日本板硝子株式会社

機能性化学(無機・ガラス・カーボン・セラミック・セメント・窯業)メーカー

東京都港区三田3-5-27住友不動産三田ツインビル西館

  • 設立
    1918
  • 従業員数(連結)
    25232
  • 平均年収
    734万円

日本板硝子株式会社の転職・中途採用情報

日本板硝子株式会社の会社紹介

会社概要

事業内容

■業務内容:業界大手のガラスメーカー。日本板硝子は、1918年の創業以来、日常生活になくてはならない「ガラス」という素材にこだわり、様々な商品を社会に提供し続けています。快適空間の創造に貢献するガラス建材事業、自動車から航空機まで、最先端のガラスを生み出し続ける輸送機材事業、IT、エレクトロニクス分野のキーパーツで情報化社会を支える情報電子事業、ユニークでオリジナルな製品を世界規模の高シェアで供給するガラス繊維事業です。

本社所在地

東京都港区三田3-5-27住友不動産三田ツインビル西館

設立

1918年 11月

代表者

代表執行役社長兼CEO 取締役 指名委員会委員 報酬委員会委員 森 重樹

上場市場名

プライム

平均年齢

45.1歳

従業員数

25232 名(連結) / 1692 名(単独)

資本金

116,709 百万円

時価総額

491.2 億円   ( 2022年10月3日  時点)

日本板硝子株式会社の従業員

22.3期

25,232 (連結)

18.3期 19.3期 20.3期 21.3期 22.3期
連結 26957 26741 26803 25955 25232
単独 1961 1944 1980 1934 1692

(人)

日本板硝子株式会社の業績

建築用・自動車用・液晶用高機能ガラスを世界展開。欧米売上構成比率が高い。23.3期1Qは2桁営業増益。建築用ガラス事業は堅調。コスト増だが、好調な需要による販売数量の増加や販売価格の上昇などが寄与。 記:2022/08/11

23.3期予連

6,900.0 億円 (連結)

19.3期実連 20.3期実連 21.3期実連 22.3期実連 23.3期予連
6127.8 5561.7 4992.2 6005.6 6900

(億円)

    • 建築用ガラス事業 49%
      自動車用ガラス事業 44%
      高機能ガラス事業 6%
      その他 1%

      出典:フィスコ 22.6 期

    • (単位:億円)

    • 総資産 9392.8
      自己資本 1452.9
      自己資本比率 15.468%
      利益剰余金 -601.2
      有利子負債 4678.8

      出典:フィスコ 2022年03月 時点

    • 営業CF 450.6
      投資CF -227.8
      財務CF -208.2
      現金同等物残高 600.1

      出典:フィスコ 2022年03月 時点

    • (単位:億円)

    • ROE 2.845
      ROA 0.44
      設備投資 344.8
      減価償却 -

      出典:フィスコ 2022年03月 時点

×
dodaで転職活動を始めるなら

気になるリストに保存しました

「気になるリストへ」のボタンから、気になるリスト一覧へ移動できます