スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

プロジェクトマネージャーのイメージ

プロジェクトマネージャー(PM)とは?仕事内容やスキル、年収についても解説

プロジェクトの規模は企業によってさまざまですが、大規模なプロジェクトになるほど俯瞰して見るのが難しく、プロジェクトマネジメントの必要性が高まります。

プロジェクトマネージャーには高いマネジメント能力のほか、強い責任感やプロジェクト内容に関する専門的な知識が求められます。しかし、どのようなステップでプロジェクトマネージャーを目指すべきか分からない人もいるでしょう。

そこで本稿では、プロジェクトマネージャーの仕事内容や求められるスキルや年収、関連する資格、キャリアプランの考え方などを紹介します。

エンジニアとしての市場価値を知るために

年収査定を受ける(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロジェクトマネージャー(PM)とは

プロジェクトマネージャーには明確な定義がなく、その仕事内容も企業や文献によって多少の幅があります。ここでは、IPA(情報処理推進機構)のプロジェクトマネージャー試験の情報をもとに紹介します。

プロジェクトマネージャーとは、Q(Quality:品質)・C(Cost:プロジェクト原価)、D(Delivery:納期)といったプロジェクトの目的を達成する役割を担い、目標を達成するためにさまざまなマネジメント業務を行う職種です。また、プロジェクトチームメンバーだけではなく、ステークホルダー(利害関係者)との信頼関係や協力関係を結ぶ役割も求められます。

プロジェクトマネージャーの仕事内容

プロジェクトマネージャーの仕事内容は、プロジェクト計画を策定し、設定したQCDを達成するためにマネジメントしていくことです。

しかし、会社によって担当する範囲や役割が異なり、品質と納期のコントロールを中心に担うケースもあれば、外注費やライセンス数などの細かなコスト管理まで行う場合があります。

なお、プロジェクトマネージャーの仕事内容は、プロジェクト管理に関するノウハウや手法を体系的にまとめたPMBOKに基づいて、以下のように分けられます。

  • スコープ管理
  • スケジュール管理
  • 品質管理
  • 調達・資源管理
  • コスト管理
  • リスク管理
  • ステークホルダーとのコミュニケーション管理

スコープ管理

クライアントの要望に応じて、システム化構想や運用プランを策定するなど、プロジェクトの範囲(=スコープ)を決定することです。クライアントからヒアリングした情報をもとに、プロジェクトの目標や必要なタスクも定義します。また、クライアントの状況が大きく変わったときには、スコープ変更の提案・調整なども行います。

スケジュール管理

プロジェクトスケジュールを作成し、プロジェクトの完了予定日やマイルストーンなどを定義します。また、適宜プロジェクトの進捗状況を確認し、必要に応じて納期やマイルストーンの調整、スケジュールの見直しなどを行います。

品質管理

クライアントに納品する成果物の品質を定義し、品質基準をクリアするためのタスクのコントロールやプロジェクトメンバーの支援、成果物の品質チェックを行います。

調達・資源管理

プロジェクトの目的達成のために、必要な人材や資源の確保を行います。プロジェクトの推進期間中は、人員リソースと資源の継続的な見直しも行います。また、メンバーに対して、プロジェクトの目的や目標を浸透させるのも役割の一つです。

コスト管理

プロジェクトの人件費や外注費、ソフトウェアなどの費用を管理し、予算を超えないように管理します。

リスク管理

あらかじめプロジェクトで発生しうるリスク(問題や課題)を洗い出し、リスク別に対応方針を立案します。プロジェクト中にリスクが顕在化した場合は、状況に応じて対応方針を決定し、タスクに落とし込みます。

ステークホルダーとのコミュニケーション管理

ステークホルダーと適切にコミュニケーションを取り、協力関係を築いたり、ステークホルダーの懸念点や不安点を払拭したりします。

プロジェクトリーダー(PL)との違い

企業によっては、プロジェクト管理にかかわる役割としてプロジェクトリーダー(PL)というポジションを設けている場合もあります。プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーを区別する明確な定義はなく、さまざまな解釈がありますが、ここでは一例として特定領域の責任者という解釈で解説をしていきます。

