転職・求人DODA(デューダ)トップ > DODAセールス > あなたのスキルは、異業界で通用する?営業職のための「トランスファラブルスキル」を読み解く4STEP

営業職のための「トランスファラブルスキル」を読み解く4STEP

あなたのスキルは、異業界で通用する?

「いざ、転職!」と気持ちは前向きでも、実際に転職活動を始めてみると、「自分の強みが分からない」「キャリアビジョンが描けない」といった壁に多くの方がぶつかります。キャリアカウンセリングを行っていても、漠然と「他の業界に転職したい」とは考えているものの、「他社で通用する自分の強みがわからない」「他業界の営業スタイルを知らないから、入社後の活躍イメージがわかない」という方に、多く出会います。面接や内定まで進んでも、最終的な迷いが解消されずに、自ら内定を辞退…というケースも見受けられます。
特に営業職となると、担当業界や扱う商品・サービス、営業スタイルなどが多種多様なため、「果たして、一体何が自分の武器なのか?」を冷静に判断しづらいものです。今回は、異業界転職を前向きに考え、進めていくために、ご自身がいま持っている力を客観的に把握・分析し、営業としてのさらなるキャリアアップを実現しましょう。

あなたがいま持っているスキルを知る

転職活動の第一歩は、まず自分自身を深く知ることから始まります。【STEP 1】では、あなたがいま持っているスキルを確かめてください。あなたがこれまで担当してきた「顧客」「商材」「提案期間」を棚卸しし、あなたの営業力を客観的な視点からチェックしましょう。

STEP1へ進む

「顧客×商材」の関係を変える“異業界転職”

現在のスキルが認識できたら“異業界転職”のシミュレーションに挑戦してみましょう。これまで担当してきた「顧客」はそのままに「商材」を変えてみる。もしくは、扱う「商材」は変えずに、売り先である「顧客」を変えてみる。こうした発想の転換が、“異業界転職”成功の第一歩につながります。

STEP2へ進む

「顧客×営業スパン」の関係を変える“異業界転職”

次に、「顧客」と「営業スパン」の関係性を変えてみます。売り先である「顧客」はそのままに、「営業スパン」を変えてみる。もしくは、「営業スパン」はそのままに、提案先となる「顧客」の会社規模や業界を変えてみる。そうすることで、おのずと提案の幅、商品単価にも変化が見られ、活躍できるキャリアパスはさらに広がります。

STEP3へ進む

意外と知られていないトランスファラブルスキル」という考え方

「トランスファラブルスキル」は、あなた自身の将来を切り開く、最も重要な鍵となります。そもそも、トランスファラブルスキルとは何を意味するのか?現時点でのあなたの「トランスファラブルスキル」とは一体何なのか? を、【STEP 4】で確認しましょう。

STEP4へ進む
DODAエージェントサービス 専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。はじめて退職する方のために3分でわかるエージェントサービスのメリットを紹介 エージェントサービスに申し込む(無料) 3分でわかるエージェントサービスのメリット

無料エージェントサービスに登録する

専任のキャリアアドバイザーが「非公開求人の紹介」はじめ、あなたの転職活動をサポート

メールマガジン無料配信

簡単登録で最新の転職情報、
希望の求人が届く

専門サイト

DODAエンジニア IT

DODAエンジニア モノづくり

DODAメディカル

DODAセールス

DODAファイナンス

DODAスペシャリスト

DODAエグゼクティブ

DODAグローバル

これから転職をお考えの方へ

はたらく20代のための情報サイト

変化を楽しみ、自分の未来を考える

障がい者のための転職 DODAチャレンジ