転職・求人DODAエンジニア IT/トップ > 転職情報・成功ガイド > ギークアカデミー > 次々登場する新技術を吸収できる環境を作るには 株式会社ドワンゴ 柴田智明 氏、川平航介 氏

GEEK ACADEMY 先端を走る技を、ギークに学ぶ

掲載日:2014.6.30
このエントリーをはてなブックマークに追加

次々登場する新技術を吸収できる環境を作るには

株式会社ナビタイムジャパン プラットフォーム事業本部 サービス企画開発部 スマホアプリセクション 第二開発グループ 柴田智明 氏、プラットフォーム事業本部 サービス企画開発部 ニコニコ生放送セクション エンジニアグループ 川平航介 氏


ドワンゴのエンジニア文化を語り合う座談会の後編をお送りする。次々に登場する新技術に対して、エンジニアが勉強を続けられる環境とはどのようなものか。毎週「社内LT大会」を開き、チーム内でも勉強会を開催する同社の雰囲気を語ってもらった。

LT大会、勉強会などで新技術を吸収できる環境を作る

──個性が強いエンジニアも多いと思うのですが、エンジニアの環境、風土についてどんな工夫をしていますか?
meso 面白そうな技術があれば、なるべく興味を持ってもらうように盛り上げる、ということはしています。「(軽量アプリコンテナの技術)Dockerは触った方がいいよ」とか、「まだGruntやgulp(JavaScriptのビルドツール)を使ってないチームがあるんですか」とか煽ったり。
──社内でLT(ライトニングトーク)大会を開催しているのですね。
binzume 毎週行ってます。各回5人しか発表枠がないので、自分が発表するのはたまに、ですけれども。
saiten 私もLT大会は毎回参加しています。それと、チーム内勉強会を隔週開いてます。Modern Objective-CやOpenGL ES、(Hadoop向けの処理記述言語の) Pigの勉強会などです。
meso LT大会は、私が入社した2009年頃にはもうやってました。一時期、人が増えて会議室が減ってLT大会がなくなった時期があったのですが。
saiten 僕が入った頃に一回なくなりました(笑)。
meso 今のオフィス(歌舞伎座タワー)に移るとき、どうしてもみんな集まれるイベントをやりたいので、場所を作ってくれと。川上(代表取締役会長 川上量生氏)も、「それは必要だ」と言ってくれました。

業務と関係がない活動にも意味がある

──業務と直接結びつかない勉強会を社内で開くことにこだわっているのは、やはり文化ですか?
meso 業務で手を付けていない技術を勉強して発表できる方が、幅が広がりますから。僕も、業務で使っていたわけではありませんが、Node.jsのユーザーグループの立ち上げに参加しました。
──ひょっとして、Node.js日本ユーザーグループの勉強会の「東京Node学園」という名前は……
meso はい、僕が考えました。
──エンジニアの社外活動は、ドワンゴにとってもメリットがあるという考え方なのですね。
meso それはあります。それと、社外のコミュニティで活動していると社外の目立っている人が目に付きますが、そういう人がドワンゴに応募してくれると「あの人か」といった感じで反応が違います。
binzume 新卒採用のとき、技術アピールという項目があります。ソースコードとかBlogのURLを入れるんですけど。僕の場合は、それで1次面接がスキップになりました。自分のサイトのURLを送ったのですが、思ったよりもちゃんと見てくれていました。
saiten 中途採用の時に送った資料には、学生時代に作ったガラケー向けJavaアプリの「ニコニコ動画」アプリのソースコードを添付したり、その頃自主的に作っていたiPhoneアプリのことを書いたりしました。

え、もうDockerで社内PaaSを?

