株式会社日本製鋼所 の転職・中途採用情報

  • 東京都品川区大崎一丁目11番1号
  • 重工業・造船

株式会社日本製鋼所の求人・中途採用・転職情報を掲載。企業の基本情報や実際に働いている社員の情報を収集し、あなたの転職活動をサポートします。

株式会社日本製鋼所の会社概要

事業内容
機械製品関連事業(プラスチック射出成形機、流体機械、油圧機械等の製造)、及び鉄鋼製品関連事業(鋼板・鉄講等)を展開。
所在地
東京都品川区大崎一丁目11番1号
設立
1950年12月
代表者
代表取締役社長 松尾 敏夫
上場市場名
東証プライム
平均年齢
39.6歳
従業員数
5329 名(連結) / 1767 名(単独)
資本金
197.7 億円
時価総額
2212.6 億円  (2022年6月28日 時点)

株式会社日本製鋼所の求人・採用情報

株式会社日本製鋼所の評判・口コミ

株式会社日本製鋼所の社員の評判・口コミを掲載しています。

最新の評判・口コミ

    • ワークライフバランス・残業
    • 有給取得については部署によりけりだが、自分のところは当日朝電話で申請しても取得できる
    • 技術職
    • 正社員 2015年入社
    • 回答日:2021年4月15日
    • 出典元:JobQ
    • 会社の将来性・事業の強み
    • 各事業がニッチ市場をターゲットとしているため、新規参入などは無く事業基盤は安定的。
    • 技術職
    • 正社員 2015年入社
    • 回答日:2021年4月15日
    • 出典元:JobQ
    • 女性の働きやすさ・キャリア
    • 業種柄女性の割合が少ないため積極的な取り組みをしている様子は見受けられないが、世間一般で言われているひと通りの制度はある。
    • 技術職
    • 正社員 2015年入社
    • 回答日:2021年4月15日
    • 出典元:JobQ
    • 人事評価制度・教育
    • 明確な基準はなく、成果を出していなくても年功序列で昇給していく。現行の人事制度の場合、本社採用の人間は確実に管理職登用される。
    • 技術職
    • 正社員 2015年入社
    • 回答日:2021年4月15日
    • 出典元:JobQ
    • 仕事のやりがい・働きやすさ
    • 自分はお客様と共同開発を行う職種であることから様々な知識を吸収できる環境にあり、非常にやりがいがある。
    • 技術職
    • 正社員 2015年入社
    • 回答日:2021年4月15日
    • 出典元:JobQ

株式会社日本製鋼所の平均年収、給与情報

dodaに登録しているビジネスパーソンや評判・口コミ、公開情報による最新の年収情報を掲載しています。

公開情報による年収情報

平均年収:659万円

株式会社日本製鋼所が有価証券報告書で公表している最新の平均年収(給与)は659万円。過去5期分の平均年収は625万円。

平均年収

18.3期連 19.3期連 20.3期連 21.3期連 22.3期連
574 615 634 643 659

(万円)

従業員1人あたりの売上高

18.3期実連 19.3期実連 20.3期実連 21.3期実連 22.3期実連
0.3973 0.4131 0.4082 0.3716 0.4012

(億円)

出典元:フィスコ 2022年06月29日 時点

株式会社日本製鋼所の企業データ

dodaに登録しているビジネスパーソンや公開情報による最新の企業データを掲載しています。

公開情報による企業データ

売上高

19.3期実連 20.3期実連 21.3期実連 22.3期実連 23.3期予連
2201.5 2175.2 1980.4 2137.9 2660

(億円)

経常利益

19.3期実連 20.3期実連 21.3期実連 22.3期実連 23.3期予連
279.2 199 107.2 167.7 220

(億円)

出典元:フィスコ 2022年06月29日 時点

あなたが閲覧している企業に近い企業

あなたが閲覧している企業に近い企業

診断・書類作成ツール

  • 年収査定
  • 合格診断
  • レジュメビルダー
  • 自己PR発掘診断
  • キャリアタイプ診断
  • 転職タイプ診断
  • モヤモヤ診断

本ページは当該企業ホームページやIRによる公開情報、dodaによる掲載中/掲載終了求人・統計情報、株式会社ライボによる口コミ情報により構成されています。

現在は変更されている可能性がありますのでご注意ください。

>doda口コミ・Q&Aサービスの提供について

>本ページについてのお問い合わせ

×
dodaで転職活動を始めるなら