スマートフォン版で表示

ランキング・データ・調査

月次転職マーケットの”今”を知る! 2018年4月9日発表

転職求人倍率レポート(2018年3月)

「転職求人倍率」は、DODAエージェントサービスの直近のデータを用いて、いまの転職マーケットを読み解く、DODAオリジナルのコンテンツです。業種、職種別に転職の難易度がわかりますので、転職活動の計画を立てるときに役立ちます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

全体:求人倍率は2.49倍。年度末の3月、大都市圏だけでなく全国各地で転職希望者が増加

2018年3月の転職市場の概要

・2018年3月の求人倍率は、2.49倍(前月比-0.04pt/前年同月比-0.10pt)。
・求人数は前月比100.9%、転職希望者数は前月比102.6%。
・求人数は前年同月比111.7%、転職希望者数は前年同月比116.3%。
・求人数は調査開始(2008年1月)以来の最高値を6カ月連続で更新。
・業種別では、8業種(「その他」を除く)のうち「IT・通信」「メディア」「メディカル」「メーカー」「商社・流通」「小売・外食」の6業種で求人数が増加。
求人数が特に伸びたのは、「メディカル」(前月比103.1%)、「メーカー」「商社・流通」(ともに前月比101.5%)。
・職種別では、11職種のうち「営業系」「企画・管理系」「技術系(電気・機械)」「技術系(メディカル)」「技術系(化学・食品)」「クリエイティブ系」「販売・サービス系」「事務・アシスタント系」の8職種で求人数が増加。
求人数が特に伸びたのは、「販売・サービス系」(前月比109.5%)、「技術系(化学・食品)」(前月比103.8%)。

2018年3月の転職マーケット

転職求人倍率・求人数・転職希望者数【グラフ】

3月は年度末にかけて転職希望者数が減少するとみていましたが、3月の転職希望者数は前月比102.6%と増加しました。内訳をみると、東名阪(首都圏、中京圏、近畿圏)以外の地域を希望勤務地とする転職希望者の数が増えています。地方都市の求人数も増えているため、希望に合った職場を求めて全国各地で転職活動をする人が増えているようです。
一方、求人数は前月比100.9%で横ばいでした。6カ月連続で求人数は調査開始以来の最高値を更新しました。求人数、転職希望者数ともに増加したものの、転職希望者数が求人数の増加幅を上回ったため、3月の求人倍率は前月比0.04pt減の2.49倍となりました。

業種別:求人数が特に伸びたのは、「メディカル」(前月比103.1%)、「メーカー」「商社・流通」(ともに前月比101.5%)

業種 求人倍率 前月比 前年同月比 求人数 転職希望者数
全体 2.49  -0.04  -0.10 - -
IT・通信 6.32  0.13  -0.10 10+ 8
メディア 2.33  -0.03  -0.31 8 3
金融 1.56  -0.03  -0.10 8 5
メディカル 2.06  0.03  -0.72 8 4
メーカー 1.96  -0.04  0.19 10+ 10+
商社/流通 0.95  -0.02  0.06 4 4
小売/外食 1.03  -0.04  -0.25 9 9
サービス 2.87  -0.15  -0.14 10+ 10+
その他 1.69   0.41   0.01 6 3

求人倍率は、「IT・通信」「メディカル」の2業種で前月から上昇しました。前年同月比では、「メーカー」「商社・流通」の2業種で上昇しています。 求人数は、「IT・通信」「メディア」「メディカル」「メーカー」「商社・流通」「小売・外食」の6業種で増加。
求人数が特に伸びた「メディカル」(前月比103.1%)では、年度末のタイミングでCSO(医薬品販売業務の受託機関)やCRA(臨床開発モニター)が2018年度の採用活動を始めたことや、生産ラインの増設に伴う医療機器メーカーの募集があったため、求人数が増加しました。
「メーカー」(前月比101.5%)では、自動車メーカーや部品メーカーで採用が引き続き活発です。「商社・流通」(前月比101.5%)では機械部品やIT機器の専門商社の求人数が増えています。

業種別の転職求人倍率【グラフ】

職種別:求人数が特に伸びたのは、「販売・サービス系」(前月比109.5%)、「技術系(化学・食品)」(前月比103.8%)

