スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職Q&A ~プロが答えるQ&A(転職検討・活動の準備)~

Q.うつ病が理由で退職した場合、退職理由をどう伝えればいい?

前職をうつ病で休職したあとに退職しました。転職活動において退職理由を聞かれた場合、どのように答えるのが適切でしょうか。(23歳/女性)

A.退職理由として話すなら、病気になった「理由」に焦点を当てて伝えましょう。

前の職場を辞めた理由が病気だった場合、面接などでどのように伝えればいいのかを悩んでしまうのは自然なことです。うつ病などの精神的な疾病については、他者からの理解が得られるかを不安に感じてしまうのも無理はありません。

前提として知っておいてほしいのは、自分の病状に不安がないのであれば、自発的に病気のことを話す必要はないということ。逆に、入社後の業務に何らかの支障が出るかもしれないと思うなら、素直に伝えて企業に理解を得ておいたほうが、転職後の生活が楽になるケースが多いということです。

うつ病という病気に限っていうと、うつ病になってしまった理由にフォーカスする形で、退職理由を説明するといいかもしれません。病名を伝えるだけでは、入社後に同様のことが起きないかを採用担当者が判断できないからです。うつ病になった要因を具体的に伝えることで、採用担当者に「自社ではそのような事態は発生しない」と安心感を与えられれば、退職理由に対する理解を得やすいでしょう。

(キャリアアドバイザー 加賀美 文久)

転職活動を長引かせないためにもさっそく求人を探してみよう
希望の条件から求人を探す
これからの転職活動の進め方を転職のプロに相談してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

【人気企業300社の合格診断】今、転職できる可能性は?