スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

月次転職マーケットの”今”を知る! 2019年11月11日発表

転職求人倍率レポート(2019年10月)

「転職求人倍率」は、dodaエージェントサービスの直近のデータを用いて、いまの転職マーケットを読み解く、dodaオリジナルのコンテンツです。業種、職種別に転職の難易度がわかりますので、転職活動の計画を立てるときに役立ちます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

全体:求人倍率は前年同月比+0.03pt の2.52倍。求人数は2カ月連続で最高値を更新したが、伸びは鈍化

2019年10月の転職市場の概要

・2019年10月の求人倍率は2.52倍(前月比-0.17pt/前年同月比+0.03pt)。
・求人数は前月比100.6%、転職希望者数は前月比107.7%。
・求人数は前年同月比105.7%、転職希望者数は前年同月比104.6%。
・求人数は2カ月連続で調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新。

・業種別では、8業種(「その他」を除く)のうち「メディカル」「商社・流通」「サービス」の3業種で求人数が前月比で増加。
前月比で求人の増加率が特に高かったのは、「メディカル」(前月比104.4%)、「サービス」(前月比101.9%)。
前年同月比で求人の増加率が特に高かったのは、「金融」(前年同月比125.1%)、「小売・外食」(前年同月比119.4%)。

・職種別では、11職種のうち「技術系(IT・通信)」「技術系(電気・機械)」「クリエイティブ系」を除く8職種で求人数が前月比で増加。
前月比で求人の増加率が特に高かったのは、「技術系(メディカル)」(前月比103.9%)、「技術系(建築・土木)」(前月比103.8%)。
前年同月比で求人の増加率が特に高かったのは、「技術系(建築・土木)」(前年同月比133.2%)、「技術系(化学・食品)」(前年同月比120.5%)。

2019年10月の転職マーケット

転職求人倍率・求人数・転職希望者数【グラフ】

10月の求人数は、下半期に採用予定の求人を一括して出す企業があったため、前月比100.6%と増加し、2カ月連続で調査開始(2008年1月)以来の最高値を更新しました。
転職希望者数は、年末での退職を目指して転職活動を始めた人がいたことも増加の要因となり、前月比107.7%と増加しました。

求人数、転職希望者数ともに増加しましたが、求人数の増加幅を転職希望者数のそれが上回ったため、求人倍率は前月から0.17pt下降し2.52倍となりました。

前年同月比では、求人数は105.7%、転職希望者数は104.6%となりました。求人数、転職希望者数ともに増え、求人数の増加幅が転職希望者数のそれを上回ったため、求人倍率は0.03pt上昇しました。
転職市場の状態は引き続き良いままですが、前年同月比での求人数の増加率は鈍化しています。

業種別:最も求人の増加率が高かったのは、前月比では「メディカル」、前年同月比では「金融」

業種 求人倍率 前月比 前年同月比 求人数 転職希望者数
全体 2.52   -0.17   -0.03 - -
IT・通信 7.05   -0.80   0.45 10+ 10+
メディア 1.87   -0.14   -0.46 7 4
金融 1.81   -0.15   0.32 10+ 7
メディカル 2.37   -0.02   0.37 10+ 4
メーカー 1.95   -0.10   -0.10 10+ 10+
商社/流通 1.15   -0.03   0.12 6 5
小売/外食 0.91  -0.10   0.12 10+ 10+
サービス 2.84   -0.19   -0.01 10+ 10+
その他 1.20   -0.08   -0.31 5 5

求人倍率は、前月比では8業種(「その他」を除く)すべてで下降しました。前年同月比では上昇幅の大きな順に、「IT・通信」「メディカル」「金融」「商社・流通」「小売・外食」の5業種で上昇しました。

求人数は、前月比では8業種のうち「メディカル」「商社・流通」「サービス」の3業種で増加。
前年同月比では「メディア」を除く7業種で求人数が増加しました。

前月比で求人の増加率が特に高かった「メディカル」(前月比104.4%)では、CSO(Contract Sales Organization:医薬品販売業務の受託機関)でMRの求人数が増えており、他業界の営業経験者も歓迎しています。また、医療機関や製薬会社が業務の効率化を図り、付随業務を外部へ委託する動きが強まっているため、医療機関や製薬会社に対してサービスを提供する企業の求人数が増加しています。

「サービス」(前月比101.9%)では、建設・不動産領域の求人数の増加が顕著で、ゼネコンやハウスメーカー、不動産仲介で特に採用が活発です。また、エネルギー関連企業の求人数も増えており、電力自由化にともない、電力小売事業者が事業拡大を図っていることや、残業時間の抑制など働き方改革を進めるため、保守運用の現場で増員を行っていることが増加の要因となっています。

前年同月比で求人の増加率が特に高かった「金融」(前年同月比125.1%)では、生命保険で引き続き活発です。銀行ではデータ分析やWebのスキルなど、自社に少ない、経験を持つ人材を中途採用する動きが強まっています。
「小売・外食」(前年同月比119.4%)では、新業態の店舗の拡大を図る外食チェーンや、取引数が伸びている通信販売、イーコマースなどで求人数が増加しました。

