スマートフォン版で表示

ランキング・データ・調査

月次転職マーケットの”今”を知る! 2018年10月9日発表

転職求人倍率レポート(2018年9月)

「転職求人倍率」は、dodaエージェントサービスの直近のデータを用いて、いまの転職マーケットを読み解く、dodaオリジナルのコンテンツです。業種、職種別に転職の難易度がわかりますので、転職活動の計画を立てるときに役立ちます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

全体:求人倍率は2.35倍。前年同月比では-0.01ptと、転職先の選択肢が多い状況が続く

2018年9月の転職市場の概要

・2018年9月の求人倍率は、2.35倍(前月比-0.12pt/前年同月比-0.01pt)。
・求人数は前月比98.0%、転職希望者数は前月比103.0%。
・求人数は前年同月比108.4%、転職希望者数は前年同月比108.9%。

業種別では、8業種(「その他」を除く)のうち「金融」で求人数が増加。
「金融」の求人数の増加率は前月比104.3%。
前年同月比で求人数が特に伸びたのは、「メーカー」(前年同月比119.9%)、「金融」(前年同月比114.0%)。

職種別では、11職種のうち「営業系」で求人数が増加。
「営業系」の求人数の増加率は前月比101.5%。
前年同月比で求人数が特に伸びたのは、「販売・サービス系」(前年同月比124.9%)、「技術系(電気・機械)」(前年同月比124.2%)。

2018年9月の転職マーケット

転職求人倍率・求人数・転職希望者数【グラフ】

9月の求人倍率は2.35倍となり、前月比では-0.12ptと下降しましたが、前年同月比では-0.01ptとほぼ同じ水準となりました。

求人数は、前月と比較すると、9月は上半期末にあたり4~8月に募集を始めたポジションの採用に力を入れる企業が多く、追加で募集を始める求人の数が少なかったため、減少しました。求人数の下がり幅は前月比98.0%と前年と同じ割合で、一時的な減少と考えられます。

一方で、転職希望者数は引き続き多い状態が続いており、9月は多くの企業で異動の内示が出る時期でもあったため、転職を一つの選択肢として活動を始める方が多かったと考えられ、前月比103.0%となりました。

前年同月と比較すると、求人数は108.4%、転職希望者数は108.9%と、ともに1割弱ほど伸びており、前年と同じくらい転職先の選択肢が多い状況となっています。求人のバリエーションが広がっており、前年にはなかった求人もあるなど、転職活動をする人にとってよい状態が続いています。

業種別:前月から求人数が増えたのは「金融」。前年同月比では「メーカー」で最も求人数が増加

業種 求人倍率 前月比 前年同月比 求人数 転職希望者数
全体 2.35  -0.12  -0.01 - -
IT・通信 6.14   -0.27   0.16 10+ 8
メディア 1.79   -0.32  -0.87 6 3
金融 1.60   0.04  0.03 9 5
メディカル 1.73  -0.15  -0.55 7 4
メーカー 1.92   -0.12   0.18 10+ 10+
商社/流通 0.91   -0.09   0.03 4 5
小売/外食 0.87  - 0.05  -0.07 8 9
サービス 2.73   -0.13  0.00 10+ 10+
その他 1.73  0.29   0.36 6 4

求人倍率は、8業種(「その他」を除く)のうち「金融」で前月から上昇しました。前年同月比では求人倍率の上昇幅の大きな順に、「メーカー」「IT・通信」「金融」「商社・流通」の4業種で上昇しています。

求人数は、8業種のうち「金融」で前月から増加しました。増加幅は前月比104.3%となり、8月に引き続き生命保険会社や保険代理店の求人数が増えました。また、9月は仮想通貨取引所を運営する会社の求人数の増加が目立ちました。金融業界の求人全体に占める割合としてはわずかですが、大手企業の傘下の企業を中心に、他業界で関連したスキルを持つ人の採用に力を入れるようになっており、これまでの経験を活かして金融業界にチャレンジしたい方にはチャンスです。

前年同月比では、「メーカー」の求人数が前年同月比119.9%と8業種の中で最も伸びており、半導体や自動車部品などで求人数が多い状況が続いています。拠点や工場での採用も増えており、UターンやIターンを歓迎する企業も目立つようになっています。

