スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

月次転職マーケットの”今”を知る! 2020年9月17日発表

転職求人倍率レポート(2020年8月)

「転職求人倍率」は、dodaエージェントサービスの直近のデータを用いて、いまの転職マーケットを読み解く、dodaオリジナルのコンテンツです。業種、職種別に転職の難易度がわかりますので、転職活動の計画を立てるときに役立ちます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

全体:求人倍率は+0.04ptの1.65倍。求人数、転職希望者数ともに減少したものの、転職希望者の減少のほうが大きく、求人倍率は上昇。

2020年8月の転職マーケットの概要

・2020年8月の求人倍率は1.65倍(前月比+0.04pt/前年同月比-1.14pt)。
・求人数は前月比94.1%、前年同月比65.0%。
・転職希望者数は前月比91.9%、前年同月比109.8%。

・業種別の求人数は前月比、前年同月比ともに8業種(「その他」を除く)すべてで減少。
前月比では「IT・通信」(前月比97.3%)、次いで「小売・外食」(前月比96.0%)の順に落ち込みが少なかった。
前年同月比では「金融」(前年同月比77.4%)、次いで「IT・通信」(前年同月比68.2%)の順に落ち込みが少なかった。

・職種別の求人数は前月比、前年同月比ともに11職種すべてで減少。
前月比では「技術系(メディカル)」(前月比98.2%)、次いで「技術系(化学・食品)」(前月比97.4%)、「クリエイティブ系」(前月比97.4%)の順に落ち込みが少なかった。
前年同月比では「技術系(メディカル)」(前年同月比86.4%)、次いで「技術系(建築・土木)」(前年同月比85.0%)の順に落ち込みが少なかった。

2020年8月の転職マーケット

転職求人倍率・求人数・転職希望者数【グラフ】

2020年8月の求人倍率は前月比+0.04ptの1.65倍となりました。求人数、転職希望者数ともに減少しましたが、転職希望者の減少幅が求人数のそれを上回ったため、求人倍率は上昇しました。前月比で求人数は94.1%、転職希望者数は91.9%となりました。また前年同月比では、求人数は65.0%、転職希望者数は109.8%となり、求人倍率は1.14pt低下しました。

求人数は、前月に引き続き新型コロナウイルスの感染拡大で先行きが見えない中、採用活動を再度縮小・一時停止する企業が増え、前月から減少傾向となったと考えられます。一方で、転職希望者数は前月比で減少、前年同月比では増加となりました。転職希望者数は毎年8月のお盆の時期に減少する傾向があり、今年度も同様の傾向が見られましたが、減少の程度は緩やかでした。これは新型コロナウイルスの流行が再び広がりを見せ、各都道府県が独自の緊急事態宣言を発出したり、帰省自粛を求めたりしたことにより、在宅時間が増加したことが一因であると考えられます。

業種別:求人の減少率が前月比で最も小さかったのは「IT・通信」。

業種 求人倍率 前月比 前年同月比 求人数 転職希望者数
全体 1.65 -0.04 -1.14 - -
IT・通信4.92  0.22  -3.4110+10+
メディア0.81  -0.01  -1.4434
金融1.70  -0.16  -0.2995
メディカル1.70  0.08  -0.8374
メーカー1.18  0.02  -0.9910+10+
商社・流通0.68  -0.02  -0.5535
小売・外食0.55  0.04  -0.43610+
サービス1.78  0.06  -1.2910+10+
その他0.64  -0.22  -0.6334

求人倍率は、前月比では8業種(「その他」を除く)のうち、「IT・通信」「サービス」「メディカル」「メーカー」「小売・外食」で上昇し、前年同月比ではすべてで下降しました。

求人数は、前月比、前年同月比ともに8業種(「その他」を除く)すべてで減少しました。
前月比で落ち込みが少なかった「IT・通信」(前月比97.3%)では、IoTなどの先端技術を活用した企業のデジタルトランスフォーメーション関連の求人や、出社制限を行っている企業でフルリモート可の求人が増加する動きが見られました。

業種別の転職求人倍率【グラフ】

職種別:求人の減少率が前月比で最も小さかったのは「技術系(メディカル)」。

職種 求人倍率 前月比 前年同月比 求人数 転職希望者数
全体 1.65 -0.04 -1.14 - -
営業系1.29  -0.10  -1.3210+10+
企画・管理系1.26  0.00  -0.9310+10+
技術系(IT・通信)6.91  0.31  -3.9210+6
技術系(電気・機械)2.63  -0.01  -2.3110+9
技術系(メディカル)1.50  0.14  -0.4242
技術系(化学・食品)0.88  0.06  -0.6633
技術系(建築・土木)4.60  0.36  -1.4410+5
専門職5.99  0.04  -1.9210+2
クリエイティブ系1.00  0.05  -0.9044
販売・サービス系0.48  0.03  -0.72910+
事務・アシスタント系0.18  0.00  -0.13310+

求人倍率は、前月比では11職種のうち、「営業系」「企画・管理系」「技術系(電気・機械)」「事務・アシスタント系」を除く7職種で上昇しました。
一方で、前年同月比では11職種すべてで低下しました。

求人数は、前月比、前年同月比ともに11職種すべて減少しました。
前月比で落ち込みが少なかった「技術系(メディカル)」(前月比98.2%)では、臨床検査機器や臨床検査試薬メーカーでの募集が新しく始まるなど、新型コロナウイルス関連の求人の増加が見られました。

職種別の転職求人倍率【グラフ】

2020年9月以降の転職マーケット

9月以降も、引き続き新型コロナウイルス感染症の影響などから、採用計画の見直しや人員整理を進める企業が増えると予想されます。 一方で、中国の景気が徐々に回復していることを背景に、自動車業界や半導体業界などでは、採用活動を再開する企業も増えています。

また積極的に採用活動を行っている企業では、WebセミナーやWeb選考会などを企画することが増えていることから、転職希望者にとってオンラインツールを使いこなせるかどうかが重要になってきています。既に転職活動を始めている方で、これからWeb面接を控えている方は、 「Web面接の始め方・注意点」を参考にしてみてはいかがでしょうか。

転職求人倍率の定義

「転職求人倍率」は、dodaエージェントサービスの登録者1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値です(小数第三位を四捨五入)。

【算出式】転職求人倍率=求人数(採用予定人数)÷転職希望者数

【求人数】①当月中に新たに登録された新規求人数(採用予定人数)と、②前月からの繰越求人数(採用予定人数)の合算。

【転職希望者数】 ③当月中に新たに登録した新規登録者数と、 ④前月から継続登録している繰越登録者のうち当月1件以上の求人に応募した登録者の数を合算。

※求人数、転職希望者数ともに、dodaエージェントサービスに登録された求人、登録者を算出対象としています。
※繰越登録者数は、当月からさかのぼって6カ月以内の新規登録者数です。
※転職希望者の「業種」「職種」は、希望する業種・職種ではなく、直近の仕事の業種・職種です。

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

いま旬の求人を、転職のプロが提案します
エージェントサービスに申し込む(無料)
最新の求人情報を見てみよう
新着の求人一覧を見る
あなたにはどんな職場が合っている?自分のキャリアタイプを知ろう
キャリアタイプ診断を受ける

データを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校