スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

転職市場予測2019下半期

営業

法人営業、リテール営業、海外営業、メディカル関連営業、営業マネジャー…など

このエントリーをはてなブックマークに追加

営業職に求められるのは「企画提案力」。業界を問わず活躍できるスキル習得がカギ

dodaキャリアアドバイザー 本郷 肇

営業職の求人数はやや減少するでしょう。2020年の大イベントを背景とした求人ニーズは収束して、「未経験歓迎」から「経験者有利」にシフトしそうです。
特に求人ニーズの旺盛なIT・Web業界でも、「未経験者を採用して入社後に育てる」から「業界や商材にできるだけズレがない人」へと採用方針が変わってきています。今までの経験と照らして業界や商材がぴたりと一致していない場合でも、マーケットの特性が似通っていた、取引先企業が重なっていたといった共通点があれば、多くの企業は即戦力として評価する傾向にあります。今までの経験と応募企業の共通点を探ってみて、自分が即戦力として活躍できるかを見極めましょう。

また、営業職のビジネススキルとして企画提案力がますます重視されるでしょう。営業職の場合、担当の顧客や商材が決まっているものですが、その枠内で手堅く売り上げを作るだけでなく、潜在的なニーズを引き出したり、商材を組み合わせたりする企画提案力が求められます。特に「コンサルティング営業」や「アライアンス営業」という名称ではなくても、こうした企画提案の経験や顧客への向き合い方を示せると営業職の転職活動はスムーズになるでしょう。

注目すべきは、RPA、AI、フィンテック、ブロックチェーンなど「事業の効率化を推進する事業」です。顧客ニーズをそのまま形にして提供するのではなく、顧客先で一緒につくりあげるような、客先に深く入り込むビジネスを展開している企業は、今後も大きく発展することが予想されます。

注目の職種

企画提案力のある営業

上の解説にもあるとおり、業界や商材にかかわらず営業職に企画提案力が求められるようになっています。BtoBビジネスでも営業を介さずにWeb上で発注や再購入のリマインドが済むようになっています。取引先企業の内情を理解したうえで、商材を組み合わせたり、ほかの部門へも効果を拡大させたりと、顧客が気づいていない企画提案をすることが差別化に直結します。

提案力のあるアウトソーシング会社

定型的な業務や新しい業務を早く定着させるためにアウトソーシング会社を活用するのが当たり前になってきています。AI(人工知能)、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)、FA(ファクトリー・オートメーション)などのトレンドは自社で内製するよりもアウトソーシング会社の力を借りたほうが早いという風潮もあります。発注された業務を仕様書どおりにこなすだけでなく、コンサルティングしながらより良い解決策を提案するアウトソーシング会社が存在感を増してきます。

人材業界、IT業界の営業職

営業職全体では求人数はやや減少の見込みですが、IT業界や人材業界では引き続きハイペースで求人が出そうです。「業界未経験OK」や「商材が一致していなくてもOK」という間口の広さもありますので、違う業界でキャリアチェンジを考えている人は選択肢に入れることをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

営業の公開求人、今すぐチェック
営業の求人を見る
dodaがおすすめ、営業の求人特集
求人まとめページを見る
もっと詳しく転職市場の動向を知るならdodaの専門スタッフに相談
エージェントサービスに申し込む(無料)
<

転職フェア(札幌)