スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える DODA

履歴書・職務経歴書・応募

履歴書の書き方講座

履歴書は、応募企業への最初のアプローチとなる大切な書類。たった1枚ですが、この中でいかにあなたの魅力を伝えられるかが、次の選考に進む上でも重要なポイントになってきます。ここでは履歴書作成の基本から、便利な年号早見表や履歴書の見本(フォーマット)まで、さまざまなノウハウをご用意しています。ぜひ有効活用して、人事の心に響く履歴書を書き上げましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

履歴書は何のための書類? ~履歴書と職務経歴書の違い~

あなたのパーソナルな基本情報を伝えるために用いられる履歴書。所定のフォーマットにのっとり、氏名や住所、学歴・職歴、免許・資格などを時系列に沿って記載していきます。履歴書は、あなたがどんな人物で、どんな人生を歩んできたのかを企業に伝える重要な役割を果たしますので、記載内容に間違いや抜け漏れがないように、よくよく注意して作成する必要があります。

一方、応募書類の1つとして履歴書と同時に提出を求められることの多い職務経歴書は、あなたが社会人として培ってきた経験や実績をアピールするための書類です。形式の決まった履歴書とは異なり、職務経歴書は自由形式で、提出枚数も決まっていないことが多いため、経験や実績に加えて、仕事に対する思いや意欲などもアピールすることができます。特に職歴(職務経歴)については、履歴書と職務経歴書の両方で記載が求められる項目ですが、履歴書では勤務先の会社名や部署名、役職、入退社日といった職歴の概要を書くにとどめ、職務経歴書で具体的なエピソードまで落とし込むようにしましょう。

履歴書で企業が見ているポイント

  • 誤字・脱字がないか
  • 居住地が通勤可能なエリアか
  • 出身学部や専攻、職歴が自社と関連があるか
  • 転職回数はどのくらいか
  • 業務に活かせる資格を持っているか
  • 自社への志望動機の強さ
  • 希望条件が許容できる内容か

履歴書の書き方を学ぼう! ~基本ルール・写真の撮り方・年号早見表など~

応募書類をブラッシュアップしたい方はキャリアアドバイザーに相談しませんか?
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加