スマートフォン版で表示

【ニーズ別】職務経歴書のフォーマット・テンプレート
~ダウンロードしてすぐに使える~

このページでは、職務経歴書のフォーマット・テンプレートと、職種・業種、ステージ別のサンプル(見本)をダウンロードできます。職務経歴書には決められた形式がなく、いちからオリジナルで作成するのは非常に困難です。フォーマット・テンプレートを上手に活用して、読みやすく、美しい職務経歴書に仕上げてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

1.アピールポイントで選ぶ職務経歴書フォーマット・テンプレート

職務経歴書のフォーマットは「逆編年体形式」「編年体形式」「キャリア形式」に大別されます。それぞれに、強調できるポイントが異なるので、自分のキャリアや応募先の企業・職種に合わせて最適なものを選んで使用しましょう。

逆編年体形式/編年体形式の職務経歴書

逆編年体形式は、現在から過去にさかのぼる形で、時系列で業務内容やその実績を記載する方法です。編年体形式は過去から現在にいたる形で業務内容や実績をまとめるもの。自分のキャリアを一覧で示すことができるため、ビジネスパーソンとしての総合力を効率良くアピールすることが可能です。また、担当業務とその期間が連動する形で記載されるので、業務の習熟度や成長スピードの速さを伝えたいときにも有効といえます。

転職活動においては、現在の応募者のスキル・能力が重視される傾向にあるので、直近の業務内容と成果がはじめに目に入る「逆編年体形式」が一般的になっています。

キャリア形式の職務経歴書

キャリア形式は、職務経歴を業務内容やプロジェクトごとに分類して記載する方法です。現時点で保有しているスキルを明確に伝えることができるため、専門性の高い職種に応募するときや、入社後に担当する業務が確定していて、そこで必要となるスキルに自信を持っている場合に有効といえます。

注意したいのは、各業務について「どの企業で」「どの程度の期間」「何をして」「どんな実績があるのか」を、必ず明記するということ。例えば「個人営業」という業務内容を軸に職務経歴を整理したとしても、会社の規模や業種によって身につけているスキルは大きく異なります。また、経験した期間が短ければ、習熟度が低いかもしれません。その業務内容に自信を持っているなら、具体性を持たせることが重要です。

職務経歴書を提出する理由と書き方のコツを理解しよう

職務経歴書は、「募集しているポジションでの業務を遂行可能か(または、将来的に遂行可能なポテンシャルを持っているか)」を採用担当者が判断するための書類です。そこで重要になるのが「具体性」と「応募職種との関連性」。

職務経歴欄には、具体的な業務内容とその期間、規模、実績を明記してください。規模と実績は数字で表現するのがポイントです。応募者のスキルレベルをひと目で確認できる記載内容になっていないと、その職務経歴書の魅力は大きく落ちてしまいます。応募する職種で求められている経歴や能力を理解し、アピールするポイントを厳選することも大切です。幅広いスキルを持っているからといってあれもこれもと列挙すると、本当に伝えたい内容がぼやけてしまう可能性があります。応募する職種で活躍するために必要なスキルや実績のみを強調するほうが効果的です。

2.【職種・業種・ステージ別】職務経歴書のサンプル(見本)

職務経歴書のフォーマットを選んだら、次はそこにどんなことを書けばいいのかが問題です。一番の近道は、上手な職務経歴書の見本から書き方のコツを学び取ること。そこで、職種・業種、ステージ別に80種類以上の職務経歴書のサンプルを用意しました。自分の経歴に近いものを選んでチェックしてみましょう。

【職種・業種別】職務経歴書のサンプル(見本)

【ステージ別】職務経歴書のサンプル(見本)

【職種・業種別】職務経歴書のサンプル(見本)

【ステージ別】職務経歴書のサンプル(見本)

3.職務経歴書についてのQ&A

職務経歴書に関して、よくある疑問・質問をQ&A形式でまとめました。「どんなことを話すのがよい?」「こんなことは言っていいの?」などと思ったときはすぐにチェックしてみてください。きっとあなたの疑問が解決されるはずです。

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

転職活動のスタートはまずここから
会員登録する
応募書類のブラッシュアップもキャリアアドバイザーがお手伝いします
エージェントサービスに申し込む(無料)
納得できる書類が準備できたら気になる求人をチェック
求人情報を検索する
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加

スポーツキャリアフォーラム6月14日開催 ベルサール飯田橋ファースト doda転職フェア(札幌)