業種別の転職求人倍率【グラフ】

職種別:最も求人の増加率が高かったのは、前月比では「技術系(メディカル)」、前年同月比では「技術系(建築・土木)」

職種 求人倍率 前月比 前年同月比 求人数 転職希望者数
全体 2.52   -0.17   0.03 - -
営業系 2.40   -0.16   -0.14 10+ 10+
企画・管理系 2.07   -0.07   0.01 10+ 10+
技術系(IT・通信) 9.40   -0.93   0.86 10+ 6
技術系(電気・機械) 4.35   -0.28   -0.36 10+ 9
技術系(メディカル) 1.66   -0.12   -0.17 4 3
技術系(化学・食品) 1.41   -0.07   0.04 5 4
技術系(建築・土木) 5.83   -0.03   1.26 10+ 5
専門職 7.03   -0.40   0.51 10+ 2
クリエイティブ系 1.73   -0.15   -0.32 7 4
販売・サービス系 0.99   -0.09   -0.04 10+ 10+
事務・アシスタント系 0.28   -0.01   0.04 4 10+

求人倍率は、前月比では11職種すべてで下降しました。前年同月比では上昇幅の大きな順に、「技術系(建築・土木)」「技術系(IT・通信)」「専門職」「技術系(化学・食品)」「事務・アシスタント系」「企画・管理系」の6職種で上昇しました。

求人数は、前月比では11職種のうち「技術系(IT・通信)」「技術系(電気・機械)」「クリエイティブ系」を除く8職種で求人数が増加。
前年同月比では「営業系」「技術系(メディカル)」「クリエイティブ系」を除く8職種で増加しました。

前月比で求人の増加率が特に高かった「技術系(メディカル)」(前月比103.9%)では、医療機関や製薬会社に対してサービスを提供する企業で採用が活発化しており、医療・看護に関連する仕事の求人が増加しました。前年同月に比べると、技術者派遣の採用が落ち着いたため求人数は減少していますが、10月に求人数が増え、回復基調にあります。

「技術系(建築・土木)」(前月比103.8%)では、引き続き施工管理の採用が活発です。加えて、プラントの保守運用の求人も増加傾向がみられます。「技術系(建築・土木)」は、前年同月比では133.2%で、求人の増加率が最も高い職種となりました。

前年同月比で「技術系(建築・土木)」に次いで増加率が高かった職種は「技術系(化学・食品)」(前年同月比120.5%)でした。就業環境の改善や若手層の増強を狙い、製造・生産オペレーターなどの現場スタッフを増員する企業が目立ちます。

職種別の転職求人倍率【グラフ】

2019年11月以降の転職マーケット

9~10月にかけて求人数は2カ月連続で最高値の更新が続きましたが、増加率はわずかで、高止まりしています。11月以降も求人数は緩やかに増加する見込みですが、中途採用が非常に活発化した昨年、一昨年と比べると、やや潮目が変わってきています。

転職希望者にとってチャンスの多い状況であることは変わりませんが、求人によっては採用姿勢に慎重さが出ていますので、これから転職活動を行う方は、これまでの経験ができるだけ活かせる求人を探すことで転職活動がうまくいく可能性が高まるでしょう。新しい分野の仕事を希望する場合も、職種、業種、担当顧客、企業の成長ステージ、会社の規模などの観点のうち、職種は変えずに企業の成長ステージや業種を変えることで、これまでの経験を活かしながら新しい仕事に取り組むことができるようになります。

ただし、ITエンジニアなど求人倍率の高い職種では、未経験者を歓迎する求人が多いため、職種を変えて未経験の分野にチャレンジしたい場合は、こうした職種を選択肢の一つに入れることをおすすめします。

転職求人倍率の定義

「転職求人倍率」は、dodaエージェントサービスの登録者1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値です(小数第三位を四捨五入)。

【算出式】転職求人倍率=求人数(採用予定人数)÷転職希望者数

【求人数】①当月中に新たに登録された新規求人数(採用予定人数)と、②前月からの繰越求人数(採用予定人数)の合算。

【転職希望者数】 ③当月中に新たに登録した新規登録者数と、 ④前月から継続登録している繰越登録者のうち当月1件以上の求人に応募した登録者の数を合算。

※求人数、転職希望者数ともに、dodaエージェントサービスに登録された求人、登録者を算出対象としています。
※繰越登録者数は、当月からさかのぼって6カ月以内の新規登録者数です。
※転職希望者の「業種」「職種」は、希望する業種・職種ではなく、直近の仕事の業種・職種です。

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

いま旬の求人を、転職のプロが提案します
エージェントサービスに申し込む(無料)
最新の求人情報を見てみよう
新着の求人一覧を見る
あなたにはどんな職場が合っている?自分のキャリアタイプを知ろう
キャリアタイプ診断を受ける

データを見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職フェア名古屋