スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える。DODA(デューダ)

履歴書

免許・資格欄の書き方~履歴書の運転免許や簿記、英検、宅建など~

ここでは履歴書の中の「免許・資格欄」の書き方を解説します。免許・資格は、何でも書けばいいのではなく、応募先企業の仕事に関連するものを優先的に書きましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
履歴書の免許・資格欄の書き方(運転免許や簿記、英検、宅建など)履歴書の免許・資格欄の書き方(運転免許や簿記、英検、宅建など)

免許・資格 ~運転免許や簿記、英検、宅建など

  • 応募先へのアピールとなる免許・資格を優先的に記入する
  • 仕事に必要な免許・資格は、取得年月や活用年数も評価対象に
  • 仕事に関連するなら、取得に向けて勉強中でも記入可

普通自動車免許など一般的な資格のほか、仕事に関連しそうな資格は実務経験がなくても優先的に書きます。公的資格か民間資格かを問わず、応募先での仕事に活かせる内容のものはすべてアピールしましょう。記入する項目が何もない場合にも、空欄にするのではなく「特になし」と書くようにします。

代表的な免許・資格の書き方
 自動車免許: 普通自動車第一種運転免許 取得
 簿記: 日商簿記検定●級 合格
 英検: 実用英語技能検定●級 合格
 秘書検: 秘書技能検定●級 合格
 宅建: 宅地建物取引主任者試験 合格

仕事に必須、または頻繁に用いる免許や資格の場合は、取得年月なども評価対象になります。その資格を実際に活かしているか、実務経験(年数)はどれくらいか、レベルはどれくらいかなどは、採用担当者も気になるところなのであらかじめ書いておきましょう。語学系の資格も同様で、応募先企業へのアピールとなる場合は、取得年月だけでなく、実務経験の有無と、読解力・会話力・ライティング力のレベル感なども言及できるとよいでしょう。

また、取得はまだでも、たとえば経理職を希望するなら「日商簿記1級取得を目指して勉強中」、不動産職を希望するなら「宅地建物取引主任者を目指し、受験予定」などと書いておくのも有効です。取得に向けて自発的に努力していることは有効なアピールになるでしょう。もし取得予定や受験時期が分かるなら、それも併せて記入しましょう。

転職活動のスタートはまずここから
会員登録する
応募書類のブラッシュアップもキャリアアドバイザーがお手伝いします
エージェントサービスに登録する
納得できる書類が準備できたら気になる求人をチェック
求人情報を検索する
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

  • 職務経歴書の書き方
    職務経歴書の作成のポイントもあわせてチェック!あなたの経験を存分にアピールしましょう
  • 自己PRの書き方
    あなた自身を企業に売り込むための自己PR。上手なまとめ方を例文(サンプル)とともにご紹介
  • 志望動機の書き方
    志望動機の書き方・まとめ方のコツは?4つのポイントから紐解きます
  • 応募書類の提出マナー
    担当者はここまで見ている!?履歴書・職務経歴書の正しい送り方を確認しましょう