スマートフォン版で表示

ランキング・データ・調査

月次転職マーケットの”今”を知る! 2018年6月11日発表

転職求人倍率レポート(2018年5月)

「転職求人倍率」は、DODAエージェントサービスの直近のデータを用いて、いまの転職マーケットを読み解く、DODAオリジナルのコンテンツです。業種、職種別に転職の難易度がわかりますので、転職活動の計画を立てるときに役立ちます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

全体:求人倍率は前月比+0.04ptの2.40倍。中途採用に力を入れる企業が多く求人数が増加

2018年5月の転職市場の概要

2018年5月の求人倍率は、2.40倍(前月比+0.04pt/前年同月比-0.06pt)。
・求人数は前月比102.2%、転職希望者数は前月比100.4%。
・求人数は前年同月比111.2%、転職希望者数は前年同月比114.2%。

業種別では、8業種(「その他」を除く)のうち「メディア」「金融」「メディカル」「メーカー」「小売・外食」「サービス」の6業種で求人数が増加。
前月比で求人数が特に伸びたのは、「金融」(前月比111.6%)、「メディカル」(前月比106.0%)。
前年同月比で求人数が特に伸びたのは、「メーカー」(前年同月比125.7%)、「サービス」(前年同月比111.2%)。

職種別では、11職種のうち「営業系」「企画・管理系」「技術系(IT・通信)」「技術系(電気・機械)」「技術系(メディカル)」「技術系(化学・食品)」「技術系(建築・土木)」「販売・サービス系」「事務・アシスタント系」の9職種で求人数が増加。
前月比で求人数が特に伸びたのは、「販売・サービス系」(前月比106.4%)、「技術系(建築・土木)」(前月比105.1%)。
前年同月比で求人数が特に伸びたのは、「専門職」(前年同月比144.0%)、「技術系(化学・食品)」(前年同月比127.0%)。

2018年5月の転職マーケット

転職求人倍率・求人数・転職希望者数【グラフ】

5月の求人倍率は、前月比+0.04ptの2.40倍でした。求人数は前月比102.2%、転職希望者数は前月比100.4%となり、求人数の増加幅が転職希望者数のそれを上回ったため、求人倍率が上昇しています。新卒採用が一段落する6月以降に今年度の中途入社者の採用活動に力を入れる企業が多く、求人数が増加しています。

前年同月比では、求人倍率は0.06pt下降しました。求人数は前年同月比111.2%、転職希望者数は前年同月比114.2%と、求人数、転職希望者数ともに1割ほど増加していますが、転職市場に求人数が多いことを受けて、転職活動を新たに始める人が昨年よりもさらに増えたためです。

求人数は調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新しており、転職先の選択肢が多い状態が続いています。

業種別:最も求人数が増えたのは、前月比では「金融」、前年同月比では「メーカー」

業種 求人倍率 前月比 前年同月比 求人数 転職希望者数
全体 2.40   0.04  -0.06 - -
IT・通信 5.96  -0.19  -0.06 10+ 8
メディア 2.12  -0.08  -0.06 7 4
金融 1.47   0.10  -0.34 8 5
メディカル 2.08   0.18  -0.47 8 4
メーカー 1.89   0.02   0.15 10+ 10+
商社/流通 0.89  -0.06  -0.01 4 5
小売/外食 1.02   0.04   0.01 10 10
サービス 2.84   0.14  -0.09 10+ 10+
その他 1.63   0.04   0.03 6 4

求人倍率は、「メディカル」「サービス」「金融」「小売・外食」「メーカー」の5業種で前月から上昇しました。前年同月比では、「メーカー」「IT・通信」「小売・外食」の3業種で上昇しています。

求人数は、8業種(「その他」を除く)のうち「メディア」「金融」「メディカル」「メーカー」「小売・外食」「サービス」の6業種で前月から増加しました。

前月比で求人数が特に伸びた「金融」(前月比111.6%)では、生保、損保、保険代理店など保険関連の企業の採用が活発で、今年度に採用予定のポジションの募集を5月から始める企業が多かったことが増加の要因となりました。また企業が設備投資に積極的なため、リースの求人数も増えています。

「メディカル」(前月比106.0%)では、医療機器メーカーや医療機器卸で求人数が増えており、シェア拡大のために営業や技術サポートの人員を増やす動きがみられます。

前年同月比では、「メーカー」(前年同月比125.7%)の求人数が特に伸びており、自動車関連や産業機械関連の企業の求人が多いほか、化学メーカーの求人も増えています。

