転職・求人DODAエンジニア IT/トップ > 転職情報・成功ガイド > ギークアカデミー > 「技術を追求するだけでなく、「現場を見なければ」と思い、コンサルタントに」ウルシステムズ 高橋 浩之 氏 | ギークアカデミー

GEEK ACADEMY 先端を走る技を、ギークに学ぶ

掲載日:2013.07.22
このエントリーをはてなブックマークに追加

「技術を追求するだけでなく、『現場を見なければ』と思い、コンサルタントに」

ウルシステムズ シニアコンサルタント 高橋 浩之氏

大手SIerにてシステム開発のリーダーやアーキテクトとして活躍後2007年にウルシステムズに入社。ITコンサルタントとして顧客企業のアーキテクチャ検討やプロセス改善などに携わっている。


ウルシステムズでシニアコンサルタントを務める高橋浩之氏に話を聴いた。最新の技術に触れる技術支援の仕事を長く続けた結果として、現場を見ることの重要性を痛感したという。

最新の技術に触れる仕事から「現場を見る」仕事へ

──以前の仕事を教えてください。
大手の独立系SI企業で、ノンプロフィットの技術部門にいました。私が社会人になった1990年代後半はアプリケーションサーバーが出始め、Javaを使ったシステム開発が始まった時期でした。
その後、J2EEを社内で活用することになり、その研修や開発案件を担当するようになりました。2001年の秋頃には、まだその当時無名で情報もほとんど無かったStrutsフレームワークを使った小さなシステムの開発案件のチームリーダーを担当したこともあります。
やがて、製造業向けシステム開発のアーキテクトをしました。このときは、開発プロセスとしてまだ事例も少なかった反復型プロセスであるRUP(Rational Unified Process)をベースにカスタマイズしたものを適用したのですが、その技術支援をする立場で参加しました。
──まさにシステム開発のトレンドの最前線を歩いてきたような経歴なのですが、転職した理由は何だったのですか?
前の会社ではずっと社内や協力会社を技術部門として支援する立場でした。最初の頃は、「できる人」に合わせて高い生産性を出す開発体制やフレームワークがいいと思っていたのですが、社内のさまざまな部署や協力会社への技術支援をしているうちに、技術力の差がものすごく大きいことを実感し、「これは違う視点に立たないといけない」と思いました。案件ごとに、プロジェクトや会社が積み重ねてきた歴史があり、システム構築の経緯があります。それらを実際に見た上で、そこに合ったものを選んでいかないといけない。そう思うようになりました。
そのためには、現場に出ないといけない。現場の状況を知った上で最善のアーキテクチャを考えた方がいい。そう考えて、ウルシステムズに入社しました。
──入社してみて、どうでした?
自分がそう考えたことは間違いではなかったと思いました。現場でリーダーに会って課題を聞いて、今の状況で最善の策はこうだと考えて提案する仕事ができる、まさに考えていた通りでした。

「目的により正解は変わる」ことを意識

──どんなプロジェクトが印象に残っていますか?
前職の時代に、ある大手銀行が持っているフレームワークと、当時の会社で使っていたフレームワークを融合させるプロジェクトがありました。金融機関ならではの重厚なフレームワークに新しいフレームワークをかぶせる形で開発を行ったのですが、そのときに金融機関のシステムは考え方が違うことに気がつきました。必ずしも最新の技術を使っている訳ではないのですが、不正検知、例えば停止したときに必ず記録が残り、障害を追うことができる機能など、それまであまり意識したことがなかった点に重点が置かれていました。この時の経験で「目的により正解は違う」ことを学びました。
その時の体験から、自分が関わる案件で、「何が最も求められているのか」を気にするようになりました。QCD(品質、コスト、納期)のバランスの中でどれぐらい品質が求められているのか。品質の作り込みよりも短納期であることが重視されている場合もあります。
──今、特に関心をお持ちの分野はなんでしょうか。
やはりフレームワーク、ミドルウエアの分野には関心があります。ただし、実際に自分で使ってみて良い面、悪い面を判断できるところまで追いかけようとすると、新しいものすべてをカバーすることはできません。ある基準で選んで見ていく形になります。
一番長く手がけているのはSpring Frameworkです。最近はバッチ処理に適用するSpring Batchや、エンタープライズアプリケーション統合のSpring Integrationのように、Springのやり方で開発できる環境が広がっています。中でも特にSpring Data Apache HadoopやSpring Data Gemfireなどは、近年分散処理やクラウド対応等がアーキテクチャ検討時の主要課題となってくることが多いため注目していますし、Springのコミュニティも積極的に参加しています。
ScalaやHaskellなどの最近のプログラミング言語にも関心は持っています。ただ、エンジニアが2~3人集まって作るのであればそうした言語でもいいのですが、50人を集めるとなるとそうもいきません。普及しているJavaや安定したフレームワークが必要になってきます。個人として新しい技術を使って楽しむことと、仕事で実際の現場で使えるかどうかは切り分けて考えるようにしています。

