スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

転職市場予測2019下半期

化学・素材

(化学・素材などの業界)研究、開発、品質管理、品質保証、技術営業、分析・評価…など

このエントリーをはてなブックマークに追加

化学系エンジニアは即戦力の採用へ徐々にシフト。経験を活かせる職種を柔軟に検討しよう

dodaキャリアアドバイザー 藤原 翼

化学系エンジニアの求人数は、2019年上半期と比べてやや減少する見込みです。

ここ数年、自動車業界・半導体業界の好調を受け化学系エンジニアの求人は増えていましたが、それらの業界の成長鈍化や、米中貿易摩擦による経済の先行き不透明感が求人数に影響を与えそうです。

ただし全体的に減少するわけではなく、第二新卒などのポテンシャルを見込んだ採用、あるいは実務未経験でも化学のバックグラウンドがあれば受け入れていたような求人が減り、経験者・即戦力の募集が中心になると見られています。

自動車・自動車部品メーカーでは、金属部品をプラスチックに代替するための材料開発、ボディ・外装・内装に使われる樹脂、フィルム、塗料などを開発するエンジニアの求人が中心でしたが、とりわけ車載電池の関連の募集が目立ってきています。

半導体関連では、半導体メーカーのほか、半導体製造装置メーカーでも、材料開発、プロセスエンジニアのニーズは引き続きあります。モバイル端末自体のニーズは落ち着く一方、5G(第5世代移動通信システム)への転換に向けて、自動運転システムやIoTに使われる通信機器に関する材料開発のニーズが高まりつつあります。

注目の職種

材料開発

顧客・ユーザーから要求される機能を実現する、材料開発職のニーズは堅調です。化学・素材メーカー以外でも、自動車・半導体関連を中心に化学系エンジニアのニーズは広がっているため、転職活動をする際には「化学メーカーでなくては」という思い込みを外して視野を広げ、自身の経験・知識が活かせる場所はどこかを探すことが、満足のいく転職をするためのポイントになるでしょう。

技術営業

化学メーカー、分析装置メーカー、技術商社などに所属し、営業職と連携して技術面のフォローをしたり、顧客企業の技術的な課題に対してソリューションを提案したりします。化学の分野は専門性が高いため、化学系の知識・実務経験を背景に顧客と折衝できるエンジニアは重用されます。将来的なキャリアとして、商品企画、マーケティングへのキャリアチェンジも視野に入れられます。

品質管理

製品の品質・安全を維持向上するため、主に工場などで、自社でつくった製品の検査・分析・評価などを行います。マネジメントのポジションから、検査などを上長の指示に従って行うエントリーレベルに近いポジションまで幅広い求人がありますが、実務未経験者の受け入れは減少し、経験者の採用が中心になっていくでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンケートにご協力ください。このコンテンツは役に立ちましたか?

化学・素材の公開求人、今すぐチェック
化学・素材の求人を見る
dodaがおすすめ、化学・素材(エンジニア)の求人特集
求人まとめページを見る
もっと詳しく転職市場の動向を知るならdodaの専門スタッフに相談
エージェントサービスに申し込む(無料)

転職フェア(札幌)