業種別の転職求人倍率【グラフ】

職種別:最も求人数が増えたのは、前月比では「販売・サービス系」、前年同月比では「専門職」

職種 求人倍率 前月比 前年同月比 求人数 転職希望者数
全体 2.40  -0.04  -0.06 - -
営業系 2.34  -0.09  -0.34 10+ 10+
企画・管理系 1.76   0.02   0.02 10+ 10+
技術系(IT・通信) 7.75   0.03   0.13 10+ 5
技術系(電気・機械) 4.72   0.00   0.28 10+ 7
技術系(メディカル) 2.11   0.11  -0.52 4 2
技術系(化学・食品) 1.21   0.05   0.10 3 3
技術系(建築・土木) 3.98   0.30  -0.18 10+ 4
専門職 6.68  -0.16   1.51 10+ 2
クリエイティブ系 1.97  -0.04  -0.24 7 4
販売・サービス系 1.27   0.15   0.13 10+ 10+
事務・アシスタント系 0.21   0.01  -0.04 3 10+

求人倍率は、「技術系(建築・土木)」「販売・サービス系」「技術系(メディカル)」「技術系(化学・食品)」「技術系(IT・通信)」「企画・管理系」「事務・アシスタント系」の7職種で前月から上昇しました。前年同月比では、「専門職」「技術系(電気・機械)」「技術系(IT・通信)」「販売・サービス系」「技術系(化学・食品)」「企画・管理系」の6職種で上昇しています。

求人数は、11職種のうち「営業系」「企画・管理系」「技術系(IT・通信)」「技術系(電気・機械)」「技術系(メディカル)」「技術系(化学・食品)」「技術系(建築・土木)」「販売・サービス系」「事務・アシスタント系」の9職種で前月から増加しました。

前月比で求人数が特に伸びた「販売・サービス系」(前月比106.4%)では、小売・外食のほか携帯電話ショップや医療機器に関する店舗スタッフや販売スタッフの募集が活発です。残業時間の短さや休日の多さを求人に明記し、働きやすい環境が整っていることをアピールする企業もみられます。

「技術系(建築・土木)」(前月比105.1%)では、施工管理のポジションで建築、土木の両分野ともに求人の伸びが顕著です。また、既存設備の更新需要が高まっており、プラントエンジニアの求人数も増加しています。

前年同月比では、「専門職」(前年同月比144.0%)の求人数が大きく伸びており、ビジネスコンサルタントの採用が活発です。テクノロジーやリスクマネジメントといった領域のサービスも拡大しているため、採用ポジションが増えています。

職種別の転職求人倍率【グラフ】

2018年6月以降の転職マーケット

6月以降も求人数、転職希望者ともに多い状況が続くでしょう。4~6月にかけて、今年度に採用を予定しているポジションの募集を一斉に開始する企業が多いため、いまは求人のバリエーションが豊富な時期です。加えて、上半期中にできるだけ多くの人を採用しようと、企業側も門戸を広げて積極的に転職希望者との面接を実施しようとしていますので、書類選考の通過率も高まる傾向にあります。また、新卒採用が一段落する時期でもありますので、第二新卒を歓迎する求人も増えています。

早めに転職したいと考えているものの、まだ具体的な行動に移せていないという方は、チャンスの多いこの時期に転職活動を始めてみることをおすすめします。

転職求人倍率の定義

「転職求人倍率」は、DODAエージェントサービスの登録者1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値です(小数第三位を四捨五入)。

【算出式】転職求人倍率=求人数(採用予定人数)÷転職希望者数

【求人数】①当月中に新たに登録された新規求人数(採用予定人数)と、②前月からの繰越求人数(採用予定人数)の合算。

【転職希望者数】 ③当月中に新たに登録した新規登録者数と、 ④前月から継続登録している繰越登録者のうち当月1件以上の求人に応募した登録者の数を合算。

※求人数、転職希望者数ともに、DODAエージェントサービスに登録された求人、登録者を算出対象としています。
※繰越登録者数は、当月からさかのぼって6カ月以内の新規登録者数です。
※転職希望者の「業種」「職種」は、希望する業種・職種ではなく、直近の仕事の業種・職種です。

いま応募すべき求人を、転職のプロが提案します
エージェントサービスに申し込む(無料)
最新の求人情報を見てみよう
新着の求人一覧を見る
あなたにはどんな職場が合っている?自分のキャリアタイプを知ろう
キャリアタイプ診断を受ける

データを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加
無題ドキュメント