開発手法の導入は新技術の導入より大変だった

──アジャイル開発手法の適用の案件も手がけているのですね。
今関わっているプロジェクトでは、アジャイル開発手法の一つScrumをベースにした開発手法を取り入れています。考えなければいけない範囲は、契約形態、承認、レビューなど多岐にわたるため、それらの要素も取り込んだ適切な開発手法を導入する支援をしています。
正直に言うと開発手法の導入は大変で、技術の導入の方がずっと楽です(笑)。今まで慣れ親しんでいる開発手法との違いがありますから、いろいろな意見が出ます。反発する人も出てきます。対立を解消するための調整に必要なコミュニケーションの割合が増えます。
──そんな時は、どうするのですか。
メリットとデメリットをなるべく可視化して、伝える工夫をします。説明会を開催したり、それ以外のいろいろな機会があるたびに根気強く説明したりします。見てもらえるよう、分かってもらえるように、資料の作り方も工夫します。大変ですが、現場を見て最善な提案をするということが、まさに自分のやりたいことですから。

ウルシステムズ株式会社 稲葉信之 氏のインタビューはこちら

「ギークアカデミー」バックナンバーはこちら

ココが今回のギークの学びどころ

  • 現場を見よう。技術だけでなく、チームと案件の歴史システムの経緯、それらの積み重ねの上で最適な提案を考える
  • 目的により正解は異なる。何が求められているかを常に意識する。高品質か、低コストなのか、短納期か。信頼性の基準もシステムにより異なる
  • 技術の導入より開発手法の導入の方が大変。コミュニケーションの工夫を惜しまない努力が必要

今回のギークが活躍する現場は「ウルシステムズ株式会社」
エンジニア求人一覧は以下よりご確認いただけます。

エンジニア求人を見る

DODAエージェントサービス 専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。はじめて退職する方のために3分でわかるエージェントサービスのメリットを紹介 エージェントサービスに申し込む(無料) 3分でわかるエージェントサービスのメリット
ITエンジニア・クリエイター合格診断

無料エージェントサービスに申し込む

IT業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが、エンジニアの転職活動を無料でバックアップします。

イベント情報

転職のプロに相談できる DODAエンジニア個別相談会

おすすめ診断コンテンツ

ITエンジニア・クリエイター合格診断

あなたの“本当の年収”や今後の“年収推移”も分かる!年収査定サービス[無料]

インタビュー、コラム

アプリケーションエンジニアのための転職力アップ法

アプリケーションエンジニアのための転職力アップ法

エンジニア特有の転職成功ノウハウや市場動向をご紹介

インフラエンジニアのための転職力アップ法

インフラエンジニアのための転職力アップ法

インフラ領域特有の転職成功ノウハウや市場動向をご紹介

業界専任キャリアアドバイザーの連載コラム Webクリエイターのための転職力アップ法

Webクリエイターのための転職力アップ法

クリエイター転職特有のノウハウ・事例などご紹介!

未来を創る 意志あるエンジニアたち

未来を創る 意志あるエンジニアたち

最前線で活躍するエンジニアのこだわりに迫る

GEEK ACADEMY

GEEK ACADEMY

先端を走る技術を、ギークに学ぶ

メールマガジン無料配信

簡単登録で最新の転職情報、
希望の求人が届く