは人材流動性の高さもあり、若手からベテランまで、さまざまなスキルレベル、経験レベルの人材が求められているようです。また、大手SIerなどでは大型プロジェクトの受注や今後のマーケットの成長を見越して通年でWebディレクターの大規模採用を進める動きも見られています。

スマートフォンのソーシャルゲームに関する求人数も相変わらず高い状況が続いています。業界の売り上げが堅調に推移していることもあり、ビッグタイトルを持っている企業、あるいはそれを追い上げようとしている企業が積極的に採用を行っているようです。プロジェクトベースでキャリアを再考する人が多いこともあり、景況感に関係なく人材流動性が高いため、今後も安定的な求人があると予想されます。

注目の職種

動画広告の運用経験があるWebディレクター

Webの動画制作に関してはAdobe After Effectsの使用スキルが必須となる求人が多いことには変わりありませんが、動画そのものを制作する仕事に加え、動画の運用や効果検証、数値分析の経験も含めた動画広告のマーケティングに関する知見を持った人材を求める企業が増えています。まだまだ経験者が少ない分野であるため、他メディアの動画マーケティング経験者にもチャンスがあるようです。

スマートフォンゲームのディレクター・プランナー

大手のコンシューマゲームメーカーが数十人規模の採用をスタートさせた事例もあるなど、スマートフォンゲームに注力し始めた大手コンシューマゲームメーカーによる採用が活発化しています。また、中堅企業やベンチャーの採用熱も衰えていません。「ベンチャーから大手へ」という転職はもちろん、裁量の大きさなどを求めて「大手からベンチャーへ」という転職希望もかなえやすい環境であると言えるでしょう

マーケティングの知見があるWebディレクター

単純なデザイン業務に関してはフリーランスのデザイナーに委託することもできるため、社内のクリエイターには数値分析を元にした根拠のあるクリエイティブを提案する能力が求められています。非Web系の事業会社で自社のECサイトやWebサービスの企画・運用を託されるWebディレクターは特にその傾向が強くなりますが、制作会社、代理店でもWebマーケティングの知見を重視して採用を行う企業が増えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
クリエイティブの公開求人、今すぐチェック
クリエイティブの求人を見る
DODAがおすすめ、クリエイティブの求人特集
求人まとめページを見る
もっと詳しく転職市場の動向を知るなら転職のプロにご相談を
エージェントサービスに申し込む(無料)

関連リンク

DODA転職フェア(福岡&大阪)

無題ドキュメント