株式会社巴川製紙所の求人・中途採用・転職情報

  • 東京都中央区京橋二丁目1番3号
  • 製紙・パルプ

株式会社巴川製紙所の求人・中途採用・転職情報を掲載。企業の基本情報や実際に働いている社員の情報を収集し、あなたの転職活動をサポートします。

株式会社巴川製紙所の会社概要

事業内容
プラスチック材料加工事業と製紙・塗工紙関連事業がコア事業。プラスチック材料加工事業は、フラットパネルディスプレイ向け光学フィルムの製造・販売、半導体関連の電子部品材料の製造・販売、及び化成品(トナー)の製造・販売が主。製紙・塗工紙関連事業は、洋紙の抄造・販売及び紙等への塗工・販売が主。
所在地
東京都中央区京橋二丁目1番3号
設立
1917年8月
代表者
代表取締役社長 井上 善雄
上場市場名
東証1部
時価総額
88.5 億円  (2020年5月22日 時点)

株式会社巴川製紙所の求人・採用情報

求人・採用情報はありません。

株式会社巴川製紙所の平均年収、給与情報

dodaに登録しているビジネスパーソンや評判・口コミ、公開情報による最新の年収情報を掲載しています。

公開情報による年収情報

平均年収:670万円

株式会社巴川製紙所が有価証券報告書で公表している2019年度の平均年収(給与)は670万円。過去5年間の平均年収は646万円。2019年度は平均と同水準。

平均年収

2018年3月の平均年収は657万円。

2019年3月の平均年収は670万円。

従業員1人あたりの売上高

2018年3月の従業員1人あたりの売上高(連結)は0.2728億円。

2019年3月の従業員1人あたりの売上高(連結)は0.2633億円。

出典元:フィスコ 2020年05月25日 時点

株式会社巴川製紙所の企業データ

dodaに登録しているビジネスパーソンや公開情報による最新の企業データを掲載しています。

公開情報による企業データ

売上高

2019年3月期の売上高(連結)は334.3億円。

2020年3月期の売上高(連結)は315億円を予想。

経常利益

2019年3月期の経常利益(連結)は6.7億円。

2020年3月期の経常利益(連結)は-1.5億円を予想。

出典元:フィスコ 2020年05月25日 時点

本ページは当該企業ホームページやIRによる公開情報、dodaによる求人・統計情報、株式会社ライボによる口コミ情報により構成されています。

現在は変更されている可能性がありますのでご注意ください。

>doda×JobQによる口コミの取り組みについて

>本ページについてのお問い合わせ

×
×
サイトに掲載されていない求人を見るなら

気になるリストに保存しました 「気になるリストへ」のボタンから、気になるリスト一覧へ移動できます

検索条件を保存しました 「検索条件の変更」ボタンから
条件を変更することができます

気になるリストに保存しました 「気になるリストへ」のボタンから、気になるリスト一覧へ移動できます

1つ以上の求人のチェックボックスを選択してください

応募依頼済、または募集終了の求人が含まれています

読み込みに失敗しました ブラウザの再読み込みをお願いします