スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える。DODA(デューダ)

面接

面接対策 完全ガイド

~質問・回答例・マナー~

「転職の面接なら何でもおまかせ」の面接対策の完全ガイド。質問・回答例やマナーなど、転職における面接突破のノウハウとコツをご紹介します。書類選考を通過したら、面接前にぜひ一度ご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

1.一次面接から最終面接までの流れ・進み方をご紹介します

転職における面接回数は1回から3回、またはそれ以上と会社によって大きく異なりますが、面接官の顔ぶれとチェックされるポイントは一定の傾向があります。一般的に一次面接で登場する人事担当の場合、基本的なビジネスマナーに加えて、「なぜ当社に転職してくるのか?」といった転職理由や志望動機を確認することが多いです。次に、二次面接で面接官になることの多い配属現場のマネジャーなどは、「どれだけパフォーマンスを発揮できるか?」を判断するため、これまでの経験やスキルをチェックします。最後に役員などが面接官になる時は、会社の風土や事業方針に合うかといったことを確認する傾向があります。それぞれの面接で大切なことは、誰が面接官になるのかといったことをなるべく事前に把握し、確認されるポイントを準備しておくこと。面接官がどういった人物なのかは、直接企業に聞いてみてもいいですし、転職エージェントを利用している場合は転職エージェントを通して確認してみていいでしょう。

一次面接
面接官:人事担当など
なぜ当社に転職してくるのか?
人事担当などが面接官になることが多い一次面接。自己紹介から始まり、転職理由や志望動機など、基本的なことを聞かれることが多いのでしっかり準備しておきましょう。
二次面接
面接官:配属現場マネジャーなど
どれだけパフォーマンスを発揮できるか?
一次面接の次は、配属現場のマネジャーなどが面接官になることが一般的。経験やスキルについて詳細を確認されます。どのように活かしていきたいかを伝えられるようにしておきましょう。
最終面接
面接官:社長・役員など
会社・事業に合うか?
最後の面接で会うことが多い社長・役員。会社の風土に合っているか、事業方針に合っているかが確認されます。熱意を持って、伝えられるように万全の準備で臨みましょう。

※上記の流れは、あくまで一般的な場合であり、当てはまらない企業もあります。

2.面接の服装、連絡方法など面接にまつわるマナーをご紹介します

面接の服装、面接前後の連絡方法など面接にまつわるマナーは、基本的なビジネスマナーと考えましょう。そのため “面接のマナーができていない=ビジネスマナーができていない”と見なされ、大きく印象を損なう場合があります。転職の面接において、最低限知っておきたいマナーは事前にチェックし、自然に対応できるようにしておきましょう。

  • 面接官が内定を決めた瞬間
    面接官が内定を出したい!という人には、ある共通する項目があります。面接官が見るポイントをしっかり押さえて、存分にアピールしましょう。
  • 面接官がサヨナラを決めた瞬間
    面接は誰しもが緊張してしまいがち。自分は気がついていないところでNGな行動・態度をとっている可能性があります。面接官がNGを出すポイントを事前に確認し、面接に挑みましょう。

あわせて読みたい!「面接マナー」のコンテンツ

転職者が意外とよくやりがちなマナーのポイントもあわせてチェック!

3.転職の面接でよく聞かれる質問・好印象を与える逆質問をご紹介します

中途採用の面接では、自己PRや志望動機、自分の強み・弱みなど、よく聞かれる質問があります。このようなよく聞かれる質問にきちんと回答できないと、面接官から「準備不足」「熱意がない」と判断されてしまうことも。大事なのは「面接官はその質問から何を知りたいと思っているのか?」ということ。質問の意図をしっかりと理解し、最適な回答を準備しましょう。

  • 面接の質問 よくある34の事例
    自己PRや志望動機、自分の強み・弱みなど、中途採用の面接で聞かれる34の質問例を 紹介します。しっかりと面接対策をして本番に臨みましょう。

4.転職の面接にまつわるあらゆるお悩みをQ&Aでご紹介します

身だしなみやマナー、アピール内容など、いくら面接準備をしていても、当日は急なトラブルが起きたり、想定していなかった質問をされたりすることも。何が起こるか分からないからこそ臨機応変に対処できるように、あらかじめ対策を練っておくことが大事です。すぐに面接の予定がある人も、これから転職活動を開始する人も、これを読んで面接成功のポイントを押さえておきましょう。

あわせて読みたい!「面接お悩み」のコンテンツ

5分で読める、転職ノウハウについてもチェック!

転職のプロに転職活動のノウハウを聞こう
エージェントサービスに申し込む(無料)
「希望条件の整理」の一環として自分の市場価値を知ろう
適正年収を診断する
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