スマートフォン版で表示

月次転職マーケットの”今”を知る! 2019年8月8日発表

転職求人倍率レポート(2019年7月)

「転職求人倍率」は、dodaエージェントサービスの直近のデータを用いて、いまの転職マーケットを読み解く、dodaオリジナルのコンテンツです。業種、職種別に転職の難易度がわかりますので、転職活動の計画を立てるときに役立ちます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

全体:求人倍率は2.48倍。求人数は最高値を更新し、7業種・10職種で求人数が前月から増加

2019年7月の転職市場の概要

・2019年7月の求人倍率は2.48倍(前月比+0.13pt/前年同月比-0.03pt)。
・求人数は前月比101.3%、転職希望者数は前月比96.0%。
・求人数は前年同月比113.3%、転職希望者数は前年同月比114.7%。
・求人数は調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新。

・業種別では、8業種(「その他」を除く)のうち「サービス」を除く7業種で求人数が前月比で増加。
前月比で求人の増加率が特に高かったのは、「商社・流通」(前月比104.2%)、「メディカル」(前月比103.9%)。
前年同月比で求人の増加率が特に高かったのは、「金融」(前年同月比142.2%)、「商社・流通」(前年同月比132.8%)。
・職種別では、11職種のうち「営業系」を除く10職種で求人数が前月比で増加。
前月比で求人の増加率が特に高かったのは、「技術系(建築・土木)」(前月比105.5%)、「技術系(メディカル)」(前月比104.8%)。
前年同月比で求人の増加率が特に高かったのは、「技術系(建築・土木)」(前年同月比138.9%)、「事務・アシスタント系」(前年同月比137.8%)。

2019年7月の転職マーケット

転職求人倍率・求人数・転職希望者数【グラフ】

7月の求人倍率は、前月比では0.13pt上昇の2.48倍となりました。7月は第2四半期や半期のはじめに当たる企業も多く、新たに募集が始まったポジションもあったため、求人数は前月比101.3%と増加し、調査開始以来の最高値を更新しました。

一方、転職希望者数は6月に増加した反動で減少しました。求人数が増加し、転職希望者数は減少したため、求人倍率は上昇しました。

前年同月比では、求人倍率は0.03pt下降しましたが、転職活動を始める人が多く、転職希望者数の増加幅が求人数のそれを上回ったためで、前年同月比は、求人数は113.3%、転職希望者数は114.7%でした。

求人数は前年比で1割以上多い状態が続いており、転職希望者にとっては良い状態が続いています。

業種別:最も求人の増加率が高かったのは、前月比では「商社・流通」、前年同月比では「金融」

業種 求人倍率 前月比 前年同月比 求人数 転職希望者数
全体 2.48   0.13   -0.03 - -
IT・通信 7.24   0.53   0.64 10+ 10+
メディア 2.04   0.06   -0.37 9 4
金融 1.68   0.11   0.32 10+ 7
メディカル 2.20   0.17   0.03 10+ 5
メーカー 1.95   0.09   -0.11 10+ 10+
商社/流通 1.15   0.07   0.19 6 5
小売/外食 0.89   0.05   0.10 10+ 10+
サービス 2.72   0.10   -0.10 10+ 10+
その他 1.13   0.11   -0.66 5 5

求人倍率は、前月比では8業種(「その他」を除く)すべてで上昇しました。前年同月比では上昇幅の大きな順に、「IT・通信」「金融」「商社・流通」「小売・外食」「メディカル」の5業種で上昇しました。

求人数は、前月比では8業種のうち「サービス」を除く7業種で増加。
前年同月比では8業種すべてで求人数が増加しました。

前月比で求人の増加率が特に高かった「商社・流通」(前月比104.2%)では、電気・機械系の専門商社での採用が活発です。営業職だけでなく、技術系や企画系の職種の求人数も増加しています。

「メディカル」(前月比103.9%)では、CSO(Contract Sales Organization:医薬品販売業務の受託機関)でMRの求人数が増えました。また、福祉・介護関連サービスの需要の高まりを受けて、施設のマネジメント職の求人も増加しています。

前年同月比で求人の増加率が特に高かったのは「金融」(前年同月比142.2%)で、保険代理店で採用が活発です。全国各地に来店型のショップを展開し、増員を図る動きがみられます。

