いい転職が、未来を変える。DODA(デューダ)

転職のプロに相談できる、転職サイトDODA(デューダ)

株式会社インテリジェンス
  • 求人検索
  • 転職支援サービス
  • スカウト
  • 転職成功ガイド
  • マイページ

転職市場予測 2015下半期 建築・土木

大規模インフラ改修、震災復興に加えメンテナンス需要が急増!2015年7月から年末が転職活動の狙い目

転職市場予測 求人数が増えそうな職種、業態、分野はどこか?

建築・土木の求人数は2015年後半も増加しつづけるでしょう。高速道路、橋梁、ライフラインなどの大規模インフラの老朽化対応、震災復興といった社会問題も終息には程遠く、大手ゼネコンを筆頭に求人ニーズが続いています。

震災後の耐震・免震、リフォーム案件も多数ありますし、企業の投資が一段と積極的になっていることから、大型施設の新規着工、地域の再開発、店舗の新規出店・改装などが続々と計画されています。そして、どんな建築物でも規模の大小にかかわらず、建てればメンテナンスが必要になりますので、メンテナンスに関する求人がかなり増加する見込みです。

転職活動をする場合、年末から年明け、年度末の3月にかけては業務の繁忙期で思うように進まない懸念がありますので、できるだけ7月~12月で活動することをおすすめします。豊富な求人の中から、希望条件を上回るような企業に転職が決まるケースも多くなるでしょう。

DODAキャリアコンサルタント
新見 孝之

DODAで公開中の
求人情報を見てみよう

建築・土木の求人一覧を見る

2015年下半期
求人増が予測される
注目キーワードの求人特集

求人特集を見る

注目のキーワード

ゼネコン

設計と施工管理の求人数が引き続き増加します。建築業界の案件増加・人材不足はここ何年も常態化しており、社会問題にもなっています。そこへさらに2020年東京オリンピックに向けた再開発や建設ラッシュも加わり、ゼネコンの求人ニーズはますます強まる見込みです。年齢や転職回数、経験不足などで転職に二の足を踏んでいたり、ゼネコンへの応募をあきらめていた人も十分にチャンスがあります。年収アップや就労条件の改善も実現しそうです。

不動産管理

新築や新規開発と同じかそれ以上に、ビルや施設の老朽化の対応に関する案件が山積しています。エコやサステイナブルの思想のもとに、「新築するよりも今あるものを直して長く使う」というリフォーム・リユースのオーダーが増えているのです。これに伴って不動産管理、ビル管理、メンテナンスの求人ニーズが非常に高くなるでしょう。これらの職種に転職する場合でも、設計や施工に関する資格があれば非常に有利になります。

電力自由化

2016年の電力自由化を目前に、関連の求人が増加しています。まずはメガソーラーの新設、風力などの新エネルギーのプラント建設があり、プラント設計や計画を手掛ける専門職の求人がかなり出てきています。また、これらの装置・施設が稼働した後のメンテナンス、火力発電回帰に伴う運用フェーズの人材確保も急務となっています。

求人情報

DODAで公開中の
求人情報を見てみよう

建築・土木の求人一覧を見る

2015年下半期
求人増が予測される
注目キーワードの求人特集

求人特集を見る

転職市場予測 11の業職種をチェック!

DODA転職支援サービスに登録する

より詳しい業界動向、あなたに合った
非公開求人、面接のアドバイスなどを
知りたい方はこちら

無料転職支援サービスに登録する

※ご登録後すぐにご紹介できる求人がない場合には、インテリジェンスDODAカスタマーセンターよりその旨ご連絡の上、求人発生時まで求人紹介・カウンセリングをお待ちいただいております。あらかじめご了承ください。

関連リンク