転職理由ランキング2010年 総合

2008年9月以降の急速な景気悪化にともない、前回2009年のランキングでは、「倒産/リストラ/契約期間の満了」といった転職理由の増加が目立ちました。その後、2010年に入り、景気動向指数や株価の上昇など、少しずつ景気回復の兆しが見え始めています。不況から景気回復の一連の動きをうけ、転職理由はどのように変わったのでしょうか。総合ランキングと共に、職種別や年齢別、男女別での前年比、傾向の違いもご紹介します。

※データ出展:本コンテンツのデータはDODAサービスにご登録いただいている方のデータより抽出しています。
   データ抽出期間:2009年10月1日〜2010年2月28日 有効回答数:22052件
※掲載日:2010.04.19
  • 総合版
  • 職種別
  • 年齢別
  • 男女別

転職理由ランキング(総合)

順位 転職理由 割合 2009年版
順位 割合
 1位 会社の将来性が不安  14.7% 1 12.9%
 2位 他にやりたい仕事がある  10.6% 2 11.3%
 3位 倒産/リストラ/契約期間の満了  7.6% 5 6.2%
 4位 給与に不満がある  7.2% 4 7.3%
 5位 専門知識・技術力を習得したい  6.8% 3 7.4%
 6位 残業が多い/休日が少ない  4.4% 6 5.4%
 7位 幅広い経験を積みたい/幅広い知識を得たい  4.1% 8 4.2%
 8位 業界の先行きが不安  3.7% 9 3.3%
 9位 市場価値を上げたい  2.9% 12 2.3%
 10位 I/Uターンしたい  2.6% 10 2.4%
景気回復とは裏腹に、1年前より「会社の将来性に不安」の割合が増加 「市場価値を上げたい」という転職者の動きも活発化。

景気動向指数や株価の上昇など、景気回復の兆しが見え始めている一方、「会社の将来性に不安」という転職理由は、前回同様で第1位という結果になった。割合も前年より増え、不況や雇用情勢の悪化といった一連の動きを経て、「今勤めている会社は本当に大丈夫か?」と、改めて考える人が増えてきていることが考えられる。

また、「倒産/リストラ/契約期間の満了」という転職理由も1年前より増加。これは、雇用の回復は景気回復よりも遅れてくるためで、下図の株価と有効求人倍率の推移からも、求人の動きは株価の推移よりも1〜2年ほど遅れていることがわかる。一方、「市場価値を上げたい」という人の割合も増えており、「会社・組織に頼らず自身の市場価値を高め、どの企業からも求められる人材になりたい」といった転職者の動きも見受けられる。

キャリアアドバイザーが見る転職理由の傾向

自身を高めるために、前向きに動き出す転職者も

2010年に入り、失業率の改善や求人数の増加といった動きも見られ、そろそろ雇用情勢も好転が期待されています。ただし、雇用情勢が回復すると転職者の動きも活発化するため、競争が激しくなる前に動き出すことが転職成功の鍵です。今回の調査で「市場価値を上げたい」方が増えていることからも、転職者が自身を高めようとする前向きな動きに出始めていることがわかります。

企業側も、「会社の将来性が不安」という転職理由よりも、自身のキャリアアップのために転職活動をしている人を高く評価する傾向にあります。そのため、転職成功のためには、今の「会社に不安・不満があるから」ではなく、「自分は○○という力を活かして、さらに△△といった仕事で活躍したい。そのためには今の会社では難しい」と、前向きな理由をアピールすると良いでしょう。

日経平均株価と有効求人倍率の推移

「日経平均株価と有効求人倍率の推移」のグラフ
「自分も同じこと考えてる」…というあなた、転職活動のプロ、キャリアアドバイザーにご相談ください!
無料エージェントサービスに登録する
「キャリアアップの可能性を知りたい」、「何から始めたらいいのか分からない」・・・というあなたには、個別相談会がおすすめ!
“転職のプロ”に相談できる、DODA個別相談会
仕事、お金・・・みんなの「はたらく」に関するデータはこちらから