スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える DODA

転職市場予測 2017年上半期 電気・機械 機械設計、回路設計、組み込み、生産技術、生産管理、技術営業…など モノづくりエンジニア転職市場予測 2017年上半期 電気・機械

転職活動の準備

機械設計、回路設計、組み込み、生産技術、生産管理、技術営業…など モノづくりエンジニア

このエントリーをはてなブックマークに追加

自動運転・IoTの隆盛によりIT・ソフトウェア系エンジニアのニーズが高まる

DODAキャリアアドバイザー 岩村 正人

モノづくりエンジニアの求人数は増加する見通しです。
好調の自動車業界が牽引する形で、自動車部品、半導体、電子部品、電機、産業機械など、製造業全般で採用熱は高く、2017年上半期もこの勢いは続きそうです。特に自動車業界は世界的に市場を伸ばしており求人ニーズが加速します。

設計・開発エンジニアについては、機械系、電気系の求人も引き続き多いのですが、組み込み・ソフトウェア系のエンジニアのニーズがよりいっそう高くなってきました。この背景には、自動運転やコネクテッドカー、IoTなどの新しい技術開発が急務となっていること、そしてこれらの分野はIT・ソフトウェアの要素が大きい分野だということがあります。

また、生産性向上を目的とする「工場のスマート化」にも、メーカー各社で力を入れ始めています。これまでのFA化の延長線上にある動きですが、これまでは生産ラインのプロセスを自動化していたものをさらに範囲を広げ、IoTによって、ユーザーが使っている製品や他社工場、流通網などとも連携して生産管理を自動化することを目指しています。

この分野では、生産技術開発と呼ばれる生産技術の上流を担う技術者をはじめ、生産のプロセス全体や、設備に詳しいモノづくり系エンジニア、工場内の設備をつなげて管理するためのシステムを設計するIT系エンジニアが求められています。自動化・スマート化した製品や工場それ自体が、蓄積されたデータからさらなる効率化を目指すという動きが進んでいるため、データサイエンティストやAI開発の経験があるエンジニアは特に市場価値が高くなっています。また、生産拠点は海外へ移りつつあり、また国内工場の担当であっても海外との連携は必須のため、新工場の立ち上げなど、より上のキャリアを目指すなら、語学力は必須条件です。

DODAで公開中の求人情報
電気・機械の求人を見る
いろいろな条件で絞った電気・機械の求人
求人特集を見る

注目のキーワード

自動車

現在出ているモノづくりエンジニアの求人の約6割が「自動車」関連と言っても過言ではない状況です。総合電機、家電、電子部品メーカーなどでも、自動車向けの製品の売り上げ比率が高まっています。背景には二つの要因があり、一つには、現状でグローバル展開がうまくいって業績が好調ということと、二つ目には、各社が生き残りを懸けて新しい技術開発を進めていることが挙げられます。電気自動車の開発も進んでいますし、自動運転の開発には、人工知能(AI)、センシング、画像認識・画像処理、無線・通信、その他情報機器のアプリケーション、セキュリティなど、多岐にわたる技術が必要とされています。特に従来とは異なる点として、IT系のエンジニアのニーズが非常に高くなっています。

工場のスマート化

これまで生産ラインのFA化が図られてきましたが、今後はそれをさらに進め、IoTによって工場内の設備・機器をすべてつなげ、統合して自動化する方向に進みつつあります。工場のスマート化には、生産工程から流通までのプロセス全体を見てシステムの要件定義・設計ができる技術者や、大規模なプロジェクトマネジメントができる人、生産ラインの設備・機器を管理するためのSCADA(Supervisory Control And Data Acquisition:監視制御システム)やMES(Manufacturing Execution System:生産実行システム)といったシステムを扱ったことがある、IT寄りの経験を持ったエンジニアが求められます。

品質保証・品質管理

転職市場においてまだ顕在化はしていませんが、品質保証・品質管理のニーズは今後増えると考えられます。製品の品質に対するユーザーの目が以前より厳しくなってきていることに加え、製品の欠陥により事故が起きた際、サプライヤーが責任を問われるようになったことから、各社で品質保証・品質管理にはいっそう力を入れていくでしょう。さらに、自動運転などの新しい技術の開発を進める過程では、これまでに実施したことのない試験を行う必要が出てきます。新しい試験方法・技術を考えられる技術者のニーズが高まると予想されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
DODAで公開中の求人情報
電気・機械の求人を見る
いろいろな条件で絞った電気・機械の求人
求人特集を見る
もっと詳しく転職市場の動向を知りたい方はエージェントサービスをご利用ください
エージェントサービスに申し込む(無料)

転職市場予測 11の分野をチェック

関連リンク