スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

転職市場予測2022下半期
電気・機械の転職市場動向

機械設計、回路設計、組み込み、生産技術、生産管理、技術営業、モノづくりエンジニア全般…2022年下半期の電気・機械業界における求人数の増減や求人トレンド、採用ニーズなどの転職市場予測をご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年下半期の電気・機械エンジニアの求人数は増える

2022年下半期の電気・機械エンジニアの求人数は増えると予想されます。エンジニアとして経験を積んだ人材はもちろん、未経験者の採用も増えており、語学力・マネジメント力のある方や電気・ソフトウェア領域のエンジニアは特に企業のニーズが高まっています。

機電領域における経験者へのニーズは高く、中でも電気・ソフトウェア関連のエンジニアはさらに採用ニーズが高くなるでしょう。また、アウトソーシング(特定技術者派遣)企業による未経験者の採用ニーズも、変わらず高水準です。未経験者を受け入れて研修・教育する体制が整っている印象を受けます。

コロナからの回復と団塊ジュニア世代の引退を見据えて電気・機械エンジニアの採用ニーズが高まる

2022年下半期の電気・機械エンジニアの求人数が増える要因にはコロナによるダメージから回復している企業の増加があります。今後の事業成長のために必要な人材を確保する必要があると考える企業は多いようです。

また、今後10年ほどで団塊ジュニア世代の引退が訪れてベテラン層が少なくなることを見据え、事業を維持するために未経験者を含む新たな人材の採用や、中堅社員の育成に取り組む企業も増えてきています。

機械・電気・ソフトウェア…各領域で評価されやすい経験・スキルとアピールポイント

機電業界の中で相対的に不足感のある電気・ソフトウェア関連の経験は引き合いが強いです。特に、「電気工事士」や「電気主任技術者」の資格やスキルは評価されやすいでしょう。ソフトウェア系ではC言語、C+、C++、C#、Python、Rなどのプログラミング経験があれば、積極的にアピールすることをおすすめします。データサイエンティストなどデータ分析系の職種では、ビッグデータ・多量データの解析・分析経験(Accessなど)や統計学の知識、PythonやRなどのプログラミング経験があると評価につながりやすくなります。

例えば機械設計の場合、複雑性の高い駆動部分など、高い精度の求められる設計の経験や、後工程も含めた工程や加工に関する知見があると技術力の評価につながります。ほかの職種でも技術力のアピールが評価のポイントです。

学生時代の経験や自主的な勉強の内容でもよいので、業務に活かせる経験・スキルはしっかりと応募書類・面接で伝えましょう。未経験者はそれに加えて「どうしてその仕事に就きたいのか」「足りない経験を今後どう補おうとしているか」を説明することで、転職に対する覚悟や熱意を示すことができます。

経験者の場合はやはり、これまでの担当業務やそこで培ったスキル、経験、知識、技術をしっかりアピールすることが重要です。電気・機械エンジニアは業界・職種はもとより製品、技術、商流も含めたスキルマッチが重視される傾向にあります。今までの役割・ミッションやそのために行っていた実務、使っていた知識・技術を分かりやすく伝えてください。

職種によらず、今後リーダーやマネジャーを目指す意欲や、より技術力を高めてスペシャリストを目指して努力を重ねる姿勢があると今後の成長やポテンシャルに期待してもらえます。詳細かつ具体的に記述することで、担当製品や領域が多少違っても、スキルの応用や熱意を持って活躍できるイメージが描きやすくなり転職成功のチャンスが広がります。

2022年下半期の電気・機械エンジニアの転職市場にコロナの影響は残るが回復傾向に

2022年下半期の電気・機械エンジニアの転職市場ではコロナの影響は薄まるものの、完全になくなるわけではないと予想されます。コロナ禍により企業が受けたダメージは、回復に時間を要する場合もあるからです。とはいえ、間違いなく転職市場は回復傾向にあり、求人数もコロナ前を上回る水準と予想されます。完全に回復するのを待ちすぎると転職活動のタイミングを逸するおそれもあるため、まずはキャリアアドバイザーへの相談からでも活動を開始されることをおすすめします。

電気・機械業界における働き方の変化は?

リモートワークができる企業は増えたが職種によって違いも

電気・機械の領域でリモートワークができる企業はコロナ前と比べて大幅に増えました。特にリモートワークが導入されやすいのはIT、組み込みなどソフトウェア関連です。ただし、職種によってはフルリモートが難しい場合もあります。フルリモートが最優先の条件でなければ働き方の幅を持ったほうが企業との出会いは生まれやすいでしょう。

選択肢を広げ、よりよいキャリアを築けるよう、キャリアアドバイザーがサポートします

まだ転職するか決めかねているという方は、ぜひキャリアアドバイザーにご相談ください。転職活動をするメリット、デメリットをお伝えし、転職の動機と目的を整理することで、よりよいキャリア形成の可能性を広げられるようサポートします。すでに転職活動を始めている方は、新たな視点が加わることで、選択肢が広がるかもしれません。転職に関する悩みがあるなら、どうしたらすっきりするか、どういう解決法があるかを一緒に考えましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
電気・機械系エンジニアの求人はこちら
求人を見る
あなたに合った働き方や企業風土を知って転職活動に活かしましょう
キャリアタイプ診断(無料)

この記事を監修したキャリアアドバイザー

このエントリーをはてなブックマークに追加

\ dodaは求人数10万件以上! /

エージェントによる履歴書作成や
面接対策のサポートも充実!

会員登録する(無料)

ログインはこちら

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?
ハイクラス転職サービスdodaX

  • doda転職オンライン予備校