エグゼクティブ転職トップ > エグゼクティブ成功ガイド > エグゼクティブの転職に必要な3つの側面での「フィット」

エグゼクティブの転職に必要な3つの側面での「フィット」

エグゼクティブの転職では、3つの側面で、企業が求めるポジションに「フィット」することが必要です。それは「能力」「人物」「パフォーマンス」です。なぜ、この3つが必要なのか、詳しくお伝えします。

一般的に重視される「能力面のフィット」と「人物面のフィット」

3つの側面での「フィット」のうち2つは、エグゼクティブに限らず重視される要素です。それは「能力面のフィット」と「人物面のフィット」です。「能力面のフィット」とは、これまで仕事によって積み上げた経験やスキル、実績が転職先の企業に合致するかという点です。いわゆる"キャリア"と呼ばれる要素です。次に「人物面のフィット」とは、パーソナリティーや人柄のマッチ度合です。どんなに能力があっても、人物面で何かしら懸念点があれば、採用を踏みとどまる企業がほとんどです。そのため、人物としてその企業にマッチするかどうかも、転職に求められる要素と言えます。

<一般的に求められる要素>

エグゼクティブならではの「パフォーマンス面のフィット」

上記2つに加えて、エグゼクティブだからこそ特に求められるのが「パフォーマンス面のフィット」です。これは、仕事のスタイルやスタンスが、その企業とマッチしているかどうかということで「環境適応力」とも言えます。エグゼクティブのポジションの多くは、入社後すぐに結果を出すことが求められる「即戦力」採用です。そのため、エグゼクティブは、転職してから慣れるまで時間はかけられません。能力や人物がいくらマッチしていても、成果を出すまでに時間がかかるようでは、採用企業の期待に応えられません。だからこそ、この「パフォーマンス面のフィット」が、エグゼクティブの転職ならではの重要ポイントなのです。

その企業の仕事のスタイルが自分に合っているか、そこですぐに結果を出すことができるかという判断が、あなたの能力を最大限に発揮できる環境を見つけるヒントになるはずです。「パフォーマンス面のフィット」を意識して、次の活躍のステージを探してください。

<エグゼクティブに求められる要素>

専任のキャリアアドバイザーが、エグゼクティブの皆さまに新たなステージをご提案します。
ご登録いただいた方に、スカウト関連など、最新の情報をご連絡します。

エージェントサービスに登録(無料)

コンテンツ一覧

エグゼクティブ成功ガイド

エグゼクティブの転職事例

一覧

  • 進化を続けるエグゼクティブの転職事例

1,000万円転職事例

一覧

  • 1,100万円への転職成功事例
  • 1,200万円への転職成功事例
  • 1,000万円+成功報酬への転職成功事例

エグゼクティブ転職マニュアル

一覧

  • エグゼクティブのさまざまな志向に応えるDODAのエージェントサービス
  • 年収2000万円でも転職できるエグゼクティブ 300万円でも転職できないエグゼクティブ
  • 転職に必要な3つの側面での「フィット」
  • ヘッドハンターとの出会い方・付き合い方
  • エグゼクティブ流"志"転職 4つのポイント

テーマ特集

一覧

  • 2013年、注目を集めたキャリア・ビジネス系バズブログ12選
  • 「社長への転職」という生き方
  • エグゼクティブが語る 私を育てたマネジメント術
  • エグゼクティブ必見! 今、見ておくべきキャリア論
  • 検証コラム エグゼクティブDATABOX
  • エグゼクティブ診断