スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

職務経歴書の書き方  完全ガイド

~133種のフォーマット(書式)・サンプル(見本)

職務経歴書の書き方を基本から完全ガイドします。転職活動が初めてでもすぐに職務経歴書が作成できるようになる133種類のフォーマット(書式)、サンプル(見本)のダウンロードが可能。書くべき内容・項目の詳細解説、PC(パソコン)で作成する際のコツまで、職務経歴書作成に必要な情報を余さず紹介。転職活動を始めたらすぐにでもチェックしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

1.【職種・業種・ステージ別】職務経歴書 133種のフォーマット(書式)とサンプル(見本)

職種・業種・ステージ別に133種類の職務経歴書サンプル(見本)を用意しました。職種ごとの書き方のポイントも紹介しています。現在の(または直近の)職種に合ったものを選んで参考にしてみてください。見本のWordファイルもダウンロードできるので、自分自身の職務経歴に書き換えて利用しましょう。

【職種・業種別】133種の職務経歴書のサンプル(見本)

【職種・業種別】133種の職務経歴書のサンプル(見本)

【123職種の例文付き】自己PRの書き方・まとめ方
キャリアアドバイザーが採用担当者目線で例文をもとに解説します。

【81職種の例文付き】志望動機の書き方・まとめ方
志望職種の経験者と未経験者のケース別に例文をご紹介します。

2.職務経歴書に書くべき内容・項目

職務経歴書に書く内容や項目はほぼ決まっています。人事担当者や現場の上司に当たる人があなたの職務経歴書を読んで、「今までどんな仕事をしてきたのか?」「任せたい仕事をきちんとこなせる人なのか?」「前向きに働いてくれる人なのか?」を判断できるような内容にまとめましょう。

画像:職務経歴書

ガイドに沿って入力するだけで、Word形式の職務経歴書が作成できます【スマホからも利用可】。レジュメビルダーを使ってみる

悩みがちな「自己PR」。16の設問に答えるだけで、アピールできるスキルを診断します。「自己PR」発掘診断を使ってみる

3.職務経歴書の自動作成ツール(レジュメビルダー)

職務経歴書に何を書くかは分かったけれど、ゼロから作るのは難しそう…と尻込みしそうになる人は、dodaオリジナルの自動作成ツールを使ってみませんか。画面の項目に従って入力するだけで、Word形式の職務経歴書ができあがります。気軽にサクサク作成してみましょう。
※ご利用にはdoda会員登録が必要です。

4.職務経歴書の書式と体裁

職務経歴書を作成するときの書式と体裁について確認しましょう。そもそも、職務経歴書は手書きで作るのがいいのでしょうか、それともPC(パソコン)で作成したほうがいいのでしょうか? PC(パソコン)で作成するときのマナーは? ビジネス文書の作成マナーに通じることでもあるので、書式や体裁に不備があると、内容を読んでもらう前に「不採用」と判断されてしまう可能性もあります。社会人経験の長さにかかわらず、改めて基本をチェックしましょう。

  • 職務経歴書は手書きとPC(パソコン)作成どちらが良い?
    「doda」が実施した採用担当者アンケートの結果を基に、職務経歴書は手書きとPC(パソコン)作成のどちらが良いのかに迫ります。書類の見やすさ、作成にかかる手間の削減を考えると、PC(パソコン)での作成に分があるようです。

5.職務経歴書の書き方のポイント

  • A4サイズで1~2枚にまとめる

    職務経歴書は、A4サイズの用紙で1~2枚が理想です。多くても3枚以内には収めてください。ボリュームが大きくなりすぎると、アピールポイントがぼやけてしまいがちです。

  • 職務経歴は具体的に書く

    職務経歴書は、採用担当者が応募者の実績・スキルを確認するためのものです。具体的な業務内容や実績を記入し、自分の能力をはっきりとアピールしてください。

  • 見やすいレイアウトを心掛ける

    記載内容が整理されていない職務経歴書は、それだけでマイナス評価につながります。伝えたい内容がひと目で分かるよう、しっかりレイアウトを整えましょう。

  • 面接でも利用されることを想定して書く

    職務経歴書は、面接時に質問の材料として使用されることが多々あります。質問を受けたときにしっかりと回答できるように準備しておくことが大切です。

  • 書きやすいフォーマットを選ぶ

    職務経歴書のフォーマットには「逆編年体形式」「編年体形式」「キャリア形式」の主に3種類があります。もっとも自分がアピールしやすい形式を選択しましょう。

  • 強調する業務や実績は応募先の企業に合わせる

    入社後に予定されている仕事と、職務経歴書に記載されている業務内容、実績が連動していると魅力的な職務経歴書に仕上がります。強調する要素を工夫しましょう。

  • 効率性を重視するならPC(パソコン)で作成

    職務経歴書はPC(パソコン)で作成するのがおすすめです。PC(パソコン)で作成したほうがレイアウトを整えやすく、文字量が多くても読みやすい傾向があるからです。

  • 提出前に必ず誤字脱字を確認する

    提出する前に必ず誤字脱字の確認をしてください。正式なビジネス文書である職務経歴書に誤字脱字があると、マイナス評価に直結します。

6.職務経歴書についてのQ&A

職務経歴書に関して、よくある疑問・質問をQ&A形式でまとめました。

  • 「自己PR」発掘診断

    自分にはアピールできる経験や実績がありません。そんなときは何を書くのがよいでしょうか。
    アピールポイントが何もないのではなく、自分で気づいていないだけかもしれません。 そこで経験職種と16問の設問に答えるだけで、あなたのアピールポイントを「課題解決力」「現状把握力」といったポイント別に診断する、「自己PR」発掘診断をご用意しました。 特別なスキルやアピールできる経験・実績がない…と悩んでいる方は、さっそく診断してみましょう(会員登録は不要です)。
  • 「履歴書の学歴・職歴欄の正しい書き方と内容」

    何度か部署異動をしています。職歴にはすべて書く必要がありますか?
    職歴は時系列で、短期間しか勤務していない場合でもすべて正確に書きましょう。社名や所属部署も正式名称で明記します。 部署異動や昇格があった場合には、その旨も記入してください。「履歴書の学歴・職歴欄の正しい書き方と内容」の記事では、 学歴・職歴欄で部署異動についてどう書くかを解説しています。 あなたの生年月日から、入学・卒業年月を自動計算する機能も用意していますので、ぜひ参考にしてください。
  • 「履歴書を提出するときの送付状・添え状の書き方」

    面接に履歴書と職務経歴書を持参するように言われました。添え状は必要ですか?
    書類を企業に持参したり、面接官に手渡ししたりする場合は、送付状・添え状をつける必要はありません。 書類をクリアファイルに挟んだうえで封筒に入れて持参し、面接官に渡す際に、クリアファイルを封筒から出して渡しましょう。 書類を郵送するときは、送付状・添え状を同封するのがマナーです。
    「履歴書を提出するときの送付状・添え状の書き方」の記事に、送付状・添え状の正しい書き方をまとめています。 提出月ごとの時候のあいさつの例など、具体的に解説していますので、参考にしてください。
質問に答えるだけでカンタンに職務経歴書作成ができる!
レジュメビルダーで書類作成する
あなたの自己PRポイントを診断!履歴書作成もこれで迷わない
「自己PR」発掘診断を受ける
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校