スマートフォン版で表示

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A(履歴書・職務経歴書)

Q. 履歴書には西暦・和暦どちらで書くのが正しい?

履歴書の生年月日や学歴・職歴の欄には、「平成〇年」などと書くのがいいのでしょうか?それとも「19〇〇年」などと西暦で書くのがいいのでしょうか?決まりがあるのであれば知りたいです。(24歳/女性)

A.西暦・和暦どちらで記入しても構いませんが、必ずどちらかに統一して使用してください。

履歴書に使用する「年」の記載方法には明確な決まりはありません。「平成〇年」などと和暦を使用して記入しても、「19〇〇年」などと西暦で記入してもOKです。書きやすいほうを使って書きましょう。

ただし、注意すべき点が2つだけあります。1つ目は「履歴書全体で和暦と西暦のどちらを使用するのかを統一する」ということ。履歴書に記入する年月日は、自分の経歴を時系列で分かりやすく採用担当者に伝えるという目的を持っています。和暦と西暦が混在すると、時系列での把握が困難になり、採用担当者に余計な手間をかけてしまう=マイナス評価につながる可能性があるのです。生年月日は和暦で書いてあるのに学歴・職歴欄では西暦を使用する、学歴は和暦で職歴は西暦で書くといった記載方法は絶対に避けてください。そもそも1枚の書類の中で、異なった年の記載方法を採るということ自体がマナー違反と考えるといいでしょう。

もう1つの注意点は、「和暦を使用する場合は元号を省略しない」ということです。元号とは「平成」や「昭和」のこと。「平成」を「H」、「昭和」を「S」とアルファベットにする省略表記も一般的ですが、履歴書という正式な書類に記載するのは不適切です。必ず「平成」「昭和」などと正式な表記で記入しましょう。また、元号自体を記入しないのもNG。「15」と書いたりすると「平成15年」のことなのか、「2015年」のことなのかが不明瞭になるからです。

履歴書の和暦・西暦の正しい使用例

履歴書の和暦・西暦の間違った使用例

「入学・卒業年月の自動計算機能」「入学・卒業年月早見表」を使おう

「高校の入学・卒業年次がぱっと出てこない」「入社・退職した年は西暦だけで覚えている」という人も多いのではないでしょうか。いちいち入学・卒業年次を調べたり、西暦を和暦に変換したりするのが面倒なときは、dodaが用意した「入学・卒業年月の自動計算機能」「入学・卒業年月早見表」を使ってみましょう。生年月日を入力するだけで、高校・大学などの入学・卒業年次が自動計算されるほか、計算結果のページには、西暦と和暦の変換一覧表が掲載されています。履歴書に記入する年に迷ったときはぜひご利用ください。

(キャリアアドバイザー 松永 玲湖)

生年月日から入学・卒業年月をカンタン計算!

生年月日を選択して、「計算する」ボタンをクリックしてください

月生

※「計算する」ボタンを押すと、別のタブで入学・卒業年月の計算結果が表示されます。

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

合わせて読みたい

関連コンテンツ

関連Q&A

納得できる書類が準備できたら気になる求人をチェック
求人情報を検索する
応募書類のブラッシュアップもキャリアアドバイザーがお手伝いします
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

転職タイプ診断