スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

転職市場予測2022下半期
営業の転職市場動向

法人営業、リテール営業、海外営業、メディカル関連営業、営業マネジャー…など、2022年下半期の営業職における求人数の増減や求人トレンド、採用ニーズなどの転職市場予測をご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年下半期の営業の求人数は、IT、Web、コンサルを中心に活況

2022年下半期の営業職の求人数は、全体的に増える見込みです。中でもIT、Web、コンサル業界が活況で、職種別ではインサイドセールス、フィールドセールス、カスタマーサクセスの求人数が増加するでしょう。

経験者の採用は積極的に行われており、即戦力となる業界経験者は年収アップも期待できるでしょう。医療、建設、不動産、証券、電子部品、化学、消費財、総合商社などの採用も引き続き活況です。未経験者の場合でも、年間で100人以上の採用を行う企業が出てくるなど、異業界への転職がかないやすい時期でもあります。

2022年下半期は、スタートアップベンチャーのIT企業の求人ニーズが高まる傾向にあり、事業を拡大していく時期にあたる「シリーズA」、成熟期にあたる「シリーズB」と呼ばれるフェーズの会社も積極的に採用を行うと予想されます。

コロナによる働き方の変化でDX推進や業務改善などの需要増加

新型コロナの影響でリモートワークや非対面営業などへのシフトが進み、人々の働き方が大きく変化しています。こうした変化はデジタル化や業務プロセスの見直しなどが必要になることから、社内のDX推進担当やデジタルマーケティング担当、営業企画・業務改善担当、サービス企画担当などのニーズが高まっています。IT、Web、コンサルなどの業界でDX推進やデジタルマーケティングに関わる商材を扱っていた営業職の人は、これらの職種にキャリアチェンジの可能性があります。

営業職の転職市場で評価につながる経験や資格

営業職の転職では、どのような経験を積み、スキルを磨いてきたかが市場価値を左右します。具体的には、非対面で顧客のニーズをつかんで課題解決策を提供するソリューション営業やインサイドセールス、フィールドセールス、カスタマーサクセス、EC関連、DXコンサル、新規ビジネス立ち上げの経験があると、評価につながりやすくなります。また、顧客先を重要視する企業も多く、大企業をターゲットにしたエンタープライズ営業の経験も転職に有利です。

また、プレイングマネジャーの経験やマネジメント経験、新規事業ビジネスに抜擢された経験は、年次が進むほど重視されます。部下の育成やマネジメントスタイルについて自分の意見を持ち、チームを牽引しながら業務を推進してきた経験や成功体験があるといいでしょう。

業界や商材が同じだったという経験者の場合、現場で即戦力になれると人事担当者に判断してもらえるようにアピールすることが肝心です。応募書類には直近3年分の実績を「2021年度 予算◯◯万円/実績◯◯万円/達成率◯◯%」のように具体的に記載しましょう。営業プロセスや成功体験なども分かりやすく書くことがポイントです。

これまでと違う業界をねらう場合は、営業職としてのこれまでの実績に加え、ご自身が転職先でどのように活躍するのかを人事担当者がイメージできるかどうかが重要です。応募書類には、営業で注力した点や仕事への取り組み方など、ほかの営業パーソンと差別化できるポイントを具体的に記載することに加え、即戦力で活かせる部分を志望動機としてアピールすると選考を通過しやすくなります。

営業職における働き方の変化は?

リモートワークや副業など「自分らしい働き方」を求める傾向に

営業職でもリモートワークを希望する方が増えていることなど、個人の働き方の価値観に変化が見られます。具体的には、「勤務地が限定されず、個人で好きな場所を選べる」「個人のライフイベントに合わせた柔軟な働き方を認めてもらえる」「個人の価値観を尊重するような制度が整っている」のように従来の働き方にとらわれない、自分らしい働き方を軸に転職活動される方が多いです。

IT系やDX関連を中心に、故郷に戻って就職するUターンや地方へ移住して働くIターンを希望される方が増えてきています。また、IT、Web、コンサル、人材などの無形セールスを中心に副業を視野に入れて転職を検討される方もいて、働き方の多様化がうかがえます。

営業職のリモートワークの実施状況は企業によってさまざま

営業職の場合、企業のリモートワークの対応はさまざまで、クライアント先の訪問が必要なときは出社するという条件付きで導入しているケースもあります。リーダー以上のポジションの場合、現場を束ねるために出社が必要になることも。企業によってリモートワークの考え方や環境は異なるため、実態を知りたい方はキャリアアドバイザーにご相談ください。

転職エージェントを活用し、効率的な転職活動を

2022年下半期の営業職の求人数は、全体的に増加傾向にあります。経験者に有利なのはもちろん、未経験枠の増加が見込まれるなどキャリアチェンジの可能性もあり、転職活動を始める好機と言えるでしょう。

私たちキャリアアドバイザーは、これまでの経験や知見をもとに客観的なアドバイスや新たな方向性を見つけられるお手伝いができます。転職活動を始めようと思っている方はもちろん、現時点で転職を考えていない方もお気軽にご相談ください。担当アドバイザーとのつながりを作っておき、活動のタイミングで連絡するという方も多数いらっしゃいます。

すでに別の転職エージェントにご相談されている場合は、セカンドオピニオンとして活用していただくのも一つの方法です。別の視点が加われば、新たな方向性を提案できるかもしれません。転職活動期間中には、孤独感や疑問を感じることもあるかと思います。キャリアアドバイザーには、ただ求人紹介や面接対策をするだけでなく、転職活動中の方を激励し、前向きな活動を促す役割もあります。ぜひご利用ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
営業(固定給35万円以上)の求人はこちら
求人を見る
あなたに合った働き方や企業風土を知って転職活動に活かしましょう
キャリアタイプ診断(無料)

この記事を監修したキャリアアドバイザー

このエントリーをはてなブックマークに追加

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?
ハイクラス転職サービスdodaX

  • doda転職オンライン予備校