──先に(軽量コンテナ)Dockerの話題が出ましたけど、もう使っていたりしますか?
meso Dockerをそのまま本番に採用するかどうかは分かりませんが、Immutable Infrastructure(そのつど使い捨てるインフラ)の考え方は重要だし、それをいち早く体験するにはDockerがいいと思います。実はDockerベースで社内PaaS(Platform as a Service)を立ち上げています。binzumeさんが、それを使って、座席表のWeb版を作ってくれました。
binzume 社内のオフィシャルな座席表はExcelで作られているのですが、自分のPCで開くのが面倒で。RubyとSinatraを使って、ExcelシートをインポートしてWebで座席を確認できるアプリケーションを作りました。
meso 各座席にパーマネントURLが付いていて、自分の座席を教えるとき、URLをIRCに貼って伝えられるんです。それにフロアにまたがって座席を検索できるようになりました。
──話を聞いていると、技術の変化が加速しているように感じます。
meso DevOps系の話に限っても、(サーバー構成管理ツールの)Chefが流行って「べき等性」(ある操作を何回行っても結果が同じ)が大事だと言われました。それがDockerみたいにImmutable (不変な、状態を持たない、廃棄可能)でデプロイのたびに環境を作り直すという話になると、もはや「べき等性」はあまり大事ではない。1年で概念が変わってしまいます。
──どんどん登場する新技術はみんなで吸収していこう、という考えでしょうか。
meso そうですね。吸収力がある人しか採用していない、という自負はあります。先日、ドワンゴの新人研修でt-wada(タワーズ・クエスト代表取締役 和田卓人)さんのお話を聞いたのですが、「技術は螺旋を描く」という話をしていました。新しい技術を追いかけていくと、長い年月をかけて一周回って同じような技術が登場する。でも振り子のように同じ場所に留まる訳ではなく、螺旋を描くように少しずつ進んでいく。新しく登場する技術も、誰も見たことがないものはなく、以前誰かが考えた技術が進化したものです。そう考えれば、新技術だからといって誰も知らなくてアップアップしてしまうといったことはないはずです。
──ところで、自主開発ものの「次回作」の構想はありますか?
binzume アイデアは貯めていますが、それではなく、きっとある時に思いついた物を作ることになると思います。
saiten AppleのWWDCで発表された技術にはやはり関心があります。SwiftはObjective-Cで不満だった点を改良されていて、これまでより開発しやすくなりそうです。それと、iOS 8ではCore Location機能に屋内位置測位などが追加されました。ドワンゴは「ニコニコ超会議」や「ニコファーレ」も提供していますので、こういったリアルな空間でこの機能を使って何か面白いことができるのではないかと考えています。
──ありがとうございました。

次々登場する新技術を吸収できる環境を作るには:前のインタビューを読む

「ギークアカデミー」バックナンバーはこちら

ココが今回のギークの学びどころ

  • 自主開発、社外活動は歓迎! 社外のコミュニティで目立つことは、結果的に会社のメリットにつながる。
  • 勉強し続ける環境を作る。直接業務で使わなくても、次々に登場する新技術を積極的に追いかけていく。
  • 面白いと思える技術を追いかける。自主的な工作、社内向けアプリケーションなどで腕を磨く。

ギークたちが活躍するインターネット業界のエンジニア求人一覧は以下よりご確認頂けます。

エンジニア求人を見る

DODAエージェントサービス 専任のキャリアアドバイザーが、キャリアアドバイスから求人紹介、退職フォローまでを一貫してサポートします。ご利用になりたい方は、こちらからご登録をお願いします。はじめて退職する方のために3分でわかるエージェントサービスのメリットを紹介 エージェントサービスに申し込む(無料) 3分でわかるエージェントサービスのメリット

無料エージェントサービスに申し込む

IT業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが、エンジニアの転職活動を無料でバックアップします。

イベント情報

転職のプロに相談できる DODAエンジニア個別相談会

おすすめ診断コンテンツ

ITエンジニア・クリエイター合格診断

あなたの“本当の年収”や今後の“年収推移”も分かる!年収査定サービス[無料]

インタビュー、コラム

アプリケーションエンジニアのための転職力アップ法

アプリケーションエンジニアのための転職力アップ法

エンジニア特有の転職成功ノウハウや市場動向をご紹介

インフラエンジニアのための転職力アップ法

インフラエンジニアのための転職力アップ法

インフラ領域特有の転職成功ノウハウや市場動向をご紹介

業界専任キャリアアドバイザーの連載コラム Webクリエイターのための転職力アップ法

Webクリエイターのための転職力アップ法

クリエイター転職特有のノウハウ・事例などご紹介!

未来を創る 意志あるエンジニアたち

未来を創る 意志あるエンジニアたち

最前線で活躍するエンジニアのこだわりに迫る

GEEK ACADEMY

GEEK ACADEMY

先端を走る技術を、ギークに学ぶ

メールマガジン無料配信

簡単登録で最新の転職情報、
希望の求人が届く