「商社・流通」(前年同月比132.8%)は前年同月比でも増加率の高い業種となりました。

業種別の転職求人倍率【グラフ】

職種別:最も求人の増加率が高かったのは、前月比、前年同月比ともに「技術系(建築・土木)」

職種 求人倍率 前月比 前年同月比 求人数 転職希望者数
全体 2.48   0.13   -0.03 - -
営業系 2.25   -0.01   -0.22 10+ 10+
企画・管理系 2.01   0.07   0.04 10+ 10+
技術系(IT・通信) 9.73   1.08   1.67 10+ 6
技術系(電気・機械) 4.29   0.05   -0.22 10+ 9
技術系(メディカル) 1.70   0.20   -0.37 4 3
技術系(化学・食品) 1.34   0.02   0.04 5 4
技術系(建築・土木) 5.49   0.43   0.83 10+ 5
専門職 6.99   0.31   0.52 10+ 2
クリエイティブ系 1.70   0.09   -0.57 7 4
販売・サービス系 0.98   0.06   -0.20 10+ 10+
事務・アシスタント系 0.29   0.02   0.05 5 10+

求人倍率は、前月比では「営業系」を除く10職種で上昇しました。前年同月比では上昇幅の大きな順に、「技術系(IT・通信)」「技術系(建築・土木)」「専門職」「事務・アシスタント系」「企画・管理系」「技術系(化学・食品)」の6職種で上昇しました。

求人数は、前月比では11職種のうち「営業系」を除く10職種で増加。
前年同月比では11職種のうち「営業系」「クリエイティブ系」を除く9職種で増加しました。

前月比で求人の増加率が特に高かった「技術系(建築・土木)」(前月比105.5%)では、引き続き施工管理のニーズが高く、設備施工管理の伸びが顕著でした。またプラント関連の技術者の採用が活発です。「技術系(建築・土木)」は前年同月比でも138.9%と11職種で最も高い増加率となりました。

「技術系(メディカル)」(前月比104.8%)では、受託機関でCRA(臨床開発モニター)やCRC(治験コーディネーター)、DM(データマネジメント)などの臨床開発職の求人が増加しています。

前年同月比で求人の増加率が2番目に高かった「事務・アシスタント系」(前年同月比137.8%)では、営業事務や一般事務の求人数が増加しています。

職種別の転職求人倍率【グラフ】

2019年8月以降の転職マーケット

8月以降も転職市場の求人数は、月ごとには増減はありつつも、中長期でみると緩やかに増加が続く見通しです。既存事業で得た利益を新規事業や注力事業に回し、事業拡大を狙う企業も多く、中途採用で経験のある人を採用し、事業成長を加速させたいと考える企業が増えています。

例年8月は、夏季休暇などの影響で1年の中でも転職希望者が減少する時期にあたります。一方で、時間の使い方によっては、まとまった時間がとれるため、転職希望者は、職務経歴書の作成や応募先の選定などを集中して行うことができる時期でもあります。

企業側は、上半期の採用予定の求人の充足に向けて、8月後半から9月は中途採用に特に力を入れる時期となりますので、早めに転職をしたいと考えている方は、9月までに集中して転職活動を行うのがよいでしょう。

転職求人倍率の定義

「転職求人倍率」は、dodaエージェントサービスの登録者1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値です(小数第三位を四捨五入)。

【算出式】転職求人倍率=求人数(採用予定人数)÷転職希望者数

【求人数】①当月中に新たに登録された新規求人数(採用予定人数)と、②前月からの繰越求人数(採用予定人数)の合算。

【転職希望者数】 ③当月中に新たに登録した新規登録者数と、 ④前月から継続登録している繰越登録者のうち当月1件以上の求人に応募した登録者の数を合算。

※求人数、転職希望者数ともに、dodaエージェントサービスに登録された求人、登録者を算出対象としています。
※繰越登録者数は、当月からさかのぼって6カ月以内の新規登録者数です。
※転職希望者の「業種」「職種」は、希望する業種・職種ではなく、直近の仕事の業種・職種です。

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

いま旬の求人を、転職のプロが提案します
エージェントサービスに申し込む(無料)
最新の求人情報を見てみよう
新着の求人一覧を見る
あなたにはどんな職場が合っている?自分のキャリアタイプを知ろう
キャリアタイプ診断を受ける

データを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなは何歳で転職している?~転職成功者の年齢調査(2019年上半期)~