プロジェクトマネージャーがプロジェクト全体を統括する責任者であるのに対して、プロジェクトリーダーはプロジェクトの領域単位のリーダーを指します。大きなプロジェクトでは、販売領域・調達領域・会計領域などの業務領域や、設計/開発・インフラなどのシステム領域でチームが分かれていることが多いです。

これらの領域単位で配置されるリーダーをプロジェクトリーダーと呼び、その領域のタスクを推進するとともにスケジュール管理やメンバーのマネジメント、リスク管理などを行います。

関連記事 : プロジェクトリーダーとは?仕事内容や役割、スキル、資格、なるためのキャリアプランなどを解説

プロダクトマネージャーとの違い

プロダクトマネージャーも企業により定義は異なりますが、自社製品でのプロダクト開発の責任者と定義されるケースが多いでしょう。ここでもその前提で解説します。

プロダクトマネージャーは、ユーザーの課題を解決しつつ、収益の獲得やプロダクトのビジョン実現を目指すために、プロダクト作り・改善を行っていきます。エンジニアやデザイナー、マーケターなどをまとめあげ、プロダクト成功に導いていくポジションです。

プロジェクトマネージャーの役割は、QCDに責任を持ちプロジェクトの目標を達成することとされます。一方、プロダクトマネージャーはユーザーに価値を提供し、プロダクトを成功させることに責任を持つといった立ち位置が多いでしょう。プロダクトを改善し続けるために、継続的にプロジェクトを実施していくことになることや、そのためにチームを率いていくといった点で両者には重なる部分もあります。

なお、プロジェクトマネージャーとプロダクトマネージャーの両者を区別するために、略称で呼ぶ際にはそれぞれ「PjM」「PdM」と呼ぶこともあります。

エンジニアとしての市場価値を知るために

年収査定を受ける(無料)

プロジェクトマネージャー(PM)に求められるスキル・知識

ここではプロジェクトマネージャーに求められるスキルを紹介します。

  • マネジメントスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 開発内容に関する知識

マネジメントスキル

プロジェクト全体を俯瞰的にマネジメントするスキルが求められます。単に状況を確認・分析するだけでなく、リスクや課題の発生を抑えるための支援や、発生した場合の対応やステークホルダーとの調整など、幅広い業務領域のマネジメントスキルが求められます。課題の分析やリソース管理も適宜行う必要があるため、コストや分析に苦手意識がないことも重要なポイントです。

一般的には、PMBOKなどで体系的にプロジェクトマネジメントに関する知識を学び、日々の業務の中でスキルを身につけていきます。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、プロジェクトマネージャーに求められる重要なスキルの一つです。ステークホルダーやプロジェクトメンバーと対話して良好な関係を構築し、その上で適切なタイミングで小まめなコミュニケーションを取る緻密さが必要とされます。

また、プロジェクトが危機的状況に陥ったときには、クライアントとコミュニケーションを取り、冷静に対応することも求められます。

開発内容に関する知識

プロジェクトマネージャーには、マネジメントスキルやコミュニケーションスキルに加えて、開発内容に関する技術知識・業務知識も求められます。

プロジェクトマネージャーが設計や開発業務を中心に行うケースは少ないですが、それらの方針案のジャッジや、クライアントへの提案・説明も行います。これらを行うには、開発内容に関する深い理解が必要なため、基本的には開発経験のある領域でプロジェクトマネージャーとしてのキャリアを構築していくケースが多いでしょう。

エンジニアとしての市場価値を知るために

年収査定を受ける(無料)

プロジェクトマネージャー(PM)の平均年収

2023年版のdodaの「平均年収ランキング」ではプロジェクトマネージャーの平均年収は686万円となっており、SE・プログラマーなどほかのIT系職種と比較しても、プロジェクトマネージャーの給与水準は高くなっています。背景として、プロジェクトマネージャーはプロジェクトの成功という大きなミッションを背負っており、高度かつ幅広い知識・経験が求められることが考えられます。

