転職・求人DODAエンジニア/トップ > 転職情報・成功ガイド > エンジニアの転職Q&A > 転職活動全般 > 転職活動では一般的に、何社くらいの企業を応募すると良いのでしょうか?

エンジニア転職 Q&A

よくある悩みや疑問もこれで解決!

DODAのキャリアアドバイザーが実際のキャリアカウンセリングでよく受ける質問を一問一答形式でまとめました。エンジニアならではの悩みや疑問もコレで解決!

転職活動全般

応募条件

面接・履歴書等

業界知識

Q

転職活動では一般的に、何社くらいの企業を応募すると良いのでしょうか?

A

これはケースにもよりますが、6~7社に応募することをお勧めしています。

ただしもちろんやみくもに社数を受ければ良いというものではなく、例えば「技術志向でいきたい」や「マネジメント志向でいきたい」といった方向性を3つほど定め、各2社程度応募するという考え方です。複数社に転職活動を行う中で意外な評価を受けたり発見があったり、というケースも少なくないですし、最後に1社を決める際にも異なる分野や志向を検討したうえでの決断ですので、「その1社に決める理由」への納得度が違います。
ただし、それだけの数の企業に応募するとスケジュール調整が大変になってきます。たとえば1次面接は全社受けて、2次面接では優先順をつける、あるいは同時に選考を受ける社数にご自身で調整のつく範囲で制限を持つ、などの工夫が必要になってくるでしょう。

 

業界専任のキャリアアドバイザーが、マンツーマンでご相談を承ります。

エンジニアの方の転職を多数サポートした、経験豊富なキャリアアドバイザーが、マンツーマンでご相談を承ります。求人の探し方、応募書類作成や面接対策のほか、あなたの市場価値や業界動向を踏まえたキャリアプランなど、豊富な転職ノウハウを元にアドバイスいたします。

専任のキャリアアドバイザーに相談する

エンジニア転職の就職活動全般

エンジニアの転職

IT業界・モノづくり系の転職 DODAエンジニア トップへ

エンジニア転職Q&A

このコーナーのトップへ

転職

転職のプロに相談できる、転職サイトDODA(デューダ)

無料エージェントサービスに申し込む

IT業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが、エンジニアの転職活動を無料でバックアップします。

イベント情報

転職のプロに相談できる DODAエンジニア個別相談会

おすすめ診断コンテンツ

ITエンジニア・クリエイター合格診断

あなたの“本当の年収”や今後の“年収推移”も分かる!年収査定サービス[無料]

インタビュー、コラム

アプリケーションエンジニアのための転職力アップ法

アプリケーションエンジニアのための転職力アップ法

エンジニア特有の転職成功ノウハウや市場動向をご紹介

インフラエンジニアのための転職力アップ法

インフラエンジニアのための転職力アップ法

インフラ領域特有の転職成功ノウハウや市場動向をご紹介

業界専任キャリアアドバイザーの連載コラム Webクリエイターのための転職力アップ法

Webクリエイターのための転職力アップ法

クリエイター転職特有のノウハウ・事例などご紹介!

未来を創る 意志あるエンジニアたち

未来を創る 意志あるエンジニアたち

最前線で活躍するエンジニアのこだわりに迫る

GEEK ACADEMY

GEEK ACADEMY

先端を走る技術を、ギークに学ぶ

メールマガジン無料配信

簡単登録で最新の転職情報、
希望の求人が届く