スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A ~プロが答えるQ&A(履歴書・職務経歴書)~

Q. 応募書類の職歴欄の不備を提出後に気づきました。これは詐称になる?

提出した応募書類の職歴欄に不備があったことに気づきました。これは、詐称になりますか?(36歳/男性)

A. 選考の段階によりますが、早急に訂正版を提出しましょう。

選考が進んでいる段階によっては詐称と思われかねないので、早急にお詫びと訂正版の応募書類を送り直しましょう。メールや郵送で送るだけではなく、電話など口頭でも伝えておくと安心です。

まだ面接の選考にも入っていない初期の段階であれば、単純な記載ミスとして受け入れてもらえるでしょう。ただし面接などの選考が進んでいる段階で気づいたのであれば、さらにていねいなお詫びの対応が必要です。面接の直前に気づいた場合は、面接時に訂正版を持参し、不備の内容を直接説明しましょう。どんなに小さな誤りでも、しっかり報告しておくことが無難です。どのタイミングであっても不備に気づいた段階ですぐに連絡するようにしましょう。

職歴欄の不備が、職歴が漏れているといった場合は状況が深刻になることがあります。特に内定後になって明らかになった場合は、内定を取り消されてしまう可能性も否定できません。お詫びの連絡と提出書類を再度送付するだけでなく、経緯報告の機会を設けてもらうなど誠意を持って謝罪しましょう。重大なミスを犯したことをしっかり認識していることを伝えることが大切です。そうならないためにも、応募書類などの正式書類の提出の際は、細心の注意を払って確認することを心掛けてください。

(キャリアアドバイザー 住永 正)

応募書類のブラッシュアップはキャリアアドバイザーがお手伝いします
エージェントサービスに申し込む(無料)
あなたの自己PRポイントを診断!履歴書作成もこれで迷わない
「自己PR」発掘診断を受ける
質問に答えるだけでカンタンに職務経歴書作成ができる!
レジュメビルダーで書類作成する

合わせて読みたい

関連コンテンツ

関連Q&A

このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校