スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える。DODA(デューダ)

履歴書

基本情報欄の書き方~履歴書の日付・氏名・住所・メールアドレスなど~

日付や氏名、住所や電話番号といった基本情報は、履歴書の上部にあり、採用担当者が最初に目にする項目です。省略したりせずに、正確な情報をていねいに書きましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
履歴書の基本情報(日付・氏名・住所・メールアドレスなど)の書き方履歴書の基本情報(日付・氏名・住所・メールアドレスなど)の書き方

日付・氏名・年齢

  • 日付は和暦か西暦表記のいずれかに統一し、送付日を記入する
  • 氏名は戸籍に登録されている文字を、満年齢は送付時の年齢を記入する
  • 印鑑を押す場合は、まっすぐきれいに押印する

日付は学歴・職歴欄とも統一し、西暦と和暦(昭和、平成など)が混在しないようにしましょう。記入する日付は、履歴書を書いた日ではなく、郵送する日(投函日)もしくはメール送信する日です。前もって履歴書を用意しておく場合も日付欄だけは空白にしておき、送る日が決まってから忘れずに記入しましょう。

氏名は戸籍に登録されている文字(字体)で正確に記入します。普段は略字を用いていても、戸籍で旧字が使われている場合は、そのとおりに書きます。印鑑の欄がない履歴書では、押印は省略しても問題ありません。押印が必要な場合は、認め印(三文判)を使用しスタンプ式は使わないほうがいいでしょう。印鑑を押す際には、欠けや磨耗がないかを確認してください。傾きやかすれ、二重押しもNGです。年齢欄に「満○○歳」とある場合は、記入日ではなく送付日の時点の満年齢を書きましょう。

証明写真

  • スーツ着用の写真を貼付する
  • 清潔感のある服装、髪形、メイクで、派手すぎないように
  • 口角をアップ、目をいつもより見開いて意志を表現

3カ月以内に撮影した写真を、履歴書の指定の欄に貼ります。サイズは縦36〜40㎜、横24〜30㎜。スナップ写真や、携帯電話などで自撮りした写真はNGです。写真を撮影する際には髪形を整え、スーツを着用しましょう。クールビズが導入されている時期だとしても、男性はスーツにネクタイ姿が基本。女性はジャケットを着用し、シャツやブラウスなどのインナーを白や淡色にすると顔色が良く写ります。歯を見せない程度の自然な笑顔が好印象を与えられるでしょう。履歴書の写真はあなたの第一印象を左右する重要なツールですので、写真館や写真店のプロカメラマンに撮ってもらうのもオススメです。

電話番号・住所・メールアドレス

  • 連絡がつきやすい電話番号を書く
  • 住所は省略せずに都道府県から正しく記入する
  • 会社のメールアドレスは使用しない

履歴書などの正式書類では、住所は都道府県名から書き、アパート・マンション名なども省略せずに正しく書きましょう。電話番号は自宅に固定電話がない場合は携帯電話のみでも問題ありません。電話番号の記入欄がひとつしかないフォーマットなら、最も連絡がつきやすい番号を記入します。この場合も携帯電話であってもマイナスイメージにはなりません。

メールアドレスは普段使っているものがよいですが、在職中の会社のメールアドレスは厳禁です。ドメイン名に社名が入っていると「仕事中に転職活動をしているのか」と思われ、ビジネスパーソンとしての常識が疑われてしまいます。個人所有のメールアドレスがない場合、転職活動用にフリーメールなどを取得するとよいでしょう。受信できるメールの文字数に限りがあったり、企業からの返信をブロックしてしまうケースもあるため、携帯電話のメールアドレスではなく、Webメールのアドレスを利用するようにしましょう。

転職活動のスタートはまずここから
会員登録する
応募書類のブラッシュアップもキャリアアドバイザーがお手伝いします
エージェントサービスに登録する
納得できる書類が準備できたら気になる求人をチェック
求人情報を検索する
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

  • 職務経歴書の書き方
    履歴書と一緒に提出することの多い職務経歴書の書き方も、あわせてチェックしておきましょう
  • 自己PRの書き方
    上手な自己PRの書き方・まとめ方を学び、あなたの魅力を企業にしっかりアピールしましょう
  • 志望動機の書き方
    志望動機の使い回しはNG!企業ごとに書き分けるためのヒントが見つかります
  • 応募書類の提出マナー
    せっかく作った応募書類も提出時にマナー違反があっては台無し。正しい送り方を確認しましょう