スマートフォン版で表示

コラム・事例・インタビュー

転職市場予測2018下半期
化学・素材

(化学・素材などの業界)研究、開発、品質管理、品質保証、技術営業、分析・評価…など

このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車・半導体業界の好況で、化学系技術者を求める企業の裾野が広がる

dodaキャリアアドバイザー 藤原 翼

化学系エンジニアの求人数は、2018年上半期とほぼ変わらない水準で推移しそうです。

自動車業界の好況に引っ張られる形で、ガラス繊維や炭素繊維などを材料に用いるFRP(Fiber Reinforced Plastics=繊維強化プラスチック)、セラミック、フィルム、塗料、電池など、自動車・自動車部品メーカーにおける化学系技術者の求人、またそれらの企業を顧客とする化学・素材メーカーの求人も堅調です。

半導体関連でも化学系技術者のニーズは高く、半導体メーカーだけでなく、半導体製造装置メーカーでも求人が増加しています。これまでは基本的に業界経験者限定でしたが、最近では未経験でも化学のバックグラウンドがあれば採用する企業が出てきています。この背景には、自動運転システムや車載機器、グローバルで市場を拡大するモバイル端末、センサーなどに向けた半導体を用途とする材料への需要の高まりがあります。

化学・素材の転職市場で着目すべき点は、化学・素材メーカー以外にもニーズが広がっているということ。転職活動をする際には視野を広くとって、自身の経験・知識が活かせる場所はどこかを探すことが満足のいく転職をするためのポイントになるでしょう。

注目の職種

素材開発

ニーズが高まると見られる職種の筆頭は開発職です。基礎研究というよりは、顧客・ユーザーからの要求に応えながら製品としての素材を開発するポジションです。この職種の求人は数多く出てきており、今後も堅調に推移するでしょう。

品質保証

製品の輸出先、または生産拠点のある各国の法規制、環境・安全基準をクリアするための品質保証のポジションも、絶対数は多くないものの引き続き高い需要が見込まれます。

プロセスエンジニア

自動車、電子機器、センサー類の需要の高まりによって、半導体メーカーのみならず、半導体製造装置メーカーでもプロセスエンジニアの需要が増しています。この傾向は長期的に続くと見られます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
化学・素材の公開求人、今すぐチェック
化学・素材の求人を見る
dodaがおすすめ、化学・素材の求人特集
求人まとめページを見る
もっと詳しく転職市場の動向を知るなら転職のプロにご相談を
エージェントサービスに申し込む(無料)

関連リンク

doda転職フェア大阪11/1、2、3開催