スマートフォン版で表示

いい転職が、未来を変える。DODA(デューダ)

転職のプロに相談できる、転職サイトDODA(デューダ)

株式会社インテリジェンス

転職市場予測 2016上半期 IT・通信

転職市場予測 2016上半期 IT・通信

ビジネスのWeb化、社会を巻き込むプロジェクト始動でIT投資はますます積極的に

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職市場予測 求人数が増えそうな職種、業態、分野はどこか?

ITエンジニアの求人は2016年上半期も緩やかに増え続ける見込みです。増加の背景は企業や自治体のIT投資が依然として積極的なことです。IT、とりわけWebをうまく活用することがビジネス成功の条件になりつつありますので、企業はいっそう力を入れています。新たなIT導入もあれば、既存のIT環境を見直したり、ビジネスをWeb化するなど、開発ニーズは多岐にわたります。発注側(企業のIT部門)も受注側(コンサルティングファームや大手SIerなど)もITエンジニアの求人ニーズが途切れることはありません。特に、クラウド導入やWeb化に実績のあるITエンジニアは非常に市場価値が高まっていますので、有利な転職活動ができます。

さらに、マイナンバー(2016年)や消費税率アップ(2017年)の対応が待ち構えています。これらは国の施策なので対応は避けられません。事業所の数だけニーズが発生するといった状況で、ITエンジニアの活躍の場はますます増えるでしょう。

DODAキャリアコンサルタント 齋藤久敏

注目のキーワード

フルスタックエンジニア

業界を問わず事業会社では、ビジネスやサービスのWeb化を進めています。単に導入するだけではなく、競合より先に立ち上げて利益を上げることが課題です。プロジェクトはごく少人数でスピーディに開発することが求められます。一人で開発も運用策定も予算管理も…と何役も担える人はITエンジニアとしての市場価値が高まります。必然的に、アプリ開発もインフラもデザインもできるフルスタックエンジニアが自分の希望をかなえて有利な転職活動をしやすくなるでしょう。

セキュリティ

ITシステムで扱うデータの大容量化、複数企業間でのデータ共有化、データベースのクラウド化など、ビジネスや環境が年々変化してきています。そして同時に、個人情報や機密情報の漏えいのリスクを抱えることになっています。そこで、セキュリティに特化したエンジニアの重要性が増していますが、こうしたスキルや実務経験を持つエンジニアはまだ少数です。セキュリティに特化したキャリアでなくてもサーバやネットワーク構築の経験者に対する求人ニーズが高まっています。

データマイニング

サービスのWeb化やIoTによってデータの大容量化がますます進んでいます。IT活用の目的が「業務改善・コスト削減」から「ビジネスや売り上げを生み出す」ことにシフトしています。それには大容量データから意味のある情報を選り分けて活用するというデータマイニングのスキルが必要になります。しかし、その知識や解析経験を持つ人材を各社で採用するのは困難を極めるため、コンサルティングファームに委託しているのが実態です。ITエンジニアとしてのキャリアアップのためにはぜひとも意識しておきたいスキルです。

マイナンバー、電力自由化、消費税率アップ

2016年以降、マイナンバー運用開始、電力自由化、消費税率アップなどが社会全体を巻き込んで動き出します。国も企業も手探りの状況とはいえ、ITシステムの観点からの対応が急がれます。特にマイナンバーに関しては“導入して終わり”ではなくデータのメンテナンスなど運用が重要です。コンサルティングファーム、SIer、ITサービス、IT製品サプライヤーは、顧客に対して対応の必要性を啓蒙するところからビジネスチャンスをつかもうとしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

求人情報

転職市場予測 11の業職種をチェック

DODA転職支援サービスに登録する

関連リンク