スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

Javaエンジニアのイメージ

Javaエンジニアとは?仕事内容や未経験からの転職方法などを解説

Javaは人気の高いプログラミング言語の一つです。環境に依存せずに動作するため、ほかの言語と比較して、Webアプリやスマートフォンアプリ、組み込みシステムなど、広い範囲で利用されています。

Javaを用いてアプリケーション開発を行う技術者がJavaエンジニアです。ここでは、Javaエンジニアの仕事内容や求められるスキル、未経験からの転職方法について解説します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Javaとは

Javaはプログラミング言語の一つで、JVM(Java仮想マシン)が動作する環境であれば、Windows、macOS、Linuxなどの環境に依存せずに実行できるため、幅広い場面で利用が可能です。基幹システムやWebアプリ、スマートフォンアプリ、組み込みシステムなどの開発に活用されています。

Javaはコンパイラ型言語であるため、処理内容を記載したファイルと実行ファイルが分離しており、プログラムの実行前に機械語への翻訳が完了しています。

また、オブジェクト指向のプログラミング言語でもあり、型保証やガベージコレクションなどの機能で、アプリケーションの堅牢性を強化しています。

Javaエンジニアの仕事内容

次に、Javaエンジニアの仕事内容について解説します。Javaエンジニアの主な仕事内容としては、基幹システム開発、Webアプリ開発、スマートフォンアプリ開発、組み込みシステム開発などが挙げられます。

基幹システム開発

Javaは、型保証やガベージコレクションなどにより、セキュリティに考慮した設計となっています。そのため、銀行や証券会社のシステムなど、特にセキュリティやアプリケーションの堅牢性を強化しなければならない場合に多く使われています。ほかにも、生産管理システムや、受発注管理システムなど、さまざまな業界で幅広く需要があります。

Webアプリやスマートフォンアプリ開発

前述した堅牢性の点をはじめ、Javaの持つメリットゆえにWebアプリ開発でも人気を博しています。例えば、処理内容にもよりますが、Web開発アプリでよく採用されるPHPやRubyなどと比べると速度が速めであるといった点が一例です。

また、古くはガラパゴスケータイのアプリ開発でもJavaが活用されていましたが、現在のスマートフォンにおいても、Androidアプリ開発ではJavaが主に利用されています。

なお、Androidアプリ開発には、Javaだけではなく、Kotlinと呼ばれる静的型付けのオブジェクト指向型のプログラミング言語も用いられるケースが増えています。両者は互換性があり、ハイブリッドな開発を行うことも可能です。Kotlinの人気も高まっていますが、まだまだJavaでの開発事例も多くあります。

組み込みシステム開発

Javaは組み込みシステム開発でも用いられます。組み込みシステムとは、家電などの機械に組み込まれているコンピュータを制御するシステムです。例えば、自動車や飛行機、電子レンジ、冷蔵庫、テレビなどに組み込まれています。

組み込みソフトウェア開発データ白書2019」(独立行政法人 情報処理推進機構)によると、組み込み開発における使用言語として、JavaはCやC++に比べると採用割合は高くありませんが、メモリ管理が容易で開発効率が高いため、ハードウェア側の性能向上に伴い、使用事例が増える傾向にあります。

Javaエンジニアの需要

GitHubが発表したプログラミング言語別の利用ランキングによると、Javaは、JavaScriptやPythonに次ぐ3位でした(2014年から2018年までは2位)。多数存在するプログラミング言語のなかでも、Javaは直近10年以内で、多く利用されていることが分かります。

また、Stack Overflowが発表したプログラミング言語ランキング(2021年5月調査)でも、JavaはJavaScript、HTML/CSS、Python、SQLに次ぐ5位でした。

このように、Javaは多くの利用実績があることが分かります。アップデートによるバグ発生の可能性が低く、技術が確立されているため、信頼性やセキュリティなどの安全性をより重視する基幹システムなどの開発で採用されることが多いです。また、環境非依存で利用が可能なため、前述のとおりWebアプリやスマートフォンアプリなど、さまざまなシステム開発において需要があります。

Javaエンジニアに求められるスキル

次に、Javaエンジニアに求められるスキルについて触れていきます。転職を検討する際には、これらのスキル習得を意識しましょう。

オブジェクト指向の理解

Javaはオブジェクト指向型のプログラミング言語です。オブジェクト指向は、プログラムの設計や実装の考え方の一つで、データや処理手順をオブジェクトという単位でまとめます。

関連する変数やメソッドを1つのオブジェクト内でまとめて管理しやすい点がメリットです。そのため、Javaを習得するには、オブジェクト指向の理解が必須といえます。オブジェクト指向の基本概念である、カプセル化、抽象化、継承、ポリモーフィズムを理解しましょう。

Javaのフレームワークの知識

プログラミング言語のフレームワークとは、Webアプリケーションやシステムを開発するうえで必要な機能をあらかじめ用意した枠組みのことです。

Javaにもさまざまなフレームワークが存在するため、業務内容に合わせたフレームワークの知識が必要となります。例えば、Webアプリケーション開発のフレームワークであれば、Spring FrameworkPlay Framework、基幹システム開発であれば、Jakarta EE(Java EE)などが挙げられます。