一方で、プロジェクトマネージャーになれば必ずしも平均年収に近い給与を得られるわけではなく、年齢や企業によって400万円~1200万円程度と大きな幅があります。主に一次請けが主体となるIT企業や外資系の大手ソフトウェアメーカーなどでは、年収が高くなる傾向があります。

また、大規模なプロジェクトを請け負っている企業ほど、高いマネジメント能力や豊富な知識・業界経験が求められるため、年収も高くなるでしょう。

ITエンジニアの職種別平均年収(平均年収(全体)の高い順並べ)

職種 平均年収
(全体)
平均年収(年代別) 求人
20代 30代 40代 50代以上
プロジェクトマネジャー 691万円 507万円 693万円 836万円 836万円 求人を見る
プリセールス 609万円 440万円 624万円 834万円 1010万円 求人を見る
ITコンサルタント 602万円 474万円 669万円 873万円 936万円 求人を見る
IT戦略/システム企画 600万円 417万円 551万円 735万円 848万円 求人を見る
セキュリティコンサルタント/
アナリスト
597万円 450万円 606万円 810万円 - 求人を見る
研究開発 562万円 456万円 629万円 717万円 847万円 求人を見る
データサイエンティスト 532万円 458万円 617万円 763万円 - 求人を見る
セキュリティエンジニア
(脆弱性診断/
ネットワークセキュリティ)
487万円 409万円 567万円 - - 求人を見る
システム開発/運用 472万円 386万円 508万円 595万円 636万円 求人を見る
パッケージ導入/
システム導入
469万円 401万円 550万円 657万円 726万円 求人を見る
スマホアプリ/
ネイティブアプリ系
エンジニア
461万円 401万円 559万円 - - 求人を見る
サーバーエンジニア 454万円 393万円 517万円 635万円 693万円 求人を見る
ネットワークエンジニア 446万円 376万円 525万円 647万円 798万円 求人を見る
制御系ソフトウェア開発 430万円 363万円 512万円 621万円 648万円 求人を見る
Webサービスエンジニア 424万円 377万円 489万円 619万円 683万円 求人を見る
SE/プログラマ 422万円 375万円 494万円 581万円 607万円 求人を見る
テクニカルサポート 415万円 358万円 436万円 513万円 591万円 求人を見る
データベースエンジニア 412万円 375万円 471万円 - - 求人を見る
運用/監視/保守 373万円 336万円 428万円 535万円 616万円 求人を見る
デバッグ/テスター 372万円 324万円 411万円 503万円 700万円 求人を見る
ヘルプデスク 345万円 311万円 367万円 431万円 480万円 求人を見る
職種 平均年収
(全体)
平均年収(年代別) 求人
20代 30代 40代 50代以上

出典:doda「平均年収ランキング2023年版」

エンジニアとしての市場価値を知るために

年収査定を受ける(無料)

プロジェクトマネージャー(PM)への理解を深める上で役立つ資格

ここでは、プロジェクトマネージャーへの理解が深まるとともに、転職に役立つ資格を紹介します。ただし、プロジェクトマネージャーに最も重要なのは実務経験です。資格は体系的に理解していることをアピールするのに効果的ですが、転職では参考程度の評価であることを認識しておきましょう。

  • PMP
  • プロジェクトマネージャ試験
  • NPMO認定PMO-S™シリーズ

PMP

PMPとは、PMI日本支部が開催しているプロジェクトマネジメントに関する国際資格です。プロジェクトマネジメントに関するスキル証明としては、最も評価を得られるでしょう。

PMP試験では、プロジェクトマネジメントの知識を「人」「プロセス」「ビジネス環境」の3つのカテゴリに分けて体系的に身につけられます。また、受講要件にはプロジェクトマネジメントの経験が最低2年以上必要であり、プロジェクトマネジメントに従事している証拠にもなります。

