スマートフォン版で表示

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A(面接)

Q. 面接を受けるときの服装に、NGはあるのでしょうか?

かしこまった格好だと現職にばれてしまいそうで怖いです。服装のポイントを教えてください。(T.Mさん/26歳)

A.色の主張が強いものや、華美な服装は控えましょう。

面接における服装は、ビジネススーツが基本です。現在、私服で出勤している人も、面接を受けるときはできる限りスーツを。スーツが難しければ、ジャケットは必ず着用するようにしましょう。スーツ、ネクタイ、シャツの色はあまり主張せず、なるべく抑えめにするように注意しましょう。またアクセサリーやブランドもののバッグ、女性の場合はネイルやメイクも控え目にしてください。

しかし、業界によっては体裁が異なる場合もあります。例えば、メディア系やデザイナーなどの面接に、カッチリした格好をしていくと、かえって「うちと合わないのではないか?」と違和感を持たれるかもしれません。企業のカラーと合わせて臨機応変に服装を変えることも大切です。

※エージェント経由で応募している場合は、キャリアアドバイザーに「どのような服装が好ましいのか」を聞いてもよいでしょう。

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

dodaのサービスを利用する
会員登録をする(無料)
キャリアアドバイザーに面接のアドバイスを聞く
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

あの職種ってどんな仕事?【doda職種図鑑】