スマートフォン版で表示

コラム・事例・インタビュー

転職市場予測2018下半期
企画・マーケティング

企画、マーケティング、広報、販売促進、プロモーション、商品企画、商品開発、リサーチ、市場調査、広告、宣伝…など

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営戦略、新規事業創出、マーケティングでデータドリブンの傾向が強まる

dodaキャリアアドバイザー 藤澤 祐司

企画・マーケティング職の求人数は、引き続き増加する見込みです。

経営企画、事業企画、商品・サービス企画、営業企画などの企画職は、特にIT、Webサービス、人材サービス、金融などの無形の商材・サービスを扱う企業で求人ニーズが顕著です。次々と新しい業態・ビジネスモデルへの転換が迫られる業界ほど、他社とのアライアンスやM&Aを通じて、これまで手がけてこなかった事業領域への参入を図る必要があるためです。

マーケティングは、事業会社におけるWebマーケティング担当者やEC担当者のニーズが引き続き高い状況です。ネット広告代理店では、数十人単位でWebマーケティング関連の人材を募集している企業が少なくありません。また、デジタルなチャネル・手法を含めて会社全体のマーケティング戦略を考えられるマネジメント人材への引き合いも強くなっています。

企画とマーケティングに共通するキーワードが「データの活用」です。従来はどちらかといえば、モノ・サービスを売るプロモーションの効率化にデータ活用が模索されてきました。しかし現在は、そうしたマーケティング活動や営業活動を通じて集まった膨大なデータを分析し、会社全体の成長や新しい商品・サービスの企画に活用しようとする動きが、より強まっています。そのため、データサイエンティストやデータアナリスト経験者のニーズは高まる一方です。

注目の職種

データサイエンティスト

企業が集め保有する膨大なデータから、ビジネスに活用できる知見を引き出す人材として、データサイエンティストのニーズが引き続き高い状況です。統計学の知識や、解析ツールの知見、大規模データベースを構築・運用した経験などが求められます。経営企画・事業企画に属してデータを元に戦略を見いだすポジションもあれば、サービス企画部門でIoT、人工知能(AI)を活用したサービスを開発する求人も見られます。

外部企業とのアライアンス・提携経験のある企画・マーケティング職

外部企業と提携して新規のビジネスを立ち上げたり、サービス企画やマーケティングを推進した経験のある人材ニーズが高まっています。自社内のリソースだけで何かを完結させるのではなく、社内外を問わずにあらゆる材料や選択肢を検討し、自社の強みと掛け合わせたうえで、過去にない事業拡大や組織成長を実現することに寄与できる人材をより求めています。関連して、外部のコンサルティング会社やリサーチ会社・広告代理店など、業界をまたいで複数のクライアントと接点を持ってきたからこそ広い視野や知見を持ち合わせている人材が、事業会社側への転職を実現するケースも目立ってきています。

Webマーケティング

企業と顧客との接点として、WebサイトやECサイト、SNS、モバイルの比重が高まっており、そうしたチャネルを通じたマーケティングの必要性が増しています。それに合わせて、マーケティング活動・顧客ライフサイクル全体を効率的に管理するMA(Marketing Automation)の導入が進んでおり、MAツール活用の経験者やCRM(Customer Relationship Management)活動に携わっていた人材のニーズが高くなっています。また、広告代理店においてはWeb広告の運用を担うWebマーケターの求人は引き続き多い状況です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
企画・マーケティングの公開求人、今すぐチェック
企画・マーケティングの求人を見る
dodaがおすすめ、企画・マーケティングの求人特集
求人まとめページを見る
もっと詳しく転職市場の動向を知るなら転職のプロにご相談を
エージェントサービスに申し込む(無料)

関連リンク

doda転職フェア大阪11/1、2、3開催