スマートフォン版で表示

面接

転職の面接で「最後に何かご質問は?」と言われたら…
一次・二次・最終面接逆質問
~例文つき~

このエントリーをはてなブックマークに追加

「逆質問で最後のアピール!」と意気込んでも、聞くことと聞く相手を間違えては逆効果というもの。「最後に何かご質問は?」と言われたら、「自分がこの会社に転職したら活躍できるか?」の判断材料をゲットしつつ、面接官に「いい質問ですね!」と印象づけられる逆質問を用意しておきましょう。

  • 一次面接
    の逆質問

  • 二次面接
    の逆質問

  • 最終面接
    の逆質問

一次面接の逆質問

全社的な制度や事例、次回面接の情報を入手しよう

一次面接は人事部の担当者が面接官を務めることが多く、全社的な制度や中途入社者の活躍事例などを逆質問するのが適しています。また、二次面接の対策のための質問も入社意欲や熱意を伝えられるでしょう。

誰が面接官?

人事部の採用担当者

面接官はどこを見てる?

社会人経験の長さに伴ったビジネススキルやコミュニケーションスキルを見ています。会社のカルチャーとの相性もチェックのポイントです。

逆質問の例

  • 御社で活躍している方に共通する特徴はありますか?
    活躍している人の特徴は会社のカルチャーを反映しているものです。特定の部署だけでなく、会社全体について語れる人事部が面接官ならではの逆質問です。
  • 入社後の研修期間は、中途入社者全体の研修と部署別の研修に分かれているのですか?
    研修や教育など制度について逆質問するなら人事部に逆質問するのが的確です。
  • (女性の場合)出産・育児と両立している女性社員はいらっしゃいますか?
    ライフイベントと仕事の両立の事例は人事部に情報が集約されているもの。職場の実態を確認しつつ、両立して働き続けたいという意思をアピールできます。
  • 次の面接官の方は、私の職歴の○○と△△とどちらに興味をお持ちになるでしょうか?
    二次面接は現場の上司が面接官になることが多く、スキルや知識、職務経歴が話の中心になります。その面接対策のための情報を一次面接で得ておくのは賢いやり方です。ただし、「もし、今回の選考に通過した場合ですが」といった前置きをつけましょう。

二次面接の逆質問

自分が働く具体的なイメージを描いて質問しよう

二次面接の面接官は入社後の上司にあたる人が務めることが一般的。即戦力として求められている業務のレベルや、チーム内でどんな役割を期待されているのかを逆質問するとよいでしょう。

誰が面接官?

入社後に上司にあたる現場の人

面接官はどこを見てる?

任せたい業務に必要なスキルや知識があるかなど、即戦力として活躍できる人材かを確認しようとしています。既存のチームメンバーとの相性やバランスも見ています。

逆質問の例

  • いま現場で最も重視している数字は売上金額と新規件数ということになりますか?
    現状の課題を数字の面で確認します。入社後に求められること、何を頑張れば評価されるのかなど、入社後の仕事のイメージが具体的に描けていることのアピールです。
  • 提案や分析に必要なマーケティングデータや実績データは自由に扱えるのでしょうか?
    日常的な業務の進め方を確認しつつ、データをもとに仮説立てて提案するという仕事スタイルのアピールにもなる逆質問です。
  • 個人目標はどのように設定されますか?数字以外の成果は評価の仕組みがありますか?
    営業部署に限らず評価の軸は仕事のやりがいに大きく影響します。面接の時点で目標について逆質問することで、仕事の成果を意識していること示します。
  • 一次面接で「顧客第一が社風」と伺いました。企画部ではどんな面に表れていますか?
    一次面接で得た情報をもとにした質問の例です。前回と今回の面接での話を結びつけて理解していることをアピールできます。

最終面接の逆質問

長く勤めることを意識して、経営層だからこそ聞きたいことを用意

最終面接は社長や役員クラスが面接官。威圧感や貫禄にたじろいで「(質問は)特にありません」なんて言ってしまいそうになりますが、採用の最終判断を下す立場の人なので、入社意欲を示す逆質問を心がけましょう。評論家のような物言いにならないように気を付けましょう。

誰が面接官?

役員や社長

面接官はどこを見てる?

入社意欲、会社の将来性・方向性と合っているかなどを見ています。担当業務や配属部署だけでなく会社全体の利益を意識したうえで長く勤めてくれる人かどうかを判断します。

逆質問の例

  • 商品のターゲットを拡大することはお考えでしょうか?
    足元の業務だけでなく先々の展開も視野に入れていることをアピールする逆質問です。
  • ITの導入で社内の効率化が進んだ場合、社員はどこに注力すべきとお考えでしょうか?
    世の中のトレンドや企業の戦略、それらと個人の行動を結びつけて意識していることをアピールする逆質問です。
  • この部門はこの先も増員していく計画がありますか?
    担当業務の組織や事業が成長・拡大していくかどうかを尋ねることで、その成長に貢献する意欲があることを示します。
  • 昨年の商品リニューアルによる最も大きな変化は何だったのでしょうか?
    商材の動向を理解していることと、さらに、施策の実行だけでなく、実施後の結果と分析にも関心を持っていることのアピールになります。

関連コンテンツ

面接官と応募者のギャップを学んで失敗のない面接対策を!
面接力アップセミナーに申し込む
面接の準備をしながら応募する求人を探そう
新着求人ページを見る
あなたならではの効果的な逆質問転職のプロのアドバイスを参考に!
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 一次面接
    の逆質問

  • 二次面接
    の逆質問

  • 最終面接
    の逆質問

新着コンテンツNEW!