スマートフォン版で表示

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A(面接)

Q.「私服で」とある場合、どのような服装を選ぶといいですか?

面接の案内に「私服でお越しください」とありました。その場合はどのような服装が好まれるのでしょうか。(F.Tさん/25歳)

A.あくまでビジネスシーンの服装だということを忘れず、「清潔感」を意識した服装を心がけるようにしましょう。

面接での「私服」とはスーツではないものの、シャツ・ジャケットを着用するなどの“オフィスカジュアル”を指します。ジーンズや派手すぎる格好は軽い印象を与えてしまうので避けるようにしてください。しかし服の色が暗すぎると元気がない印象に見えることもあるので、さわやかにまとめるのがいいでしょう。

企業が私服を指定する理由は2つあります。1つは応募者に「うちの会社は自由な社風」と分かってもらうため。マスコミ関係など、クリエイティブ職種の特徴です。もう1つは「応募者のセンスをチェック」するため。アパレルやデザイン関係によく見られます。いずれにしても、TPOをわきまえながらも、「清潔感」を意識し自分らしく自然にいられる服装を心がけるようにしましょう。

※エージェント経由で応募している場合は、キャリアアドバイザーに「どのような服装が好ましいのか」を聞いてもよいでしょう。

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

dodaのサービスを利用する
会員登録をする(無料)
キャリアアドバイザーに面接のアドバイスを聞く
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職フェア(名古屋)、doda転職フェア(大阪)

名古屋 大阪