スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

面接での正しい自己紹介の仕方と回答例文

転職活動の面接では多くの場合、最初に自己紹介を求められます。自己紹介はただ名乗るだけでなく、経歴を端的にまとめて面接官に興味をもってもらうことが重要です。好印象を持ってもらえる自己紹介のポイントや回答例文を紹介するので、面接対策に役立ててください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

面接官が自己紹介を求める理由

応募書類を見れば応募者の基本的な情報は記載されていますが、面接官は書類上では分からない応募者の性質を把握しようとしています。自己紹介は面接の第一印象を決める重要なものです。

面接冒頭の始まりのあいさつ・アイスブレイク

面接をスムーズに始めるための手段として、自己紹介が求められることもあります。本番では、応募者は特に緊張して硬くなりがちです。面接官は自己紹介を挟み、会話のきっかけを作ることで応募者の緊張をほぐし、より普段の状態に近い本人を知ろうと考えています。

応募者のコミュニケーション能力を確認するため

面接の冒頭での受け答えから、コミュニケーション能力をチェックしていることもあります。質問内容に沿った、ふさわしい返事が返せるかどうかで第一印象が左右されます。簡潔で的を射た説明となるように心がけましょう。

応募者の人柄・経歴を簡単に把握し、後の質問に活かすため

面接官は、自己紹介の内容を踏まえたうえで、応募者の経歴やスキルに関する質問を始めます。そのため、この後の面接でアピールしたい経験やスキルを端的に先出しできるとなおよいでしょう。

面接でよく聞かれる5つの質問の回答例文と対策の仕方を紹介します。

面接の自己紹介で伝える項目

転職の面接で伝える自己紹介の内容について解説します。自己紹介は面接の最初のパート。その後の面接に備えて、短い時間で簡潔に自分のことを面接官に伝える必要があります。そのため、自己紹介で伝える内容はあらかじめ整理しておきましょう。

名前

まず、最初に名前を伝えます。シンプルに「転職花子と申します」のように伝えましょう。一言目は緊張するかもしれませんが、面接官の目を見て、早口になりすぎないようゆっくり、はっきりと答えましょう。

現職での仕事内容・役割

現在の仕事内容と役割について説明します。例えば「株式会社〇〇で経理を2年間担当し、□□社で3年間、決算業務や固定資産管理などを担当しました」のように、具体的な社名と年数、担当業務について簡潔に述べましょう。

現職での実績や身につけたこと

現在の仕事での実績や獲得したスキルについて簡潔に説明します。ただし、面接官の質問の仕方によって臨機応変に答え方を変えるようにしましょう。企業が必要とする業務経験や求める人材像などを参考にしてアピールするポイントを絞り、過去のエピソードを具体的な数字を含めながら話します。

簡単な志望理由

なぜその会社に応募しようと思ったのか、志望理由についても簡単に説明しましょう。現在の仕事で身につけたスキルに触れ、「現職で培った状況分析能力を御社でも活かしたい」のように説明すると説得力が生まれます。また、最後に「本日はよろしくお願いします」と一言添えて自己紹介を締められると好印象です。

面接でよく聞かれる5つの質問の回答例文と対策の仕方を紹介します。

面接で自己紹介するときのポイント

面接の所要時間は短くて20分、長くて1時間程度が一般的です。わずかな時間で判断されるので、第一印象となる自己紹介は重要な要素です。また、話の内容に具体性があり、質問に対する回答ができていると好印象です。面接の自己紹介の際に注意したいポイントについてそれぞれ詳しく解説していきます。

1~2分程度にまとめる

自己紹介があまりにも長くなると、何を伝えたいのか焦点がぼやけてしまいます。経歴や志望動機を詳しく話し始めると終着点を見失ってしまうこともあるので、1~2分程度にまとめられるよう準備しておきましょう。

面接官が気にしていそうなところを、要点を抑え簡潔にまとめる

自己紹介で面接官が注目しているポイントは前述したとおりですが、特に気になっているのは今までの経験やスキルに関する内容でしょう。これまでどのように会社に貢献してきたかを分かりやすくまとめる必要があります。

