スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

転職市場予測2020上半期

人事

人事、採用・教育、給与・社保、労務、人事制度…など

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事は2020年1月に公開しました。
次回は2021年1月に更新予定です。

転職市場予測 トップページに戻る

コロナ以降、労務や人事制度企画に採用ニーズ。対応力と柔軟性が求められる

dodaキャリアアドバイザー 内山 菜見子

「人事」には労務、新卒・中途採用、人事制度企画、給与計算、社会保険手続き…といろいろな業務領域がありますが、共通して即戦力採用の傾向が強まっていると言えます。2021年の採用ニーズにも領域別に濃淡があるため、それぞれ解説します。

感染対策や働き方改革の要となる人事。ニーズの増加が見込めるポジションも

新型コロナの影響を受けて企業の採用ニーズが高まっているのが、「労務・人事制度企画」です。背景として、感染予防のためのルールやオフィス環境の施策の考案、リモート勤務に伴う交通費や各種手当の見直し、働き方改革に伴う評価制度改定など、人事として対応すべき課題が急増していることが挙げられます。

また、「給与計算」「社会保険手続き」を外注化する事業会社が増える可能性があり、アウトソーサーやシェアード会社の求人は引き続き増加する見込みです。

さらに「採用」については、新型コロナの影響を受けにくいIT・Webサービス系の業界で、エンジニア採用担当者の求人が増加すると予想されます。エンジニアの採用には独特の知見が必要なので、経験者は有利に転職活動を進められるでしょう。市場の変化を見逃さないように、求人情報をこまめにチェックしてみてください。

新型コロナのような不測の事態にも対応できる「スピード感」「柔軟性」が人事のアピールポイント

人事領域の転職市場では、新型コロナのような前例のない状況にも対応できる能力が評価されるようになりました。時代や社会の変化に対応できるスピード感・柔軟性がこれまで以上に強く求められるでしょう。転職活動の際には、「経営者(上層部)に提案した経験」「他部署を巻き込んで物事を推進した経験」をアピールすることがおすすめです。人事ポジションは1名枠の採用求人が多いため、入社意欲が重要なポイントとなります。志望動機と転職理由を、一貫性のある形で伝えられるよう整理しておくと良いでしょう。

今まで経験したことのない事態が訪れ、将来のキャリアに不安を抱えている方も多いと思います。ただ、「このままで良いのだろうか」と、今の仕事に漠然としたモヤモヤを感じている方にこそ、転職活動を始めることをおすすめしたいです。そもそも転職活動のゴールは、転職することではなく、自分がいきいきと働ける場所を見つけること。企業研究や面接を通して、今の会社に残るべきか転職すべきかを深く考えることができますし、自身のキャリアを見直す良い機会になるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
人事の転職市場の動向はキャリアアドバイザーに相談を
エージェントサービスに申し込む(無料)
転職市場の情報収集とあわせて自分のタイプを知ろう
転職タイプ診断

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

doda転職オンライン予備校