開発プラットフォームに合わせたプログラミングスキル

Javaは環境に依存せずに動作するため、対象となる環境は多岐にわたります。例えばAndroidアプリケーションであれば、Javaと互換性のあるKotlinを用いたAndroidアプリケーション開発の知識を習得しておくと良いでしょう。

Javaエンジニアの転職について

次に、Javaエンジニアの転職について、これまでの実務経験の有無をもとに解説します。

Javaによる開発の実務経験がある場合

Javaの実務経験があるエンジニアの場合は、これまでの業務経験を整理し、自身の強みを転職先でどのように活かせるかを明確にします。例えば、基幹システムの開発経験があるエンジニアなら、Webアプリ開発を行う企業へ転職する場合であっても、高いセキュリティ水準を要求されるアプリケーション開発経験がアピールポイントの一つになるでしょう。

また、今後のキャリアプランについても明確にしておきます。Javaの経験を増やし、エンジニアとして携われる業務領域を拡大していくのか、マネジメント志向なのかなどです。

業務領域を拡大していくのであれば、Webアプリとスマートフォンアプリのマルチプラットフォームで開発できるエンジニアを目指すなど、具体的なキャリアプランを考えておきましょう。

Java以外による開発の実務経験がある場合

Java以外の言語での実務経験がある場合は、まず、携わりたい業務領域と自身のキャリアプランを明確にして、これまでの業務経験と今後のキャリアプランとの関連を整理しましょう。

これまで使用していたプログラミング言語の種類によって、Javaを習得する難易度が異なり、採用面接時のアピールの仕方も変わります。

例えば、コンパイル型のプログラミング言語や、オブジェクト指向型のプログラミング言語を習得している場合には、Javaとの共通点があるため、Java習得の難易度は下がるでしょう。さらに、転職活動時の採用担当者にも、教育の見通しが立ちやすいという印象を与えることができます。

もちろん、独学でJavaのプログラミングスキルを磨くことも重要です。作成したプログラミングの成果物(ソースコード)をGitHub上にまとめておけば、技術力を効果的にアピールできます。さらに、実装の意図や背景が分かるような設計ドキュメントをあわせて公開しておくと、プログラミング能力だけではなく、エンジニアとしての技術的な考え方や能力を示すことができ、採用担当者が判断しやすくなります。

またコードを書く際にも、オブジェクト指向や、堅牢なアプリケーションを作成するためのセキュリティを意識した設計思想が反映されていると、採用担当者にJavaエンジニアとしてのスキルをアピールできるでしょう。

未経験からの転職の場合

エンジニア未経験の場合は、Javaのプログラミングスキルを磨くだけではなく、まずは、どのような業務領域で働きたいのか、希望する仕事内容を明確にする必要があります。

Javaを用いたWebアプリ開発に携わりたいのか、スマートフォンアプリ開発に携わりたいのか、大規模な基幹システム開発に携わりたいのか、組み込みシステムに携わりたいのかなどです。それぞれの業界や事業に求められる知識などの情報や、その後のキャリアプランも整理しておく必要があります。

プログラミングスキルに関しては、まずJavaに触れてみて、雰囲気をつかむところからはじめてみると良いでしょう。Javaは、歴史の長いプログラミング言語なので、関連書籍が多く出版されています。

関連書籍を用いた学習以外にも、オンライン学習サイトを活用する方法もあります。初心者向けのオンラインプログラミング学習サービスであれば、環境構築のような初学者が挫折しやすい工程を省いて、Javaの基礎文法から学べます。

また、オンライン学習サイトでは、プログラミング言語に限らずさまざまな内容が学習できます。例えば、Javaのプログラミングとあわせて、オブジェクト指向やJavaのフレームワークについて学ぶのも有益でしょう。

まとめ

Javaエンジニアは、Javaを用いてシステム開発を行うエンジニアです。Javaは、Webアプリやスマートフォンアプリや組み込みシステムなど幅広い開発に使用されており、高い需要があります。

また、セキュリティの高さや処理速度の速さ、導入実績が豊富で技術的に確立されている点も特徴で、官公庁や金融機関のシステムにも採用されています。Javaは現在大規模開発において国内で最も利用されているプログラミング言語の一つです。

環境に依存せずに動作するアプリケーションの開発に携わりたい方や、技術的に確立された言語を新たに学んでみたい方は、Javaの習得を検討してみてはいかがでしょうか。

自分の強みや志向性を理解して、キャリアプランに役立てよう
キャリアタイプ診断を受ける
ITエンジニア専任のキャリアアドバイザーに無料で転職相談
エージェントサービスに申し込む(無料)
キャリアプランに合う求人を探してみよう
ITエンジニア求人を探す

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの可能性と出会えるキャリアタイプ診断
ハイクラス転職サービスdodaX