スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

転職市場予測2021下半期
企画・マーケティング
企画、マーケティング、広報、販売促進、プロモーション、商品企画、商品開発、リサーチ、市場調査、広告、宣伝…など

このエントリーをはてなブックマークに追加

企画・マーケティングはコロナ禍でも影響が少なく、即戦力重視の求人にどうアピールできるかがポイント

dodaキャリアアドバイザー 岩元 颯汰

企画・マーケティングは、ほかと比べて新型コロナの影響を受けにくかった職種です。コロナ禍により多くの企業の求人数は減少し、即戦力採用が重視される流れが生じましたが、企画・マーケティングはもともと「実務経験を重視したうえで1名のみ採用」の傾向にあるのです。そのため、下半期に大幅な求人増が期待できるわけではないのですが、これはコロナ禍によるネガティブな影響ではありません。

転職をお考えの場合、十分な経験をお持ちであれば、これまでの経験を活かして企業の発展に貢献できる求人を狙いましょう。

未経験の方やまだキャリアの浅い方々は、明確な志望理由や自己研鑽の経験をアピール材料にして転職に臨みましょう。

多くの企業では企画・マーケティングの部門は限られた人数で構成されています。また、経営層と近く、経営判断のサポートをする役割を担っているほか、DX推進や業務改善など、時代の変化を柔軟に反映することも求められる職種です。このように期待値が高いため経験者であっても内定までかなり慎重な選考が行われます。

企画・マーケティングで「デジタル化」のニーズがより高まっている

DXやITテクノロジーの活用が進む世の中の流れは、企画・マーケティングにも影響を与えています。マーケティングのデジタル化に力を入れるトレンドは続いており、Webマーケターへの需要は形を変えながらも増加しつづけています。転職希望者の方々も、オンラインマーケティングの経験を積みたいという人が増えています。

デジタル化・業務改善・生産性向上など必要性が認識されつつも、本格的な導入がなかなか進まなかった業務の必要性がコロナ禍をきっかけに高まり、それらの経験を持つ人材への注目も高まってきているのです。

また、企画・マーケティングは比較的リモート化を進めやすい職種でもあります。そのため、リモートワークを選択できるなど、より多様な働き方に即した求人が増えてきています。

成果に至るまでのプロセスを詳細に伝え、カルチャーフィットを意識しよう

企画・マーケティング職の転職に成功している方は、数値に表れる成果だけでなく、その成果を出すに至るまでのプロセスを整理し、再現性のある経験として落とし込めています。また、他人任せにせず責任感を持って物事を考えられることも重要です。英語力を求められる求人が多いため、TOEIC(700点以上が望ましい)のスコアが書けるとよいでしょう。

応募書類では、網羅的に業務内容を書くだけでなく、特にアピールしたい強みを実績とともに詳しく書くことを心がけてください。企画職であれば手がけた事業の予算感、マーケティング職であれば販促予算など担当業務規模まで、詳細に説明しましょう。業務のミッションを書くことで、業務内容が多少異なっていても、ミッションに類似性があれば活躍できる人材だと判断される可能性が高まります。

面接では、経歴をていねいに棚卸しし、どのように汎用性を持たせてそれまでの経験を業務に活かせるかを話せるようにしておいてください。企画・マーケティングは経営の意思決定に関わる業務ですので、企業文化への理解や上層部とのカルチャーフィットも重視されます。

「でも、そんな企業の内情なんて個人には分からない…」という方も少なくないはずです。そこで業界や企業ごとにどんな特徴があり、どのような人材が求められるのかなどなかなか個人では知りづらい情報を、私たちキャリアアドバイザーがご提供します。

コロナ禍における転職活動は不安が大きく、ストレスがかかると思います。それまでの自分を否定されたように感じたり、なかなか前進感を得られなかったりする場面もあるでしょう。周囲に相談しづらく、転職に悩んでいるという方は、ぜひキャリアアドバイザーにご相談ください。

どうしたら実りある転職活動にできるかをともに模索し、少しでもお役に立てるよう並走いたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
自分に向いている仕事のヒントを診断
キャリアタイプ診断

この記事を監修したキャリアアドバイザー

関連動画

関連動画

Youtubeチャンネル「doda転職応援チャンネル」では、各職種の有識者とdoda編集長との対談動画をアップロードしており、職種ごとの「コロナ下の転職で求められるスキル」や「最新の転職市場への考察」を知ることができます。

  • 【辻 愛沙子×doda編集長】
     コロナ下で求められるスキルとは?最新の転職市場を解説:企画・マーケティング職編

  • 【辻 愛沙子×doda編集長】
     今、転職すべきなのか?職を失わないためにはどうすれば良い!?:企画・マーケティング職編

doda転職オンライン予備校