業種別の転職求人倍率【グラフ】

職種別:前月から求人数が増えたのは「営業系」。前年同月比では「販売・サービス系」で最も求人数が増加

職種 求人倍率 前月比 前年同月比 求人数 転職希望者数
全体 2.35   -0.12   -0.01 - -
営業系 2.32   -0.01  -0.15 10+ 10+
企画・管理系 1.71   -0.12   0.07 10+ 10+
技術系(IT・通信) 8.04   -0.04   0.23 10+ 5
技術系(電気・機械) 4.81   -0.32   0.43 10+ 7
技術系(メディカル) 1.66  -0.26  -0.61 4 2
技術系(化学・食品) 1.23   -0.06   0.14 3 3
技術系(建築・土木) 4.17   -0.39   0.17 10+ 4
専門職 6.61   -0.39   0.62 10+ 2
クリエイティブ系 1.59   -0.20  -0.69 6 4
販売・サービス系 1.15   -0.07   0.13 10+ 10+
事務・アシスタント系 0.21   -0.02   -0.01 3 10+

求人倍率は、前月比では11職種すべてで下降したものの、前年同月比では求人倍率の上昇幅の大きな順に、「専門職」「技術系(電気・機械)」「技術系(IT・通信)」「技術系(建築・土木)」「技術系(化学・食品)」「販売・サービス系」「企画・管理系」の7職種で上昇しました。

求人数は、11職種のうち「営業系」で前月から求人数が増加しました。増加幅は前月比では101.5%となり、不動産仲介や生命保険で営業職の採用が活発です。また、営業代行を行う会社でも求人数が増加しており、案件の獲得のために、自社の営業職と並行してアウトソーシング会社を活用する企業も増えているようです。

前年同月比では、「販売・サービス系」の求人数が前年同月比124.9%と2カ月連続で最も伸びの大きな職種となり、携帯ショップのスタッフや、カスタマーサポートの求人が特に増えています。また、「技術系(電気・機械)」も前年同月比124.2%と増加しており、回路設計や機械設計の求人増加が顕著です。また、プロセスエンジニアの求人の増加幅が大きく、技術者とビジネスをつなぐ役割を担える人のニーズが高まっています。

職種別の転職求人倍率【グラフ】

2018年10月以降の転職マーケット

9月は時期要因により求人数が一時的に減少しましたが、10月は3月までの採用を目標とした募集が始まるため求人数は増加するでしょう。転職希望者の数は、年始から新しい会社に移ろうと転職活動を本格的に始める人が増えるため、10月に増加し、年末にかけて減少する傾向にあります。そのため、10月の求人倍率は9月と同じ水準か、やや下降する見込みです。

転職希望者が減る年末のほうが転職に有利な時期のようにみえますが、そうとも限りません。近年採用が難しい市況が続いているため、企業の採用担当者は応募者の中で自社の採用基準を満たす方がいれば、他の応募者を待たずに、できるだけ早めに内定を出す傾向が強まっています。今年度中に転職したいと考えている方は、下半期の求人の募集が始まった早い段階で応募していくことをおすすめします。

転職求人倍率の定義

「転職求人倍率」は、dodaエージェントサービスの登録者1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値です(小数第三位を四捨五入)。

【算出式】転職求人倍率=求人数(採用予定人数)÷転職希望者数

【求人数】①当月中に新たに登録された新規求人数(採用予定人数)と、②前月からの繰越求人数(採用予定人数)の合算。

【転職希望者数】 ③当月中に新たに登録した新規登録者数と、 ④前月から継続登録している繰越登録者のうち当月1件以上の求人に応募した登録者の数を合算。

※求人数、転職希望者数ともに、dodaエージェントサービスに登録された求人、登録者を算出対象としています。
※繰越登録者数は、当月からさかのぼって6カ月以内の新規登録者数です。
※転職希望者の「業種」「職種」は、希望する業種・職種ではなく、直近の仕事の業種・職種です。

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

いま応募すべき求人を、転職のプロが提案します
エージェントサービスに申し込む(無料)
最新の求人情報を見てみよう
新着の求人一覧を見る
あなたにはどんな職場が合っている?自分のキャリアタイプを知ろう
キャリアタイプ診断を受ける

データを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職フェア大阪11/1、2、3開催