スマートフォン版で表示

履歴書

~フォントや書式、ボールペンの選び方、修正の仕方~履歴書は手書きかPC(パソコン)か?

手書きの履歴書と、PC(パソコン)で作成した履歴書では、転職活動の選考結果に違いはあるのでしょうか? 人柄や個性が伝わる手書きと、効率的に作成できるPC、どちらの履歴書にもメリットはありますが、同時に注意しておくべき作成のポイントがあります。ここでは手書きとPC、それぞれの履歴書の書き方について解説します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

履歴書は手書きかPC(パソコン)か

  • 履歴書は手書きとPCのどちらで作成してもOK
  • 手書きかPCかで迷った場合は、企業に直接確認してもいい

応募先企業から指定がない場合、履歴書は手書きとPCのどちらで作成しても問題はありません。人柄や素養が重視される新卒採用では、個性が伝わりやすい手書きの履歴書のほうが好まれる傾向がありますが、中途採用の場合は、業務を通じて培ったスキルや経験、実績など、履歴書に書かれる内容そのものがより重視されますので、手書きかPCかといった書式や作成方法が合否の決め手になることはめったにありません。手書きの文字でアピールしたい、より効率的に転職活動を進めたいなど、目的に応じて選ぶといいでしょう。特に、現職と並行して行う人も多い転職活動は、限られた時間の中で企業研究から書類作成、面接対策まで、さまざまな準備をする必要がありますので、書き間違えたときの修正や内容のアップデートが容易なPCで履歴書を作成すれば、より多くの企業に効率的に応募することもできます。

それでも手書きとPCで迷ったり、不安を感じたりするようなら、企業に直接、確認してみるという方法もあります。その際、「PC(または手書き)で作成してもいいですか?」とダイレクトに聞いても問題はありませんが、「御社が推奨するフォーマットはありますか?」など、応募先企業の意向を伺おうという姿勢をアピールできると、よりスマートです。

履歴書をPC(パソコン)で作成するには ~フォントや書式(フォーマット)など~

  • パソコンで作成する場合は、Word(ワード)かExcel(エクセル)を使用する
  • フォントは明朝体かゴシック体を用い、文字のサイズもできるだけ統一する

履歴書をパソコンで作成する場合は、Word(ワード)かExcel(エクセル)のいずれかを用いましょう。企業がフォーマットを指定しているケースもありますが、そうでない場合は、転職サイトなどでテンプレートをダウンロードして利用するといいでしょう。履歴書の基本的なレイアウトは決まっていますので、自己流にアレンジしすぎるのは避けるべきです。

履歴書の中の文字フォントはすべて統一し、明朝体かゴシック体のいずれかを用いるのが一般的です。装飾的で独特なフォントなどはビジネス文書には適さないため、使用しないほうがいいでしょう。文字のサイズも、氏名など特に強調したい項目を除き、できるだけ統一してそろえるようにします。例えば、記入することが少なく空白が目立つからと、文字を大きくして余白を埋めようとすることなどは、反対に悪目立ちしてしまうのでおすすめできません。

履歴書を手書きで作成するには ~ボールペンの選び方、修正の仕方など~

  • 履歴書は黒のボールペンで作成する(鉛筆やシャープペンシル、消せるボールペンの使用はNG)
  • 書き間違えても修正ペンや修正テープは使わず、一から書き直す

履歴書を手書きで作成する場合は、黒のボールペンを使用します。履歴書は黒一色で作成するのが一般的なので、自己アピールになるだろうと赤色のペンなどを用いるのはやめましょう。使用するペンはインクがかすれたり、ダマになったりしにくいものを選び、鉛筆やシャープペンシルは禁物です。書き間違えても安心だからと文字をこすって消せるボールペンを使うのもNGです。摩擦熱によって消えるインクが使われているため、面接官がコピーを取る際などに文字が消えてしまう可能性があるだけでなく、ビジネスの場にそぐわないと、社会人としてのマナーを疑われてしまいかねません。

もし書き間違えてしまったら、面倒がらずに一から書き直しましょう。それがたとえ1カ所であっても、修正ペンや修正テープを使用するのはNGです。どうしても時間がない場合などは、間違えた箇所に二重線を引き、そこに訂正印を押すことで修正する方法もありますが、あまり好ましいとはいえません。人事担当者の手元にはたくさんの履歴書が届きますので、どうしても、ほかと比べてミスが目立ってしまうからです。

転職活動のスタートはまずここから
会員登録する
応募書類のブラッシュアップもキャリアアドバイザーがお手伝いします
エージェントサービスに登録する
納得できる書類が準備できたら気になる求人をチェック
求人情報を検索する
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

  • 職務経歴書の書き方
    履歴書と一緒に提出することの多い職務経歴書の書き方も、あわせてチェックしておきましょう
  • 自己PRの書き方
    上手な自己PRの書き方・まとめ方を学び、あなたの魅力を企業にしっかりアピールしましょう
  • 志望動機の書き方
    志望動機の使い回しはNG!企業ごとに書き分けるためのヒントが見つかります
  • 応募書類の提出マナー
    せっかく作った応募書類も提出時にマナー違反があっては台無し。正しい送り方を確認しましょう