スマートフォン版で表示

履歴書

学歴・職歴欄の書き方~履歴書の学歴・職歴・賞罰~

ここでは履歴書の中の「学歴」「職歴欄」「賞罰」の書き方を解説します。学歴や職歴は故意ではなくても間違ってしまうと学歴詐称や経歴詐称となるので特に注意が必要です。学校名や学部・学科名、企業名や勤続年数などはすべて正確を期しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
履歴書の学歴・職歴欄の書き方履歴書の学歴・職歴欄の書き方

学歴

  • 学校名、学部・学科名は省略しない
  • 原則として中学校(卒業)から記入する
  • 年度は和暦か西暦表記のいずれかに統一する

学歴欄の1行目には「学歴」と中央に記し、その次の行から実際の学歴を書き始めましょう。学歴をどこから書くかに明確な決まりはありませんが、中学校(卒業)からが一般的です。中学校は卒業年次を書き、高等学校とそれ以降は入学・卒業年次をそれぞれ書きましょう。学校名は略さずに正式名称で記入し、「高校」ではなく「高等学校」と書きます。

大学・短大・専門学校も入学と卒業の両方を省略せずに、正式名称で学校名、学部や学科・専攻までを記入し、採用担当者にあなたがどんな分野を学んできたかを理解してもらいましょう。応募先の仕事で活かせる研究テーマなどはさらに詳細に記入するのもよいでしょう。卒業時は「卒業」と記入し、大学院の場合は「修了」と書きます。

学歴に中退がある場合は、「家庭の事情により中途退学」など、簡潔に書くとよいでしょう。中退のことを書くか、書かないかで思い悩むかもしれませんが、空白期間があると、面接の場などでその理由の説明を求められることになります。また、中退を卒業と偽ることは学歴詐称になってしまいますので、嘘や間違いのないように正直に書きましょう。

職歴

  • 社会人経験をベースに記入し、雇用形態を明らかにする
  • 短期間しか勤務していない場合でも、職歴はすべて正確に書く
  • 年度は和暦か西暦表記のいずれかに統一する

学歴と同様に、職歴欄も1行目には「職歴」と書き、その次の行から今までの職歴をまとめるようにしましょう。職歴は時系列で、短期間しか勤務していない場合でもすべて正確に書き表します。「株式会社」を「(株)」などと省略せず、社名だけでなく所属部署も正式名称で明記しましょう。また、応募する職種に関連する職務内容があれば、採用担当者の目に留まりやすいように「商品開発に従事」など、簡単な仕事内容を加えてもよいでしょう。企業の合併・買収などで社名が変わった場合は「○○株式会社(現●●株式会社)」と記入します。

正社員以外の勤務の場合は、「契約社員」などと書いて雇用形態を明らかにします。派遣社員の場合は、「○○(派遣会社名)より△△(派遣先企業名)に派遣」として、派遣元と派遣先を明記します。一方で、アルバイトでの勤務については原則、記入する必要はありません。転職のアピール材料となるアルバイト経験については職務経歴書で書くようにします。また同様に、転職活動が長引いた、病気で療養中だったなどの理由で無職の期間(ブランク)があっても、ここでは言及しなくてもよいでしょう。面接などで聞かれた場合に、しっかり答えましょう。

退職理由は「一身上の理由により退社」と書くのが一般的で、具体的な理由は書かなくても問題ありません。すでに退職日が決まっている場合などは「退職予定」と書きます。最終行には「現在に至る」と記入しましょう。

賞罰

  • 賞の場合は、全国優勝や国際レベルの大会が基準
  • 罰の場合は、略すことなく必ず記入を

賞罰とは文字通り、受賞経験と犯罪歴のこと。何もないという人が多いでしょうが、その場合も「賞罰なし」と必ず書き、最後の行には右寄せで「以上」と書きます。

賞の場合、国際レベルの大会や競技での入賞、国内大会なら優勝か準優勝が記入の対象です。該当するのであれば「賞 ○○賞受賞」と書きます。チーム競技なら、チーム内での地位や位置を勘案して書きます。文化活動も、国際レベルの展覧会などが対象になります。少しでもプラスになる要素があれば、履歴書に書きたい気持ちは分かりますが、知名度の低い国内の大会については、たとえ優勝しても記入するのはやめておいたほうが無難です。

罰の場合、該当するものがあれば略すことなく必ず記入しましょう。賞罰の「罰」は刑法犯など、過去に犯罪歴がある場合が対象です。ただし、未成年時の少年犯罪、交通違反の免許証の減点など「行政罰」は記入の対象にはなりません。刑法犯の罰の場合は、「懲役○年、執行猶予○年罰 刑期終了」というように書きます。犯歴(罰)を隠して「なし」とした場合、経歴詐称に問われることもあるので、決して略さず、正直に記入しましょう。

転職活動のスタートはまずここから
会員登録する
応募書類のブラッシュアップもキャリアアドバイザーがお手伝いします
エージェントサービスに登録する
納得できる書類が準備できたら気になる求人をチェック
求人情報を検索する
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

  • 職務経歴書の書き方
    履歴書が完成したなら、次は職務経歴書。正しい応募書類の作成方法をチェックしましょう
  • 自己PRの書き方
    魅力的な自己RPの書き方・まとめ方のヒントが盛りだくさん!あなた自身をアピールしましょう
  • 志望動機の書き方
    書類だけでなく、面接でも聞かれることの多い志望動機。上手なまとめ方のヒントが見つかります
  • 応募書類の提出マナー
    時間をかけて作成したからこそ、応募書類はミスなく届けたいもの。提出マナーも確認しましょう
無題ドキュメント