スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える DODA

履歴書・職務経歴書・応募

職務経歴書の書き方講座

転職活動を進める上で、重要なポイントとなるのが職務経歴書。あなたの実績をアピールする大切な材料なだけに、「なかなか筆が進まない」「自分のアピールポイントのまとめ方が分からない」など、戸惑ってしまうことも少なくありません。ここでは、あなたの魅力を漏れなく伝える職務経歴書を作成するためのポイントから、職種ごとのサンプルなど、お役立ち情報をご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

職務経歴書は何のための書類? ~企業が職務経歴書に求める役割とは~

応募書類の1つである職務経歴書は、あなたがこれまで社会人として培ってきた経験や実績をアピールするためのツールです。具体的な仕事のエピソードを通じて、企業は「あなたがどんな実務能力を身につけているのか」「あなたがキャリアに何を求めているのか」「あなたの強みや能力が何か」を見極めようとしています。

職務経歴書では、数字や成果物といった目に見える実績だけでなく、仕事のプロセスや、仕事に対する意欲や熱意といった点も評価のポイントになります。これらの情報は「あなたが入社した後、どのように会社になじみ、どのように活躍してくれるのか」をイメージするための材料となるからです。だからこそ、複数の企業で同じ内容の職務経歴書を使い回すことは絶対にNG!誰でも書ける通り一遍の内容ではなく、応募したい企業ごとに、その企業が何を求めているのかを踏まえながら、あなたならではの強みをしっかりと書き分けてください。

職務経歴書で企業が見ているポイント

  • 誤字・脱字がないか
  • 書類のレイアウトは見やすいか
  • 職歴の羅列ではなく、プロセスや成果が語られているか
  • 実務内容が自社と関連があり、評価できるか
  • 過去の職歴や転職理由に一貫性があるか
  • 能力・強み・長所などに客観性があるか
  • 仕事への意欲や熱意を感じられるか
5つのステップで正しい職務経歴書が作れる!レジュメビルダーなら、入力ガイドに沿って空欄を埋めるだけで、そのまま企業に提出できる職務経歴書が作れます。レジュメビルダーを利用する

職務経歴書の書き方を学ぼう! ~基本ルール・サンプルダウンロード・自己PRなど~

応募書類をブラッシュアップしたい方はキャリアアドバイザーに相談しませんか?
エージェントサービスに申し込む(無料)
5つのステップで正しい職務経歴書が作れる!レジュメビルダーなら、入力ガイドに沿って空欄を埋めるだけで、そのまま企業に提出できる職務経歴書が作れます。レジュメビルダーを利用する
このエントリーをはてなブックマークに追加

新着コンテンツNEW!