転職・求人DODA(デューダ)トップ > Uターン・Iターン転職

Uターン・Iターンの転職 生まれ育った地元や、今とは違う地域へのUターン・Iターンの転職を考える方のために国内8エリアの求人情報やコンテンツを集めました。将来のライフプランやキャリアアップを見すえて希望の地域への転職を成功させましょう。

トピックス

求人特集

新着求人

Uターン・Iターンとは?

Uターンとは、進学や就職で今の居住エリアに移住したのち、生まれ育った出身地のエリアに戻り転職することです。 「両親のそばで暮らしたい」「生まれ育った街を活性化させたい」などが、主な理由です。
Iターンとは、今の居住エリア以外で就職することです。 特に首都圏で生まれ育った人が、地方での暮らしに魅力を感じ、地方に移住して転職することを言います。「自然豊かな環境で暮らしたい」「伸び伸びできる環境で子育てをしたい」などが主な理由です。

また、優秀な人材を採用したい地方都市の企業や地域活性化の取り組みを強化する地方自治体が増えたことで、Uターン・Iターンを増やすための制度を充実させる企業が増加しています。さらにIT基盤が整った今は、場所に制約されずにやりたいことを実現できる可能性が広がったとも言えるでしょう。

画像:U・Iターンとは?

Uターン・Iターンの魅力・メリット

専門性を活かしたキャリアアップのチャンスがある

政府が推し進めている地方活性化戦略の一つに、「地方への人材の流動化」があります。
地域活性化の取り組みを強化する地方自治体や事業継承問題の解決に取り組む地方企業の増加や、新規ビジネスシーズの誕生などを背景に、首都圏にとどまらずさまざまな地方で、専門性を持った人材が求められています。
住まいを変えることを視野に入れることで、新たなキャリアアップの選択肢がみつかるかもしれません。

東京圏より安い住宅費。生活コストが削減できる。

生活にかかるコストが安いのも地方で暮らすメリットのひとつ。その差が最も顕著なのは、固定費である住宅費です。
1都3県の借家平均家賃が6万6,170円に対し、それ以外の44道府県の借家平均家賃は4万4,298円。さらに借家の平均面積を比較すると、1都3県が42.6㎡(東京都39.8㎡)に対し、それ以外の44道府県は49.9㎡と、7㎡広くなります。(※1)
同じ家賃で広い部屋に住んだり、貯蓄にまわす金額を増やしたりと生活において選択の幅が広がると言えるでしょう。

職住近接が実現でき、ワーク・ライフ・バランスもとりやすくなる。

1都3県で働く人の通勤時間が往復約90分であるのに対し、それ以外の44道府県で働く人の通勤時間は往復約45分です(※2)。
住宅費が安く、職場の近くに住むことができます。職住近接が実現できることは、職場と自宅を柔軟に行き来できることにつながるため、子育て、介護、趣味と仕事の両立など、ワーク・ライフ・バランスもとりやすくなります。

地域コミュニティとのつながりや、都市圏では得られない体験がある。

地方自治体によっては、農業・漁業などの第一次産業を体験できる機会をなど設けており、都市圏ではできない人や自然との関わりを体験することができます。地域おこしに積極的な地方自治体と多くの地場産業との交流、豊かな自然の中での体験など、地方だからこそ得られる魅力があります。

※1 ※2  総務省統計局「平成25年度土地・住宅統計調査」のデータを元にしています。

エリアで探す

北海道
北海道
東北
青森  |  岩手  |  宮城  |  秋田  |  山形  |  福島
関東
茨城  |  栃木  |  群馬  |  埼玉  |  千葉  |  東京  |  神奈川  |  山梨
東海
岐阜  |  静岡  |  愛知  |  三重
北信越
新潟  |  富山  |  石川  |  福井  |  長野
関西
滋賀  |  京都  |  大阪  |  兵庫  |  奈良  |  和歌山
中国・四国
鳥取  |  島根  |  岡山  |  広島  |  山口  |  徳島  |  香川  |  愛媛  |  高知
九州・沖縄
福岡  |  佐賀  |  長崎  |  熊本  |  大分  |  宮崎  |  鹿児島  |  沖縄
エージェントサービス
専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。
エージェントサービスに申し込む(無料)
3分でわかるエージェントサービスのメリット 3分でわかるエージェントサービスのメリット