職種 求人倍率 前月比 前年同月比 求人数 転職希望者数
全体 2.49  -0.04  -0.10 - -
営業系 2.56   0.00  -0.19 10+ 10+
企画・管理系 1.75  0.02 -0.04 10+ 10+
技術系(IT・通信) 8.02   0.01  -0.06 10+ 5
技術系(電気・機械) 4.99  -0.04   0.27 10+ 6
技術系(メディカル) 2.17   -0.07   -0.65 4 2
技術系(化学・食品) 1.43  -0.01   0.33 4 3
技術系(建築・土木) 4.15 -0.31  -0.20 10+ 4
専門職 7.04  -0.32   1.96 10+ 2
クリエイティブ系 2.05  -0.13  -0.25 7 4
販売・サービス系 1.19   0.03   -0.18 10+ 10+
事務・アシスタント系 0.20 0.00 -0.08 2 10+

求人倍率は、「営業系」「企画・管理系」「技術系(IT・通信)」「販売・サービス系」の4職種で上昇しました。前年同月比では、「技術系(電気・機械)」「技術系(化学・食品)」「専門職」の3職種で上昇しています。
求人数は、「営業系」「企画・管理系」「技術系(電気・機械)」「技術系(メディカル)」「技術系(化学・食品)」「クリエイティブ系」「販売・サービス系」「事務・アシスタント系」の8職種で前月から増加。
求人数が特に伸びた「販売・サービス系」(前月比109.5%)では、運送スタッフの求人数が増加しました。宅配大手各社が送料の値上げを行ったことを受けて、法人向けに格安の宅配サービスを提供する会社がビジネスチャンスと捉え採用に力を入れる動きがあったためです。また、店舗の販売スタッフやコールセンターでも求人数が増えています。
「技術系(化学・食品)」(前月比103.8%)では、電機・機械メーカーや化学メーカーで生産ラインの拡充や、品質管理に力を入れる企業が多く、製造ラインや品質管理の求人が特に増加しました。

職種別の転職求人倍率【グラフ】

2018年4月以降の転職マーケット

4月に入っても企業の採用意欲は引き続き旺盛で、求人数は今年度も多い状況が続くでしょう。2017年度は、さまざまな企業で中途採用の募集があり求人数は過去最大級の水準を維持しながら、緩やかに増加しました。2018年度においてもこの水準が続いていく見込みです。
4月は年度初めにあたり仕事が忙しく、転職活動をする人が減る時期にあたります。そのため、すぐに転職をしたいと考えている方は、希望の求人があれば積極的に応募していくのがよいでしょう。また、いつかは転職をしたいと考えている方は、年度が替わったこのタイミングで、仕事の棚卸しをかねて職務経歴書を書いてみることをおすすめします。この1年の目標を考えるきっかけになりますし、すでに目標がある人はどのような仕事に力を入れるのがよいかを明確にする良い機会になるかもしれません。

転職求人倍率の定義

「転職求人倍率」は、DODAエージェントサービスの登録者1名に対して、中途採用の求人が何件あるかを算出した数値です(小数第三位を四捨五入)。

【算出式】転職求人倍率=求人数(採用予定人数)÷転職希望者数

【求人数】①当月中に新たに登録された新規求人数(採用予定人数)と、②前月からの繰越求人数(採用予定人数)の合算。

【転職希望者数】 ③当月中に新たに登録した新規登録者数と、 ④前月から継続登録している繰越登録者のうち当月1件以上の求人に応募した登録者の数を合算。

※求人数、転職希望者数ともに、DODAエージェントサービスに登録された求人、登録者を算出対象としています。
※繰越登録者数は、当月からさかのぼって6カ月以内の新規登録者数です。
※転職希望者の「業種」「職種」は、希望する業種・職種ではなく、直近の仕事の業種・職種です。

いま応募すべき求人を、転職のプロが提案します
エージェントサービスに申し込む(無料)
最新の求人情報を見てみよう
新着の求人一覧を見る
あなたにはどんな職場が合っている?自分のキャリアタイプを知ろう
キャリアタイプ診断を受ける

データを見る

過去の求人倍率レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加