スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える。DODA(デューダ)

職務経歴書

職務経歴書の書き方  完全ガイド

~見本、フォーマット、ダウンロード~

職務経歴書の書き方を基本から完全ガイドします。書式や体裁、書くべき内容・項目、テンプレート(見本)など、転職活動が初めての人もそうでない人も、書き始める前に確認してみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

1.職務経歴書をPC(パソコン)で作るときの書式と体裁

何を書くかの前に、用紙や枚数など書式と体裁を確認しましょう。ビジネス文書の作成マナーに通じることでもありますので、書式や体裁で不備があると、内容を読んでもらう前に「不採用!」と思われてしまいます。社会人経験の長さにかかわらず、改めて基本をチェックしましょう。

2.職務経歴書に書くべき内容・項目

職務経歴書に書く内容や項目はほぼ決まっています。人事担当者や現場の上司に当たる人があなたの職務経歴書を読んで、「今までどんな仕事をしてきたのか?」「任せたい仕事をきちんとこなせる人なのか?」「前向きに働いてくれる人なのか?」を判断できるような内容にまとめましょう。

画像:職務経歴書
  • 1.タイトル・氏名・日付
    タイトル、氏名、日付は真っ先に目に入ります。間違えようがないと思うかもしれませんが、だからこそケアレスミスを避けたいものです。もっと詳しく
  • 2.要約・概要
    冒頭に、自分自身の職務経歴の“まとめ”を書いておきます。下に書かれている職務経歴に目を通す前に“あらすじ”がまとまっていると、読む側は理解しやすくなります。もっと詳しく
  • 3.勤務中の企業
    あなたがどんな会社で働いているのかを知ってもらいます。社名、企業規模、おもな事業内容、業界内のポジション、などです。離職中の場合は直近まで働いていた会社について書きます。もっと詳しく
  • 4.職務経歴・職務内容(職歴)
    あなたが今までにどんな仕事をしてきたか、どんなキャリアを積んできたのかを企業に伝える、職務経歴書の中で最も重要なパートです。もっと詳しく
  • 5.活かせる知識・スキル
    PCスキルや語学力のほかに、職務経歴に基づく業務スキルや、どんな職種にも共通するビジネススキルなども書いておくとよいでしょう。もっと詳しく
  • 6.資格・免許
    今までに取得した資格・免許を列記します。資格や免許は実務経験とセットになっていると評価につながりますので、業務に関連したものを優先して書きましょう。もっと詳しく
  • 7.自己PR
    応募先企業に自分の強みを伝え、「入社後に活躍してくれそうな人だ」とイメージしてもらいます。「自画自賛するようで恥ずかしい」と思わずしっかりとアピールしましょう。もっと詳しく
  • 8.志望動機
    なぜその会社に入りたいのか、なぜその仕事をしたいのかを伝えます。志望動機は転職理由とつじつまが合っていないと説得力に欠けてしまいます。もっと詳しく
  • 9.退職理由・転職理由
    退職理由や転職理由は、面接ではほぼ必ず聞かれますが、実は職務経歴書に書く必要はありません。しかし、この2つをしっかり考えておかないと、職務経歴書の自己PRや志望動機がちぐはぐになりがちです。もっと詳しく
  • 10.書かないこと
    では、職務経歴書に書かなくてもいいことは何でしょう。履歴書に書いてある個人情報や学歴は必要ありません。写真も貼る必要はありません。もっと詳しく

3.職務経歴書のテンプレート(見本) 職種別にダウンロードできます

80以上の職種の職務経歴書テンプレートを用意しました。職種ごとの書き方のポイントもご紹介しています。
現職の(または直近の)職種に合ったものを選んで参考にしてみてください。見本のWordファイルをダウンロードできますので、自分自身の職務経歴に書き換えてご利用ください。

職種・業種別

ステージ別

4.職務経歴書の自動作成ツール(レジュメビルダー)

職務経歴書に何を書くかは分かったけれど、ゼロから作るのは難しそう…と尻込みしそうになる人は、DODAオリジナルの自動作成ツールを使ってみませんか。画面の項目に従って入力するだけで、Word形式の職務経歴書ができあがります。気軽にサクサク作成してみましょう。
※ご利用にはDODA会員登録が必要です。

ご希望の職種と勤務地から求人情報を検索
転職のプロのアドバイスで職務経歴書をもっとパワーアップ!
エージェントサービスに申し込む(無料)
いきなり職務経歴書を書き始める前に自分の仕事スタイルを知っておきませんか
キャリアタイプ診断
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連コンテンツ