エグゼクティブ転職トップ > 年収1000万円以上の求人と非公開求人 > エグゼクティブ採用のトレンドと背景 第3回
このエントリーをはてなブックマークに追加

「コラム」エグゼクティブ採用のトレンドと背景

ThemeIT・通信

2014.3.31更新

IT・通信の力は経営の鍵を握る!当然、求人ニーズは高止まり

景況感の回復から、多くの企業や官公庁においてIT投資が高まり続けている。しかし、この環境がチャンスとなるIT・通信業界、中でも特にSIerでは、人材供給が追いついていないケースが多く、即戦力となるキャリア採用が加熱している。中でも特に求人ニーズの高いポジションは以下の3つだ。

コンサル・グローバル・クラウド。SIer求人のキーワードはこの3つ。

1. コンサルティング型案件
IT・通信各社にとっての脅威は、コンサルティングファームがIT強化を急速に進めていることだ(トレンドと背景を参照)。このためSIer各社はコンサルティング部門を立ち上げる、M&Aを行うなど、上流から一気通貫でのサービス提供を指向し始めている。また、大手小売業や外資系生命保険会社などは、ビジネスの変化とコストに柔軟に対応するため、システム開発の内製化を進めており、SIerおよびコンサルティング業界出身者の採用を強化している。IT・通信の活用が経営に不可欠であることの表れと言えるだろう。

2. グローバル案件
多くの企業で、海外拠点の設立、海外企業のM&Aなど、グローバル化の加速が進んでいる。その業務インフラを担うのがIT技術。システム統合、多言語化、情報管理システム再構築など、高い案件需要に応えるために、SIer各社は即戦力強化の必要性に迫られている。今後も、グローバル案件に対応できる人材ニーズは高いだろう。

3. クラウド/ビッグデータ系案件
クラウドを有効活用してITインフラ構築のできるエンジニアへの需要も高まっている。大手通信会社をはじめとしたクラウドサービスを提供する企業の積極採用などがいい例だ。また、ビックデータ系は比較的新しい領域で、経験者の希少価値が高い。エグゼクティブ層の場合、データ解析経験だけではなく、解析データを経営・事業戦略にどう展開するかを描ける人材が求められている。

上記どの案件の人材採用においても、スキル・経験ともに合致する経験者が当然求められるが、すべての条件を満たす人材が不足しているのも実情だ。そのため、これまでの経験とポテンシャルを評価して、採用を決める企業も多い。多少スキル・経験が不足していても、自分のコアスキルを活かせるポジションへの応募であれば、有利な転職活動ができる可能性も高いだろう。

「IT・通信」でキャリアの可能性を広げるには

採用の背景を知って興味をお持ちになった方は、キャリアの可能性を広げてみませんか。
公開中の求人情報と非公開求人、コンサルタントへのご相談も承ります。

専任のキャリアアドバイザーが、エグゼクティブの皆さまに新たなステージをご提案します。
ご登録いただいた方に、スカウト関連など、最新の情報をご連絡します。

エージェントサービスに申し込む(無料)

コンテンツ一覧

エグゼクティブ成功ガイド

エグゼクティブの転職事例

一覧

  • 進化を続けるエグゼクティブの転職事例

1,000万円転職事例

一覧

  • 1,100万円への転職成功事例
  • 1,200万円への転職成功事例
  • 1,000万円+成功報酬への転職成功事例

エグゼクティブ転職マニュアル

一覧

  • エグゼクティブのさまざまな志向に応えるDODAのエージェントサービス
  • 年収2000万円でも転職できるエグゼクティブ 300万円でも転職できないエグゼクティブ
  • 転職に必要な3つの側面での「フィット」
  • ヘッドハンターとの出会い方・付き合い方
  • エグゼクティブ流"志"転職 4つのポイント

テーマ特集

一覧

  • 2013年、注目を集めたキャリア・ビジネス系バズブログ12選
  • 「社長への転職」という生き方
  • エグゼクティブが語る 私を育てたマネジメント術
  • エグゼクティブ必見! 今、見ておくべきキャリア論
  • 検証コラム エグゼクティブDATABOX
  • エグゼクティブ診断