プロジェクトマネージャ試験

プロジェクトマネージャ試験とは、IPA(情報処理推進機構)が主催するプロジェクトマネジメントの国家資格です。プロジェクトマネジメントに関する知識に加えて、IT戦略およびシステム全般を体系的に理解していることが求められます。学習することで、リスク管理やスケジュール管理、プロジェクト評価の方法などプロジェクトマネージャーに求められるスキルが身につきます。受験にあたって、プロジェクトマネージャーの経験は求められません。

プロジェクトマネージャ試験は、IT関連の国家資格の分類の中で「レベル4」の高度情報処理技術者試験に分類されており、最も難易度が高い資格です。取得すれば、プロジェクトマネジメントに関する十分な知識を有していることを証明できるでしょう。

NPMO認定PMO-S™シリーズ

NPMO認定PMO-S™シリーズは、主にPMO関連のマネジメント業務を体系的に学んだことを証明する資格です。NPMO認定PMO-S™シリーズは1と2がありますが、どちらもPMPとプロジェクトマネージャ試験の資格に比べて難易度は下がります。はじめてプロジェクトマネジメントを学習する際に活用するとよいでしょう。

エンジニアとしての市場価値を知るために

年収査定を受ける(無料)

プロジェクトマネージャー(PM)になるには

プロジェクトマネージャーには十分な経験やスキル・知識が求められるため、未経験者が転職でプロジェクトマネージャーとして採用されるのは現実的ではなく、基本的には現職で徐々にキャリアアップしていくのが王道です。ここではプロジェクトマネージャーになるための道筋の例をご紹介します。

  • SEなどのエンジニア職として上流工程の経験を積む
  • プロジェクトリーダーになる

SEなどのエンジニア職として上流工程の経験を積む

SEなどのエンジニア職として、要件定義や設計など上流工程の経験を積みましょう。上流工程の業務では、技術や業務に関して身につけなければならない範囲が広いため、網羅的な知識が身につきます。上流工程のタスク管理に携わらせてもらうなどして、少しずつマネジメント業務を経験していくとよいでしょう。

プロジェクトリーダーになる

SEなどのエンジニア職である程度経験を積んだら、プロジェクトリーダーのようなリーダー経験やマネジメント経験を積めるポジションを目指しましょう。

例えばプロジェクトリーダーであれば、各領域の専門性を磨くとともに、よりマネジメントスキルを強化することが求められます。チームメンバーと適切にコミュニケーションを取り、進捗管理や工数管理などのマネジメント業務を行うとともに、士気を高めるなど、リーダーとしてチームをまとめることを意識しましょう。こうしてプロジェクトリーダーとして経験を積み、プロジェクトマネージャーへのキャリアアップを目指すのが基本のパターンです。

なお、企業によってはプロジェクトマネージャーに相当するポジションがないこともあります。その場合は、まずは、近い職種や役割でマネジメント経験やスキル・知識を磨いていき、プロジェクトマネージャーを目指せるキャリアパスがある企業への転職も検討する必要があるでしょう。

エンジニアとしての市場価値を知るために

年収査定を受ける(無料)

プロジェクトマネージャー(PM)の求人傾向

IT業界の市場規模は年々拡大を続けており、それに伴いITプロジェクトも増加傾向となっています。そのため、幅広い開発領域でプロジェクトマネージャーの需要があります。例えば近年ではDX案件AIを活用した開発、クラウド関連の案件が増えています。

プロジェクトマネージャーへの転職難易度

プロジェクトマネージャーのニーズは増加傾向にありますが、求人要件が下がっているわけではありません。どちらかというと、プロジェクトマネージャーへの転職難易度は高いといえるでしょう。

その理由として、即戦力(=経験豊富なベテラン層)を求めている企業が非常に多いことが挙げられます。プロジェクトマネージャーへの転職活動を行う際には、自身のスキルと、これまでのマネジメント経験、業務で発生した課題・解決方法などの実績をまとめ、アピールできるように心がけましょう。

例えば、ヒト・モノ・カネの規模が大きいプロジェクトのマネジメント経験は転職時にも評価されやすいため、可能であれば在職中に計画的に経験を積めるとよいでしょう。

エンジニアとしての市場価値を知るために

年収査定を受ける(無料)

