スマートフォン版で表示

ランキング・データ・調査

月次転職マーケットの”今”を知る! 2018年2月13日発表

転職求人倍率レポート(2018年1月)

「転職求人倍率」は、DODAエージェントサービスの直近のデータを用いて、いまの転職マーケットを読み解く、DODAオリジナルのコンテンツです。業種、職種別に転職の難易度がわかりますので、転職活動の計画を立てるときに役立ちます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

全体:求人倍率は2.35倍。求人数は最高値を更新し2018年の初月も仕事の選択肢が豊富な市況に

2018年1月の転職市場の概要

・2018年1月の求人倍率は、2.35倍(前月比-0.52pt/前年同月比0.00pt)。
・求人数は前月比100.3%、転職希望者数は前月比122.5%。
・求人数は前年同月比113.7%、転職希望者数は前年同月比114.0%。
・求人数は調査開始(2008年1月)以来の最高値を4カ月連続で更新。
・業種別では、8業種(「その他」を除く)のうち「IT・通信」「小売・外食」「サービス」の3業種で求人数が増加。
求人数が特に伸びたのは、「サービス」(前月比102.4%)、「小売・外食」(前月比100.8%)。
・職種別では、11職種のうち「営業系」「技術系(IT・通信)」「技術系(電気・機械)」「専門職」の4職種で求人数が増加。
求人数が特に伸びたのは、「営業系」(前月比103.2%)、「技術系(IT・通信)」(前月比101.6%)。

2018年1月の転職マーケット

転職求人倍率・求人数・転職希望者数【グラフ】

1月は、4月までに転職先を決めようと転職活動を始める人が多いため、転職希望者数が前月比122.5%と大きく増加しました。一方、求人は新規の募集は引き続き多いものの、採用充足などで終了となる求人も増えており、調査開始以来の最高値ではありますが、前月比100.3%の微増となりました。結果、転職希望者数の増加幅が、求人数のそれを上回ったため、求人倍率は前月から0.52ptマイナスの2.35倍となりました。求人倍率は、前年同月比と同水準で引き続き転職希望者にとっては求人の選択肢が多い市況となっています。

業種別:求人数が特に伸びたのは、「サービス」(前月比102.4%)、「小売・外食」(前月比100.8%)

業種 求人倍率 前月比 前年同月比 求人数 転職希望者数
全体 2.35  -0.52  -0.06 - -
IT・通信 5.92   -1.22  -0.20 10+ 8
メディア 2.38  -0.77  -0.17 8 3
金融 1.43  -0.45  -0.03 8 5
メディカル 2.08  -0.49  -0.41 8 4
メーカー 1.84  -0.38   0.30 10+ 10+
商社/流通 0.84  -0.24   0.07 4 5
小売/外食 0.93  -0.24  -0.21 8 9
サービス 2.77  -0.54  -0.01 10+ 10+
その他 1.23  -0.23  -0.39 5 4

8業種(「その他」を除く)すべてで転職希望者数が前月から増加したため、求人倍率はどの業種も下降しました。「メーカー」「商社・流通」は、前年同月比で求人倍率の上昇が続いています。
求人数が特に伸びた「サービス」(前月比102.4%)では、人材サービス、不動産、コンサルティングファームなど事業拡大を積極的に行っている企業で募集ポジションが追加されたことが増加の要因となりました。
「小売・外食」(前月比100.8%)では、業界内で特に売り上げを伸ばしている企業が増員に積極的で、コンビニエンスストアや飲食店のほか通信販売やネット販売の求人数が増加しました。

業種別の転職求人倍率【グラフ】

職種別:求人数が特に伸びたのは、「営業系」(前月比103.2%)、「技術系(IT・通信)」(前月比101.6%)

職種 求人倍率 前月比 前年同月比 求人数 転職希望者数
全体 2.35  -0.52 → 0.00 - -
営業系 2.41   0.55  -0.03 10+ 10+
企画・管理系 1.63  -0.26  0.01 10+ 10+
技術系(IT・通信) 7.98  -1.22  -0.48 10+ 5
技術系(電気・機械) 4.57  -1.09   0.03 10+ 7
技術系(メディカル) 2.22  -0.38  -0.39 4 2
技術系(化学・食品) 1.28  -0.43   0.29 3 3
技術系(建築・土木) 4.12  -1.03   0.29 10+ 4
専門職 6.69  -0.91   1.66 10+ 2
クリエイティブ系 1.96  -0.54  -0.36 7 4
販売・サービス系 1.02   -0.32   -0.16 10+ 10+
事務・アシスタント系 0.18 -0.06 -0.05 2 10+

11職種すべてで転職希望者数が前月から増加したため、求人倍率はどの職種も下降しました。「企画・管理系」「技術系(IT・通信)」「技術系(電気・機械)」「技術系(化学・食品)」「技術系(建築・土木)」「専門職」は、前年同月比で求人倍率が上がっており、転職先の選択肢が特に増えている職種といえます。
求人数が特に伸びた「営業系」(前月比103.2%)では、不動産や人材サービス、広告の営業職の求人数が増加しました。業種や職種が未経験であっても歓迎する求人が多いことが特徴です。
「技術系(IT・通信)」(前月比101.6%)ではSIer(システムインテグレータ)、コンサルティングファームのほか事業会社でも採用が活発化しており、「ITコンサルタント」「SE・プログラマ」「インフラエンジニア」はいずれも求人数が増加しました。

職種別の転職求人倍率【グラフ】

2018年2月以降の転職マーケット

2月以降も求人数、転職希望者数ともに多い状態が続く見込みです。業種、職種ごとに求人倍率に差が開くようになっていますので、現在と異なる業種や職種への転職を希望する方は、希望する業種や職種の求人倍率を見ながら採用の傾向を捉えることが重要です。
求人数が増えているからこそ自分に合った求人を見極めることがより大切になっています。積極採用の企業も、入社後に定着しそうな人や長く活躍する可能性が高い人を、選考を通して探し出そうとしていることが多いため、これまでのキャリアと将来ありたい姿の一貫性を伝えることが必要です。いまの仕事を選んだ理由や、そこで積んだ経験、将来どのような仕事をしていきたいかの棚卸しを行ったのち、将来の希望に近い仕事ができる求人を探し、応募していくことをおすすめします。

転職求人倍率の定義

「転職求人倍率」は、DODAエージェントサービスの登録者1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値です(小数第三位を四捨五入)。

【算出式】転職求人倍率=求人数(採用予定人数)÷転職希望者数

【求人数】①当月中に新たに登録された新規求人数(採用予定人数)と、②前月からの繰越求人数(採用予定人数)の合算。

【転職希望者数】 ③当月中に新たに登録した新規登録者数と、 ④前月から継続登録している繰越登録者のうち当月1件以上の求人に応募した登録者の数を合算。

※求人数、転職希望者数ともに、DODAエージェントサービスに登録された求人、登録者を算出対象としています。
※繰越登録者数は、当月からさかのぼって6カ月以内の新規登録者数です。
※転職希望者の「業種」「職種」は、希望する業種・職種ではなく、直近の仕事の業種・職種です。

いま応募すべき求人を、転職のプロが提案します
エージェントサービスに申し込む(無料)
最新の求人情報を見てみよう
新着の求人一覧を見る
あなたにはどんな職場が合っている?自分のキャリアタイプを知ろう
キャリアタイプ診断を受ける

データを見る

過去の求人倍率レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

新着コンテンツNEW!