また、質問の仕方から、何に注目しているのかをある程度つかむことができます。例えば、「弊社を受けようと思った理由を踏まえて自己紹介してください」と言われた場合、明らかに志望理由を簡潔に伝えることが求められています。準備してきた自己紹介のまま答えるのではなく、臨機応変に対応しましょう。

第一印象に気を配る

人の第一印象に影響する要素の割合は、姿勢・目線・表情などの外見が55%、声の大きさ・話すスピードが38%、話の内容が7%といわれています。
第一印象を良くするためにも、鏡で見たり動画を撮影したりして、普段気づかない自分の姿勢や見た目等をチェックしましょう。そして、大きな声で明るくゆっくりと話すことを意識してみてください。また、状況や場面に応じた対応ができることを証明するためにも、ていねいな言葉遣いと謙虚な姿勢を心がけてください。

好印象をもってもらうために、身だしなみのポイントを押さえておきましょう。

面接での自己紹介の質問例 OK回答例文・NG回答例文

面接での自己紹介の聞かれ方には、さまざまなパターンがあります。それぞれの聞かれ方に対してどのように答えることができるのか、具体例を挙げて解説するので、ぜひ参考にしてください。

「簡単に自己紹介してください。」に対する回答例文

【OK回答例文】
転職花子と申します。本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。私は、○○大学を卒業後、株式会社△△で経理を2年間担当し実務経験を積んできました。その後株式会社□□で3年間、決算業務や固定資産管理などを担当し、業務処理のスピードと正確性を磨いてきました。このような経験が御社でも活かせると考え、応募いたしました。本日はどうぞよろしくお願いいたします。

【OKポイント】
・名前から始まり、お礼も伝えている。
・経歴とスキルのアピールも簡潔にできている。
・締めのあいさつがある。

【NG回答例文】
学生時代にはサッカー部の主将として、部員をまとめてきました。また、地区大会で優勝した経験から、努力をして結果を残すというのがどういうことか理解しています。

【NGフィードバック】
・学生時代のエピソードがNGなわけではないが、中途採用の面接なので、冒頭の自己紹介で話すのは避ける。

「職歴、PRを交えて自己紹介をしてください。」に対する回答例文

【OK回答例文】
転職花子と申します。本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。前職では○○事業において、Webサイトの設計とデザインを担当しておりました。実績としては、1年間で受注案件数110%増の達成があります。達成の要因は、リリース後まで見通し綿密な計画を立てたこと、設計段階からマーケティングリサーチを行ってデザインに反映したこと、そのうえで公開後の数字の予測を立て期間ごとの評価スキームを作り、アフターフォローを徹底したことにあると考えています。このように実績を重視しプロジェクト全体を見通す力は、きっと御社のお役に立つと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

【OKポイント】
・業務において何に注力して普段仕事をしているのか話しているので、求人の要件に合った人材かどうか判断しやすい。
・自己分析も交えて自身の強みをアピールしているので、活躍イメージが湧く。

【NG回答例文】
転職花子と申します。本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。性格は明るく、誰とでも屈託なく話すことができます。そのため、友達が多く、飲み会ではいつも幹事を務めています。どうぞよろしくお願いいたします。

【NGフィードバック】
・性格的な特徴なので中途採用の面接では不適切。

「○○さんについて教えてください。」に対する回答例文

【OK回答例文】
転職花子と申します。本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。私は現在の職場でパソコン販売の法人営業を行っています。現在は大手衣料品メーカーなど、18社の顧客を抱えています。実績としては上半期目標の115%を達成し、営業担当38名中1位の売り上げを作ることができました。その要因は、ニーズを的確に把握したことにあると考えています。食品系の会社はIT化に出遅れているという情報を得て、大手食品メーカーに話を聞きに行きました。ヒアリングを重ねクライアントのニーズを把握し、自社パソコンによるIT化が具体的にどれほどの利益を生み出すか算出して提案しました。その結果、顧客獲得につながり売り上げを達成できました。このようなニーズ把握力を活かし、御社での新規顧客獲得に貢献したいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