プロジェクトマネージャー(PM)のキャリアプラン

ここではプロジェクトマネージャー以降のキャリアプランを紹介します。

  • 他社のプロジェクトマネージャー・ITコンサルタントへ転職
  • 事業会社の情報システム部門(社内SE)へ転職
  • CIO、CDO、CTOなどの最高責任者を目指す

他社のプロジェクトマネージャー・ITコンサルタントへ転職

プロジェクトマネージャーから別会社のプロジェクトマネージャーへ転職するケースは、キャリアプランとしては最も一般的でしょう。また、ビジネス観点を養ってコンサルティングファームのITコンサルタントを目指し、課題解決のスキルを磨くという選択肢もあります。

事業会社の情報システム部門(社内SE)へ転職

事業会社の情報システム部門で、社内SEとして働くケースも多くあります。社内SEは上流工程から下流工程まで幅広く関わり、また社内の企画部門や開発ベンダーといった複数のステークホルダーとコミュニケーションを取る必要があるため、プロジェクトマネージャーで培った経験を活かすことができるでしょう。

CIO、CDO、CTOなどの最高責任者を目指す

豊富な経験と幅広い知識を活かしてCIO(最高情報責任者)やCDO(最高デジタル責任者)、CTO(最高技術責任者)といった技術系の最高責任者を目指すことも可能です。どれもIT関連の知識だけではなく、経営の知識やDX推進のノウハウ、IT戦略立案の能力など、非常に高いレベルの知識と経験が求められます。また、業界知識や自社のビジネス構造などに関する知識も求められるため、転職で目指すよりは社内からのキャリアアップで目指していくポジションとされる場合が多いでしょう。

エンジニアとしての市場価値を知るために

年収査定を受ける(無料)

まとめ

ここまで、プロジェクトマネージャーに興味を持つ方に向けてあれこれを解説してきました。プロジェクトマネージャーは年収の高いポジションであり、ITエンジニアとしてのキャリアの方向性を考える上では魅力ある選択肢といえます。

一方で「マネジメントにかかわるよりも、技術力を高めていきたい」という希望を持つITエンジニアの方も少なくなく、企業によっては「年収を上げるにはマネジメントポジションを目指すしかない」ということもあり、そうした方にとって悩ましい部分もあります。

ただし、近年ではプロジェクトマネージャーと同等の年収をもらえる、技術のスペシャリストとしてのポジションを設けている企業も増えてきており、キャリアの選択肢は一つとは限りません。

こうしたキャリアや年収などのお悩みをお持ちであれば、dodaのエージェントサービスの利用もご検討ください。具体的な求人の紹介はもちろん、転職活動以前のキャリアのお悩み相談なども承ります。ぜひお気軽にご相談ください。

エンジニアとしての市場価値を知るために

年収査定を受ける(無料)
この記事の監修者

小菅 裕子(こすげ・ゆうこ)

国家資格キャリアコンサルタント

新卒で人材ベンチャー企業に入社し営業担当とキャリアアドバイザー両方の業務を経験。その後、株式会社インテリジェンス(現パーソルキャリア株式会社)に転職し、2年間人事を経験したのち、キャリアアドバイザーへ異動。ITクリエイティブ領域の担当となり、今に至る。ITエンジニア、中でもインフラ(サーバー、ネットワーク、クラウド)、データサイエンティスト、セキュリティエンジニアの転職支援実績を多く持ち、深い業界理解を強みとしている。また、自主サービスを持つ企業についての積極的な情報収集を行っており、Webエンジニアをはじめ転職希望者が最適な企業選びができるように努めている。累計10年以上のキャリアアドバイザー経験を持つ。

自分の強みや志向性を理解して、キャリアプランに役立てよう
キャリアタイプ診断を受ける
ITエンジニア専任のキャリアアドバイザーに無料で転職相談
エージェントサービスに申し込む(無料)
キャリアプランに合う求人を探してみよう
ITエンジニア求人を探す

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校
ハイクラス転職サービスdodaX