スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える。DODA(デューダ)

応募

求人応募の仕方 完全ガイド

~探し方・進め方~

いざ応募をしようと思っても、「どんな企業に応募すればよいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか?そこで、ここでは転職後に後悔しないための求人応募の仕方、特に、応募する企業の探し方を中心にご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

1.応募したい企業の探し方

「転職しよう!」と決意しても、何も準備せずに、数ある求人の中から、「応募したい」と思える企業を見つけるのは至難の業です。「いい求人があれば…」と求人サイトを眺めていてもなかなかピンとくる求人に出会えずに転職活動が長引いてしまう、というのもよくある話です。そうならないためにも、応募したい企業を探すための3つのSTEPをしっかり押さえておきましょう。

応募したい企業を探すための3STEP

STEP1応募するための軸を知る
「自分は何がしたいのか」「自分が転職するうえで大切にしていることは何か」「現状のどんな不満・課題を解決するために転職するのか」など、自分の“転職するうえでの軸”を整理してみましょう。そうすることで、“応募するための軸”が明らかになり、その軸に合致した業種・職種はなにか、といった方向性が見えてきます。
STEP2自分にあった求人の見つけ方を知る
応募するための軸がわかったら、その軸を満たす希望条件をリストアップしてみましょう。気になる求人を見つけたら、リストアップした希望条件とその求人を照らし合わせ、どのくらい自分の軸を満たしてくれる求人なのか、を客観的に判断してみましょう。
STEP3求人票の読み解き方を知る
自分に合った求人を見つけたら、求人票を細かく見てみましょう。企業が人材を募集する際に用いられる“求人情報”からは、新しく携わることになる仕事の具体的な内容や応募資格といった情報はもちろんのこと、企業そのものについてまで知ることができます。求人票は企業とあなたとを結ぶ重要な懸け橋となるので、正しく読み解いていきましょう。
応募したい企業の探し方がわかったら、さっそく求人を探してみよう!

2.転職活動をスムーズにする応募の進め方

転職活動において、応募のスケジュール管理はとても大切です。1つの求人に複数の方が応募している前提で考えると、内定という椅子の数が限られている以上、応募したら100%選考に通過するという保証もありません。「1社応募してみて、ダメだったら次を応募してみよう…」という進め方では、転職活動の期間が長引く可能性がありますし、反対に、複数応募によって選考スケジュールが重なってしまい対応できない…といった事態も起こりえます。そこで、一般的に転職成功者は何社くらいに応募しているのか、複数応募の際に気を付けることはなにか、といった進め方についてもしっかり把握しておきましょう。

  • 転職成功者の「平均応募社数」
    転職成功をかなえた人たちは、どのくらいの企業に応募していたのか、その実態を調査しました。実際に転職した人たちの傾向を知ることで、転職活動を上手に進めるためのヒントを学んでいきましょう。
応募企業の探し方を踏まえて自分にあった求人を探す
求人一覧を見る
自分の応募の軸を知る前に、あなたが本来持つ強みを見つけよう
キャリアタイプ診断を受けてみる
転職のプロと一緒に応募する企業を探すなら
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