【OKポイント】
・職務概要を簡単に伝えたのちに実績を、数字をもってアピールできている(38名中1位という具体的な順位の出し方もGood)。
・成果を出せるプロセスを端的に話しており、短い内容の中にも考えて行動していることがよく分かる。
・最後に自身の強みを転職先でどう活かしたいか端的に伝えることで意欲を感じられる。

【NG回答例文】
転職花子と申します。本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。私は現在の職場でパソコン販売の法人営業を行っています。今まで培ってきた経験を活かし、御社での新規顧客獲得に貢献したいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

【NGフィードバック】
・簡素すぎて職歴・PRを交えた自己紹介としては物足りない印象がある。
・具体性に欠け、応募者の経験のレベルを客観的につかむことができない。
・ほかの営業パーソンと比べて自身の強みがどこにあるのか際立たせて話すと良い。

「弊社を受けようと思った理由を交えて自己紹介をお願いします。」に対する回答例文

【OK回答例文】
転職花子と申します。本日は貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。私は現在の職場である〇〇百貨店で、紳士服の売り場を担当しています。新卒で入社してから5年になりますが、お客さまにもっと寄り添ったお仕事がしたいと思い、御社に応募いたしました。御社では化粧品を販売するという特性上、お客さまとの関係が密なものになるため、現職で身につけた提案力が活かせるのではないかと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

【OKポイント】
・応募先の会社でやりたいことがはっきりしている。
・提案力という強みをアピールし、即戦力になることを示している。

【NG回答例文】
転職花子と申します。今の職場では上下関係がうるさく、いつも40代の上司の顔色をうかがって過ごしているため、思うような仕事ができていません。御社のホームページを見たところ、風通しの良い職場であるとアピールされていたので志望しました。

【NGフィードバック】
・転職理由が本当にネガティブなことであったとしても、現在の職場の悪口は絶対にNG。
・応募先に貢献することを念頭に答える。

面接の自己紹介でやりがちな失敗例

面接の自己紹介では、簡潔に要点をまとめて話すことが求められます。アピールしたいという気持ちが先立つと、逆に印象が悪くなってしまうかもしれません。やりがちな失敗について解説するので、本番に役立ててください。

盛り込みすぎて要点が見えにくくなる

できるだけ自分のことをよく知ってもらいたいと考えると、ついあれもこれも自己紹介に盛り込んでしまいがちです。しかし、あまりにも内容を盛り込みすぎると、何を伝えたいのか要点が見えにくくなってしまいます。優先して伝えることを決めて、簡潔に話すようにしましょう。

これまでの経歴を時系列に長々と話してしまう

自己紹介で経歴について話すときに、時系列ですべて説明すると話が長くなりすぎ、何を伝えたいのかが分かりにくくなってしまいます。経歴が長くなる場合は、現職や、面接先と関係のある業種に絞って話しましょう。

転職理由や志望理由の詳細まで話してしまう

自己紹介では、志望理由についても少し触れますが、あくまで簡単に話すようにしましょう。後で転職理由や志望理由をじっくり伝えるためにも、まだ聞かれていないうちから詳しく話さないことが大切です。

<まとめ>自己紹介は簡潔に分かりやすく臨機応変に

転職時の面接で自己紹介を求められた際の答え方やポイントを例文とともに解説しました。面接の際にスムーズに自己紹介できるように、簡潔で分かりやすい文章をあらかじめ考えておきましょう。そして、本番では目の前の面接官に伝えるために、頭の中の台本を読まず臨機応変に対応することが大切です。

dodaエージェントサービスでは転職のプロが面接対策について詳しくアドバイスしています。自己紹介はじめ、面接に不安のある方は、ぜひキャリアアドバイザーにご相談ください。

キャリアアドバイザーが採用担当者目線で面接のポイントをアドバイス
エージェントサービスに申し込む(無料)
面接の自己紹介でアピールできるあなたが本来持つ強みを見つけよう
自己PR発掘診断を受けてみる
志望企業を想定した面接練習をしてみよう
面接個別相談に申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

\ dodaは求人数10万件以上! /

エージェントによる履歴書作成や
面接対策のサポートも充実!

会員登録する(無料)

ログインはこちら

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?
ハイクラス転職サービスdodaX

  • doda転職オンライン予備校