スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

転職市場予測2020上半期

営業

法人営業、リテール営業、海外営業、メディカル関連営業、営業マネジャー…など

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は2020年1月に公開しました。
次回は2021年1月に更新予定です。

転職市場予測 トップページに戻る

営業職は即戦力採用の傾向。IT系の営業の採用ニーズが増加

dodaキャリアアドバイザー 石橋 寿子

新型コロナ以降の転職市場では、経験者採用の傾向が強まっています。この背景としてあるのは、リモートワークの広がりです。働き方が一変し、これまであまり進んでいなかったメンバーシップ型からジョブ型へ移行する企業の実例が増えてきました。企業が求める人材が今まで以上に「専門性のある人材」にフォーカスされてきていて、即戦力人材を採用する傾向に変化しているのです。

インサイドセールスやカスタマーサクセスの求人が増加見込み。法人営業の経験も武器

その「専門性を求める求人」は具体的にはIT系の営業職が飛び抜けてニーズが高い状況です。コロナ禍で求人倍率が下がる中でも、ITに関する業界・職種に関してはそれほど変化が見られません。ITに関連する商材や取引先など、ITリテラシーの高い営業経験者は、より専門性を活かせる会社への転職が可能です。

さまざまな企業が業務効率化のためにAIや新システムを導入している流れがあるため、インサイドセールスという内勤での新規営業部隊や、既存顧客をメインに対応するカスタマーサクセスというポジションの求人が今後増えていくと予測されます。実はIT系の営業への転職は、必ずしも業界知識が必要というわけではなく、法人営業経験さえあれば問題ない求人も多いのが実情です。成長産業で自身のスキルを磨けることは、IT業界に転職する大きなメリットと言えるでしょう。

また新型コロナの影響で多くの企業がリモートワークを導入したことで、社内会議や研修、営業もオンラインで行われるようになりました。結果的に対面コミュニケーションが取れなくなったことから、非対面ビジネスに強い方の需要が高くなると思われます。そのほか、「オンライン上で集団研修を行えるプレゼンスキル」「複数名の会議を仕切るファシリテーションスキル」「リモートメンバーのモチベーション管理スキル」などが、これから企業が求めるスキルとなるでしょう。

営業でも専門スキルは身につく。なりたい姿から逆算して考えて

営業職は専門性を身につけにくいと思われがちですが、少し先までビジョンを広げてみましょう。成長業界で身につく先見性、無形商材の提案経験、対法人の営業ノウハウ、決裁者とのパイプ構築スキル…いずれも営業の仕事を通して養うことのできる、重要な専門スキルです。自分がどんな専門性を持った営業になりたいかを考え、そこに近づけるようなキャリアを歩めば、市場価値も高まっていくはず。営業から管理部門やバックオフィスへの転職を希望する人が多いのですが、人事もマーケティングも企画ももともとは営業から通ずる業務です。営業スタイルや営業先、商材や価格帯を変えるだけで身につくスキルも変わり、専門知識もついてきますので、営業からの転職を考えている方はぜひ他業界での営業職もあわせてご検討ください。

もちろん、このタイミングで転職すべきかどうか迷っている方も多いと思います。ただ、悩み続けて時間が経ってしまうのは、非常にもったいないこと。漠然とした不安から「いい求人があれば転職したい」と相談に来る方も増えています。ご自身の仕事やキャリアプランに不安があるなら、ぜひキャリアアドバイザーにご相談くださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
営業の転職市場の動向はキャリアアドバイザーに相談を
エージェントサービスに申し込む(無料)
転職市場の情報収集とあわせて自分のタイプを知ろう
転職タイプ診断

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

転職タイプ診断