スマートフォン版で表示

現在、お知らせはありません。

ITエンジニアの
転職Q&A

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職活動の準備

エンジニアとしての市場価値を知るためにはどうすればよい?

システムエンジニアとして働いているのですが、今の会社での勤務経験しかなく、自分の市場価値が分かりません。市場価値はどのように決まるのでしょうか? また、市場価値を高めるにはどうすればよいのでしょうか?

キャリアアドバイザーのA.をまとめると

回答したキャリアアドバイザーはこちら

新開 裕理(しんかい・ゆり)

国家資格キャリアコンサルタント

新卒で大手人材企業に入社し、医療領域における法人・個人向けの営業に従事。2017年パーソルキャリア株式会社に転職。IT領域専門のキャリアアドバイザーとして、年間300人以上の方とお話しし、転職のサポートをさせていただいています。お客さまが描くビジョンをかなえられるよう、SIer、社内SE、コンサルティングファームなど、さまざまな方向性でキャリアのご提案をしています。

エンジニアの市場価値は「スキル」と「キャリア」で決まります

市場価値 わからないのイメージ

エンジニアの転職で、多くの人が気になるのが「エンジニアとしての市場価値」ですよね。IT業界におけるエンジニアの市場価値は技術の進歩と深い関係があり、時代とともに変化していきます。

例えば、昔からあるプログラミング言語の知識だけではなく、クラウドと組み合わせてより安全なシステム構築ができるなど、トレンドを押さえていると技術面での評価は上がるでしょう。さらに、エンジニアの中でもリーダーとしてプロジェクトを成功させた実績があれば、マネジメントポジションを求められる可能性があります。

つまりエンジニアの市場価値を知るために必要なのは、現在求められている人物像と自分の「スキル」や「キャリア」を照らし合わせ、どのような市場なら自分を活かせるのかを知ることです。まずは今現在の市場のニーズを把握し、その中で自分の「スキル」と「キャリア」がどのような位置づけになるのかを考えてみましょう。

市場価値が高いエンジニアの特徴

IT業界のエンジニアとして市場価値が高いと評価される人には、次のような特徴があります。

  • プログラミング自体が好きで、開発のために努力を惜しまない人
  • 状況に応じて適切なアーキテクチャーを選択できる人
  • 突出した技術やスキルがあり、その能力を仕事に活かせる人
  • 時代の変化を敏感にキャッチし、必要な知識を学んで柔軟に対応できる人
  • 常にユーザーの立場で物事をとらえ、求められる開発ができる人
  • プロジェクトを実現した実績を持ち、リーダーシップを発揮して効率よく開発を進められる人
  • 協調性やコミュニケーション能力が高く、パートナーと円滑に仕事ができる人

これらの特徴を見てみると、これまで身につけてきたエンジニアとしての「スキル」と「キャリア」がいかに重要かが分かりますね。自分の市場価値を知るための指針として、これらの特徴を自分に当てはめて考えてみましょう。

市場価値が高いエンジニアの職種

一口にエンジニアといっても、職種によってその市場価値に差があります。特にIT技術が日常生活まで浸透してきた現代では、エンジニアの業務が細分化していく傾向にあるため、自分に合った職種を見つけることが大切です。では、市場価値が高いエンジニアの職種とはどのようなものか、具体的にご紹介しましょう。

AIエンジニア

機械学習によってビッグデータの解析をするエンジニアです。大量のデータの中から正解を導き出したりトレンドを予測したりするのにAIを活用します。AI技術は、家電製品や飲食店の会計など身近な分野ですでに活用されおり、今後は医療や農業分野などへのさらなる市場拡大が期待されています。

IoTエンジニア

「モノのインターネット」と呼ばれるIoTの分野で活躍するエンジニアです。スマートフォンやタブレットといったデバイスや、家電・自動車・工場の設備などをインターネットにつなげて活用する技術で、あらゆるモノへの普及拡大が進むとともにエンジニア不足が懸念されるため、市場価値が高くなるでしょう。

セキュリティエンジニア

サーバーやパソコンの情報を保護し、サイバー攻撃の対策・調査を行うエンジニアです。インターネットが不可欠になった現代では、情報漏洩・流出を防ぐ情報セキュリティが重視されるようになってきました。今後も多くの企業が力を注ぐ分野になると予想されるため、採用ニーズも高くなるでしょう。

クラウドエンジニア

クラウドサービス上でシステムの設計・構築などを行うエンジニアです。「AWS」「GCP」「Azure」といった有名なパブリッククラウドを利用することが多く、企業のクラウドサービスへの移行に伴い市場価値が高まっています。

フルスタックエンジニア

システム開発に関するすべての工程を1人でこなせる技術を持ったエンジニアです。将来的にエンジニア不足が懸念されている中、1人で何役もの業務をこなせるフルスタックエンジニアの市場価値はますます高くなるでしょう。

VRエンジニア

仮想空間の映像を開発するエンジニアです。すでにゲーム業界や医療関係、遠方からの不動産内見といった分野で取り入れられており、今後の発展が期待されています。

同じITエンジニアの中でも、将来性がある職種は市場価値も高まります。自分のスキルやキャリアと照らし合わせ、転職先を探す判断材料にしてみましょう。

エンジニアとして市場価値を高めるために必要なこと

エンジニアとしての市場価値を高めるためには、具体的にどのようなことをすればよいのでしょうか。エンジニアの市場価値を高める上で必要なことをご紹介しましょう。

複数分野の専門知識を習得する

現代のITエンジニアには、システムの構築・開発から運用・管理まで、幅広いスキルが求められる傾向にあります。つまり、1つの分野の高い専門知識と経験に加えて、周辺領域の技術を理解していると評価されやすくなります。

例えば、フロントエンドエンジニアとして専門知識を有している上で、アプリエンジニアやインフラエンジニアとしての経験もあると、より市場価値が高まるでしょう。専門分野のスキルアップとともに、周辺領域の技術や知識にも関心を持ち、併せて習得するようにチャレンジしてみてください。

ポータブルスキルを磨く

ポータブルスキルは、エンジニアに限らず多くの職種で必要とされるスキルです。例えば、コミュニケーション能力やマネジメントスキルを持っていると、組織を統括するエンジニアマネージャーやCTOなどに抜擢されるかもしれません。また、計画実行力が高ければプロジェクトマネージャーに起用されることも。エンジニアの専門スキルだけではなく、汎用性の高いポータブルスキルも磨いて高い評価を得ましょう。

転職活動を始める前に、自分の市場価値を診断!
年収査定を受ける(無料)
次こそは長く勤めたいと思ったらIT専任のキャリアアドバイザーに相談してみよう
エージェントサービスに申し込む(無料)
応募前に合格可能性が分かる!
合格診断を受ける(無料)
このエントリーをはてなブックマークに追加

doda転職オンライン予備校