スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える DODA

転職市場予測 2017年上半期 金融 銀行、証券、保険、投資信託、カード、信販、リース、コンサルティングファーム…など転職市場予測 2017年上半期 金融

転職活動の準備

銀行、証券、保険、投資信託、カード、信販、リース、コンサルティングファーム…など

このエントリーをはてなブックマークに追加

個人顧客の投資コンサルやフィンテックベンチャーとの提携に求人ニーズあり

DODAキャリアアドバイザー 鈴木 智勝

金融業界の求人数は、業界全体では大きな増減なく推移しそうです。
2016年2月に日銀のマイナス金利が始まり、銀行の業績に影響を与えています。特に地方銀行の業績へのインパクトは大きく、コスト削減のため新規の求人は抑えられる傾向にあります。リスク規制対応、セキュリティ対応、フィンテック関連の部門などでは採用が続いていますが、リテール営業・法人営業といったポジションの採用は少なくなってきています。

ただ一方で、マイナス金利の今、個人の投資への関心が高まっており、証券・投資信託・保険などの業種では営業系の求人を増やしている企業もあります。業界の傾向として、従来は商品ありき、プロダクトアウトの発想で顧客へのサービスを提供してきたものが、マーケットインの発想へと変化してきました。顧客の資産をいかに増やしていくかをコンサルティングしていく形のサービスが主流になりつつあり、その傾向が保険の来店型ショップの求人増などに表れています。

金融業界でもITを活用した省力化・生産性向上の動きはあり、例えば、アルゴリズムによる自動資産運用サービスを個人に提供するフィンテックベンチャーも出てきています。今後は、フィンテックベンチャーの技術を従来の金融機関が持つ顧客へと結びつけるアライアンスを企画できる人材へのニーズが高まると考えられています。

DODAで公開中の求人情報
金融の求人を見る
いろいろな条件で絞った金融の求人
求人特集を見る

注目のキーワード

フィンテック

ITを駆使して新たな金融サービスを生み出したり、従来のサービスを見直したりする動きのこと。新しくこの分野でベンチャーが立ち上がったり、Webサービス企業が新規事業として取り組んだり、大手金融機関が社内にフィンテック関連部門を立ち上げる動きも見られます。フィンテックベンチャーでは、モバイル決済や、資産運用サービス、家計簿や会計ソフトをクラウドで提供するサービスが中心です。現状ではITエンジニアの求人が中心ですが、拡大期に入った企業では営業職・カスタマーサービスなどの求人も出てきています。また、ベンチャーと大手金融機関が業務提携を結ぶ動きも活発化しています。

金融商品仲介業(IFA)

IFAとは「Independent Financial Advisor」の略で、特定の金融機関に属さず、中立的な立場から顧客に必要なサービスや金融商品を提案したり、資産運用のアドバイスをしたりする金融の専門家のことです。今のところ、金融機関から独立してそうしたサービスを提供する企業での求人はほとんど見られませんが、今後2〜3年で主流になっていくと考えられる注目の業態です。

異業種からの採用

金融機関、特に大手企業において、従来は異業種から人材を採用する例はあまり多くはありませんでした。しかし近年、ミドルオフィス、バックオフィスのポジションで異業種から人材を採用するケースが増えています。この背景には、これまで金融機関が顧客に求められていたのが、堅牢で信頼のおけるシステム、安心・安全なサービスだったものが、いつでも・どこでもサービスを利用できるといった利便性重視に変わってきたことが挙げられます。個人顧客にその利便性をいかに伝えるかを企画できる人材、具体的には消費財メーカーなどでの広告宣伝やWeb系のマーケティング経験者のニーズが高まっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
DODAで公開中の求人情報
金融の求人を見る
いろいろな条件で絞った金融の求人
求人特集を見る
もっと詳しく転職市場の動向を知りたい方はエージェントサービスをご利用ください
エージェントサービスに申し込む(無料)

転職市場予測 11の分野をチェック

関連リンク

DODA転職フェア 【名古屋】国際会議場白鳥ホール 6/30(金)・7/1(土) 【東京】水道橋プリズムホール 7/6(木)・7/7(金)・7/8(土) DODA転職フェア 【名古屋】国際会議場白鳥ホール 6/30(金)・7/1(土) DODA転職フェア【東京】水道橋プリズムホール 7/6(木)・7/7(金)・7/8(土)